新着記事

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)牡羊座~蟹座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

編集部からのお知らせ

【『サライ』2020年2月号特別付録】堀文子さん画『太神楽』が豆皿になりました

1月9日発売の『サライ』2020年2月号特別付録は、日本画家・堀文子さんの画『太神楽』の絵柄を豆皿にしました。

1月9日発売の『サライ』2月号。

『サライ』では、昨年、100歳で亡くなられた日本画家・堀文子さんの画(え)と言葉を紹介する連載「命といふもの」を昨年2月まで15年にわたり、掲載しました。

神奈川県大磯の自宅の庭に咲く、樹齢100年超の江戸椿『太神楽(だいかぐら)』を堀さんは好んで描きました。

堀さんの名作を愛でながら、『太神楽』の絵柄の『サライ』特製豆皿をお楽しみください。

直径9cmの磁器の豆皿。園芸品種の江戸椿の中でも名品の『太神楽』の絵柄。華麗さの中に堂々たる風格を具そなえている。

直径9cmの磁器の豆皿。園芸品種の江戸椿の中でも名品の『太神楽』の絵柄。華麗さの中に堂々たる風格を具えている。

豆皿は、酒のつまみをのせるのに丁度いいサイズ。酒器として使ったり、おやつをのせたり、小物を置いたりと工夫して活用したい。

豆皿は、酒のつまみをのせるのに丁度いいサイズ。酒器として使ったり、おやつをのせたり、小物を置いたりと工夫して活用したい。

 

江戸椿の中でも名品の太神楽は
気むずかしく孤高の姿勢を崩さない。
花は八重のぼたん咲きの大輪で、紅白の斑(はん)が花ごとに千変万化。
その美しさにあきることはない。

(『堀文子画文集 命といふもの』より)

 

『太神楽』 1980年頃 15.5×11.5cm
《白地に赤、赤地に白。どちらの斑も好きだが、勢いきおいの盛んな時に白地が勝つようだ》(『堀文子画 文集 命といふもの』より)今年の花は、白と赤のどちらの分量が多いか、異常気象のせいか、木の弱りか、と、堀文子さんは毎年、庭の『太神楽』の咲き具合を気にかけていたという。

《白地に赤、赤地に白。どちらの斑も好きだが、勢いの盛んな時に白地が勝つようだ》(『堀文子画文集 命といふもの』より)今年の花は、白と赤のどちらの分量が多いか、異常気象のせいか、木の弱りか、と、堀文子さんは毎年、庭の『太神楽』の咲き具合を気にかけていたという。

堀文子(ほり ふみこ 1918~2019)。「群れない、慣れない、頼らない」を信条に100年の生涯を全うした。画壇から距離をとり、「いのち」を生涯のテーマとし、常に新境地を追い求めた。晩年は自宅の庭で、四季折々の草花や微生物を観察して描き、「花の画家」とも呼ばれた。堀文子(ほり ふみこ 1918~2019)

「群れない、慣れない、頼らない」を信条に100年の生涯を全うした。画壇から距離をとり、「いのち」を生涯のテーマとし、常に新境地を追い求めた。晩年は自宅の庭で、四季折々の草花や微生物を観察して描き、「花の画家」とも呼ばれた。

撮影/植野製作所 スタイリスト/有馬ヨシノ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 代表曲『神田川』を熱唱する南こうせつさん。「僕の音楽を聴いて、ひとりでも元気を出してもらえるなら、喉が続くかぎり歌っていきたい」 【インタビュー】南こうせつ(フォークシンガー・70歳)「誰にもあ…
  2. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  3. 『幻の花 ブルーポピー』2001年 日本画家・堀文子さんの創作の軌跡を辿る|京都と東京で「生誕100…
PAGE TOP