新着記事

IMABARI コットンスヌード|無造作に巻いても形が決まる、暖かなコットン襟巻き

国産タオルの産地として名高い愛媛県今治市。近年はタオル製造で培った織物の技術を活かして、さま…

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

健康や美容のためにも、毎日食べたいサラダ。そんなサラダに欠かせないものといえばドレッシングですが、ス…

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してスマホ)。様々な機能が…

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

『サライ』特製のスケジュール手帳は、その使いやすさで毎年大好評をいただいている、サライ名物の…

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

文/晏生莉衣世界中から多くの人々が訪れるTOKYO2020の開催が近づいてきました。楽しく有意義…

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

お湯で温めたり、電子レンジでチンするだけで、簡単に食べられるレトルト食品。最近は、種類も豊富で、…

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

ビジネスパーソンにとってコミュニケーションは重要な要素であり、時には武器にもなる。だが、中に…

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

文/印南敦史まず、タイトルのセンスが秀逸である。これには、定年を過ぎた人、あるいは定年を間近に迎…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ぬちぐすい紀行

  1.  

    真っ白な泡を飲む!? 沖縄伝統の不思議なお茶「ブクブクー茶」の正体は?【沖縄ぬちぐすい紀行4】

         

    ごはん茶碗よりやや小ぶりな器に、こんもり盛られた白い泡。その上には、砕いた落花生がのっています。まるでソフトクリームのようですが、これが沖縄独特のお茶「ブクブクー茶」です。この「ブクブクー茶」のように、お茶を茶筅(ちゃせん)…

  2.  

    那覇の老舗居酒屋『小桜』で正統の琉球料理と泡盛を満喫【沖縄ぬちぐすい紀行3】

         

    最近の那覇市内は、かつてのにぎわいを取り戻しつつあります。那覇は一時期、街の中心部の空洞化が…

  3.  

    沖縄伝統の「島野菜」を使った手軽な琉球料理レシピ【沖縄ぬちぐすい紀行2】

         

    伝統野菜と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは京都の「京野菜」ではないでしょうか。千枚漬けに使われ…

  4.  

    琉球料理は命の薬(ぬちぐすい)!キャベツを使った「タマナーチャンプルー」の作り方【沖縄ぬちぐすい紀行1】

         

    医療の発達などにより、日本人の平均寿命は年々のびています。世界保健機関が2015年5月に発表…

PAGE TOP