新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』

自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

編集部からのお知らせ

【『サライ』2020年2月号特別付録】堀文子さん画『太神楽』が豆皿になりました

1月9日発売の『サライ』2020年2月号特別付録は、日本画家・堀文子さんの画『太神楽』の絵柄を豆皿にしました。

1月9日発売の『サライ』2月号。

『サライ』では、昨年、100歳で亡くなられた日本画家・堀文子さんの画(え)と言葉を紹介する連載「命といふもの」を昨年2月まで15年にわたり、掲載しました。

神奈川県大磯の自宅の庭に咲く、樹齢100年超の江戸椿『太神楽(だいかぐら)』を堀さんは好んで描きました。

堀さんの名作を愛でながら、『太神楽』の絵柄の『サライ』特製豆皿をお楽しみください。

直径9cmの磁器の豆皿。園芸品種の江戸椿の中でも名品の『太神楽』の絵柄。華麗さの中に堂々たる風格を具そなえている。

直径9cmの磁器の豆皿。園芸品種の江戸椿の中でも名品の『太神楽』の絵柄。華麗さの中に堂々たる風格を具えている。

豆皿は、酒のつまみをのせるのに丁度いいサイズ。酒器として使ったり、おやつをのせたり、小物を置いたりと工夫して活用したい。

豆皿は、酒のつまみをのせるのに丁度いいサイズ。酒器として使ったり、おやつをのせたり、小物を置いたりと工夫して活用したい。

 

江戸椿の中でも名品の太神楽は
気むずかしく孤高の姿勢を崩さない。
花は八重のぼたん咲きの大輪で、紅白の斑(はん)が花ごとに千変万化。
その美しさにあきることはない。

(『堀文子画文集 命といふもの』より)

 

『太神楽』 1980年頃 15.5×11.5cm
《白地に赤、赤地に白。どちらの斑も好きだが、勢いきおいの盛んな時に白地が勝つようだ》(『堀文子画 文集 命といふもの』より)今年の花は、白と赤のどちらの分量が多いか、異常気象のせいか、木の弱りか、と、堀文子さんは毎年、庭の『太神楽』の咲き具合を気にかけていたという。

《白地に赤、赤地に白。どちらの斑も好きだが、勢いの盛んな時に白地が勝つようだ》(『堀文子画文集 命といふもの』より)今年の花は、白と赤のどちらの分量が多いか、異常気象のせいか、木の弱りか、と、堀文子さんは毎年、庭の『太神楽』の咲き具合を気にかけていたという。

堀文子(ほり ふみこ 1918~2019)。「群れない、慣れない、頼らない」を信条に100年の生涯を全うした。画壇から距離をとり、「いのち」を生涯のテーマとし、常に新境地を追い求めた。晩年は自宅の庭で、四季折々の草花や微生物を観察して描き、「花の画家」とも呼ばれた。堀文子(ほり ふみこ 1918~2019)

「群れない、慣れない、頼らない」を信条に100年の生涯を全うした。画壇から距離をとり、「いのち」を生涯のテーマとし、常に新境地を追い求めた。晩年は自宅の庭で、四季折々の草花や微生物を観察して描き、「花の画家」とも呼ばれた。

撮影/植野製作所 スタイリスト/有馬ヨシノ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  2. 『幻の花 ブルーポピー』2001年 日本画家・堀文子さんの創作の軌跡を辿る|京都と東京で「生誕100…
PAGE TOP