新着記事

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

魔の山ブロッケンをのぼる、東ドイツ製の蒸気列車に乗る

文・写真/杉﨑行恭ブロッケンの妖怪という言葉を聞いたことがあるだろうか、ごくまれに霧の中に現…

綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣

綿紬は、緯糸に節糸を使って織ることで、表面に細かなラインが浮き上がり、それが心地よい肌ざわり…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

本誌情報

サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジュール手帳です

文/編集部

サライ』2018年11月号を発売しました。今回の特集は、画家フェルメールの全作品と謎に満ちた生涯を読み解く「フェルメールのすべて」、そして秋の古都散策の手引き「奈良 運慶・快慶に出会う旅」です。別冊付録としてサライが選んだ全国の美味いものカタログ「サライのお取り寄せ」がついています。

さらに特別付録として、ランバン コレクション×サライの2019年版特製スケジュール手帳が、もれなく付いています!

それでは今の読みどころをご紹介いたしましょう。

【大特集】
永久保存版!全37作もれなく掲載
奇跡の光、魅惑の色彩、謎に満ちた生涯
フェルメールのすべて

今、西洋絵画のジャンルにおいて最も人気の高い画家がヨハネス・フェルメールです。17世紀のオランダ黄金時代に活躍し、緊張感を湛えた静謐な空間構成と光の粒子までをも捉えた独特の質感を宿す作品が特徴で、「光の魔術師」とも称される稀代の画家です。

42ページからなる今回の大特集では、そんなフェルメールの全37作品(諸説あり)をもれなく掲載するとともに、フェルメール絵画の特徴とその見方、さらにはフェルメールの人生と作品に秘められた時代性を徹底解説しています。

現在、開催中にして大きな話題を呼んでいる「フェルメール展」(上野の森美術館)をより愉しむためのガイドとしても、是非ご一読いただきたいと思います。

【第2特集】
再建なった興福寺中金堂で、国宝四天王立像公開
2018秋 奈良
運慶・快慶に出会う旅

今回の第2特集では、錦繍の奈良に、運慶と快慶の仏像を訪ねる旅をご提案します。

平安時代末期、東大寺と興福寺は平家の軍勢に焼き払われてしまいますが、運慶と快慶はその復興に抜擢され、後世に残る傑作を次々と造りました。

本特集では、そのすべてが国宝と重要文化財に指定されている運慶と快慶の仏像を東大寺、興福寺、円成寺、安倍文殊院、奈良国立博物館に訪ねます。

また、およそ300年ぶりに再建され、10月20日より一般公開される運慶の四天王立像が安置された興福寺の中金堂も、その内部をひと足早くご紹介。奈良を訪れた際に是非、立ち寄りたい食事処も案内しています。

この秋訪れたい展覧会情報や、散策に役立つ地図も付しました。この秋の古都散策に、お役立て下さい。

 

 

【特別付録】
毎年好評のサライのオリジナル手帳
今回は「ランバン コレクション」とのコラボが実現!

2019年版スケジュール手帳

毎年大好評いただいている「サライの手帳」。2019年版は、フランスで129年の歴史を誇るファッションブランド「ランバン」の遺伝子を受け継ぐ「ランバン コレクション」の協力を得て、フランスの香り漂うブルーの手帳を作製しました。

毎日の予定を書き込める月別カレンダーのほか、何かと便利な方眼メモ欄も19ページ用意。慶弔の心得、手紙文のマナー、俳句の季語など「暮らしのマナー備忘帖」も収録しています。

表紙見返し部分には、フランスの伝統柄をもとにした「ランバン コレクション」オリジナルの絵柄を配しました。

手にしっとり馴染む上質なカバーで、日々のお供として、とても便利にお使いいただける手帳です。

*  *  *

以上、大規模な展覧会で話題の「フェルメール」の大特集に、この秋の古都散策に使える「運慶・快慶に出会う奈良の旅」の旅特集、そして付録には来年用のオリジナル手帳もついた『サライ』11月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※試し読みはこちらから
↓↓↓
https://shogakukan.tameshiyo.me/4910142111082

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】
  2. Image Art Gallery ヨハネス・フェルメール 真珠…
  3. 巨匠フェルメールの全作品を原寸大で見られる画期的な画集が誕生
  4. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
  5. サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」…
PAGE TOP