新着記事

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

料理レシピ

プロ直伝!沖縄伝統の和スイーツ簡単レシピ2種【沖縄ぬちぐすい紀行5】

リサイズ天妃前まんじゅうB

薄皮に包まれた餡が透けて見える「天妃前まんじゅう」。月桃(げっとう/沖縄ではサンニンとも呼ぶ)の葉の上で蒸すので、月桃の葉特有の甘い香りも楽しめます。

中国で航海安全の守護神とされるのが、媽祖(まそ)です。中国の影響を色濃く受けた沖縄にも、かつて、その女神・媽祖を祀る宮がありました。宮の名前は、媽祖が中国の皇帝から賜った称号「天妃(てんぴ)」をとって、「天妃宮(てんひぐう)」と名づけられました。日本でいうと、海上交通の神様を祀る神社として知られる四国・香川県の金比羅宮(ことひらぐう)のようなものでしょうか。

琉球王朝時代、中国皇帝への挨拶文と貢物を乗せた進貢船が中国へ向けて出航する際には、天妃宮で航海の安全を祈願していました。天妃宮があったのは那覇市久米。今はその場所に小学校が立ち、「天妃小学校」という名前を残すのみです。

かつて天妃宮の前で売られていたことにその名の由来をもつ、沖縄ならではの甘味があります。それが今回紹介する「天妃前(ティンピヌメー)まんじゅう」です。どうやら戦前は、天妃宮のちかくで売られていた饅頭を総称して、そう呼んだようです。

■餡の香ばしさと黒砂糖の甘味

天妃前まんじゅうは黒砂糖の甘味と風味がよく、餡を包む薄い皮のむっちりした食感も楽しめる饅頭で、月桃の甘く、さわやかな香りとともに美味しくいただけます。

この天妃前まんじゅうの作り方を沖縄の松本料理学院学院長・松本嘉代子さんに教えていただきました。

「昔と変わらない味の天妃前まんじゅうを売る店は1軒(『ペーチン屋』)だけになりましたが、口伝えでそのレシピは伝わっています。このお饅頭は、餡に大麦を煎ってから粉にした『はったい粉』(麦こがし)を使います。はったい粉は主に西日本での呼び名で、関東方面では『麦こがし』と呼ばれます。
昔は、はったい粉に砂糖と水を入れてよく練ったものだけでも、“おめざ”やおやつになりました。はったい粉の質の良し悪しで、香りと味に大きな違いが出ますので、信頼できる店で購入してください。素朴でやさしい味わいが楽しめます」(松本先生)

はったい粉は、大きなスーパーマーケットやお菓子の材料などを扱う専門店で手に入ります。この饅頭作りで一番のポイントは、餡を薄皮で包むところです。

「皮は、均一に薄く包めなくても大丈夫ですよ。餡が透けて見えるところがあっても、それが薄皮饅頭の特徴ですから気にすることはありません。ただ、蒸すときに底になる面は、皮で餡をしっかり覆うようにしてください。そうしないと、蒸し上がって取り出すときに、餡と皮とが一緒に剥(は)がれてしまいますから」(松本先生)

柔らかい生地を扱うのは難しいですが、松本先生のこの注意点を頭に入れておけば、イメージができて作りやすいでしょう。

<材料/8〜10個分>
■皮の材料
・薄力粉/50g
・強力粉/大さじ1
・水/大さじ4

■餡の材料
・はったい粉(麦こがし)/1カップ
・グラニュー糖/50g
・黒砂糖/30g
・水/1と1/2カップ
・月桃の葉/4枚

<作り方>

リサイズ手順1

手順①  まず皮を作る。ふるった薄力粉と強力粉を混ぜ、水を加えてよくこね、耳たぶよりやや柔らかい生地を作り、8〜10個に分ける。

リサイズ手順2A

手順②  次に餡を作る。鍋に、はったい粉、グラニュー糖、黒砂糖、水を入れてよくかき混ぜる。弱火にかけてかき混ぜ続け、木ベラで生地が切れるぐらいのかたさまで練る。

リサイズ手順2B

手順③  練りあがった餡を8〜10個に分けて手で丸めておく。

リサイズ手順3

手順④  手粉をつけて①の皮を薄く透けるように伸ばし、平たくした③の餡を包む。

リサイズ手順4

手順⑤  蒸し器に月桃の葉を広げ、その上に④を並べていく。月桃の葉が手に入らない場合は、クッキングシートなどを使う。

リサイズ手順5

手順⑥  強火で10〜13分ほど蒸したら完成。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国内旅行ランキング 2019年夏休みの国内旅行予約ランキング|6年連続で沖縄が1位!…
  2. タンカン|冬の沖縄を代表するフルーツを楽しむ【沖縄ぬちぐすい紀行…
  3. 滋味深き琉球料理!冬の沖縄で味わいたい旬の味覚案内【冬の沖縄おと…
  4. 菜飯(セーファン)|宮廷料理の流れを組む首里の伝統料理【沖縄ぬち…
  5. 沖縄特産のスーパーフードやフルーツをたっぷり使ったスムージー【沖…
PAGE TOP