新着記事

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

本格レシピを大公開!沖縄きってのソウルフード「沖縄そば」の実態に迫る【沖縄ぬちぐすい紀行14】

「沖縄そば」の上にのる具は豚三枚肉(バラ肉)の煮付けとかまぼこ、それに青ねぎと紅生姜が基本。三枚肉の代わりに、ソーキ(あばら肉)をのせると「ソーキそば」となる。

「沖縄そば」の上にのる具は豚三枚肉(バラ肉)の煮付けとかまぼこ、それに青ねぎと紅生姜が基本。三枚肉の代わりに、ソーキ(あばら肉)をのせると「ソーキそば」となる。

沖縄に来たら、まず外せない食べ物が「沖縄そば」でしょう。ウチナーンチュ(沖縄の人)のソウルフードでもあり、もはや県民食といっても過言ではありません。

ところが、その実態となると観光客にしっかりとは理解されていないようです。

「そば」と名乗っているものの、蕎麦粉は一切使われていません。中華麺を作るときと同じく、小麦粉にアルカリ性の「かん水」を加えて打ちます。麺の色が黄身がかるのも、「かん水」の作用です。

また、「かん水」の代わりに、ガジュマルなどの木を燃やして水に浸した上澄みの「灰汁」を使うこともあります。

製麺所で作る麺は、かん水を使用しています。一方、手打ちや自家製麺を謳っている店で「灰汁」を使う場合は、「木灰そば」などと名付けているところもあります。

ここまでは、なんとなくわかりますよね。さて、沖縄そばの最大の特徴は、この次の工程にあります。

「かん水」あるいは「灰汁」で打った麺を一度茹でます。そして、茹で上がった麺に、油を回しかけて冷ますのです。つまり、油で麺をコーティングするわけです。

油をかけることで、麺に沖縄そば独特のコシが生まれます。また、南国の高温多湿な気候のなかで、麺が傷まない工夫でもありました。

客の注文が入れば、熱湯にくぐらせて麺表面についた油を落としてから出汁をかけます。

少しややこしいのですが、冷蔵庫が登場すると、あらかじめ麺を茹でて油をまぶして置いておかなくても、生麺の状態で保存できるようになりました。最近では自家製の生麺を出す店も増えて、こうした店では客の注文ごとに生麺を茹でるのです。

油あり、なしでは麺の食感がまったく違ってきます。具体的な話については、次回の記事でお伝えします。

※次のページで、本格「沖縄そば」の作り方をお教えします!

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. タンカン|冬の沖縄を代表するフルーツを楽しむ【沖縄ぬちぐすい紀行…
  2. 滋味深き琉球料理!冬の沖縄で味わいたい旬の味覚案内【冬の沖縄おと…
  3. 菜飯(セーファン)|宮廷料理の流れを組む首里の伝統料理【沖縄ぬち…
  4. 沖縄特産のスーパーフードやフルーツをたっぷり使ったスムージー【沖…
  5. 真夏の島野菜「モーウイ」を使った沖縄伝統のイリチー料理【沖縄ぬち…
PAGE TOP