新着記事

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|『教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」』

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」

睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

本誌情報

サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジュール手帳です

文/編集部

サライ』2018年11月号を発売しました。今回の特集は、画家フェルメールの全作品と謎に満ちた生涯を読み解く「フェルメールのすべて」、そして秋の古都散策の手引き「奈良 運慶・快慶に出会う旅」です。別冊付録としてサライが選んだ全国の美味いものカタログ「サライのお取り寄せ」がついています。

さらに特別付録として、ランバン コレクション×サライの2019年版特製スケジュール手帳が、もれなく付いています!

それでは今の読みどころをご紹介いたしましょう。

【大特集】
永久保存版!全37作もれなく掲載
奇跡の光、魅惑の色彩、謎に満ちた生涯
フェルメールのすべて

今、西洋絵画のジャンルにおいて最も人気の高い画家がヨハネス・フェルメールです。17世紀のオランダ黄金時代に活躍し、緊張感を湛えた静謐な空間構成と光の粒子までをも捉えた独特の質感を宿す作品が特徴で、「光の魔術師」とも称される稀代の画家です。

42ページからなる今回の大特集では、そんなフェルメールの全37作品(諸説あり)をもれなく掲載するとともに、フェルメール絵画の特徴とその見方、さらにはフェルメールの人生と作品に秘められた時代性を徹底解説しています。

現在、開催中にして大きな話題を呼んでいる「フェルメール展」(上野の森美術館)をより愉しむためのガイドとしても、是非ご一読いただきたいと思います。

【第2特集】
再建なった興福寺中金堂で、国宝四天王立像公開
2018秋 奈良
運慶・快慶に出会う旅

今回の第2特集では、錦繍の奈良に、運慶と快慶の仏像を訪ねる旅をご提案します。

平安時代末期、東大寺と興福寺は平家の軍勢に焼き払われてしまいますが、運慶と快慶はその復興に抜擢され、後世に残る傑作を次々と造りました。

本特集では、そのすべてが国宝と重要文化財に指定されている運慶と快慶の仏像を東大寺、興福寺、円成寺、安倍文殊院、奈良国立博物館に訪ねます。

また、およそ300年ぶりに再建され、10月20日より一般公開される運慶の四天王立像が安置された興福寺の中金堂も、その内部をひと足早くご紹介。奈良を訪れた際に是非、立ち寄りたい食事処も案内しています。

この秋訪れたい展覧会情報や、散策に役立つ地図も付しました。この秋の古都散策に、お役立て下さい。

 

 

【特別付録】
毎年好評のサライのオリジナル手帳
今回は「ランバン コレクション」とのコラボが実現!

2019年版スケジュール手帳

毎年大好評いただいている「サライの手帳」。2019年版は、フランスで129年の歴史を誇るファッションブランド「ランバン」の遺伝子を受け継ぐ「ランバン コレクション」の協力を得て、フランスの香り漂うブルーの手帳を作製しました。

毎日の予定を書き込める月別カレンダーのほか、何かと便利な方眼メモ欄も19ページ用意。慶弔の心得、手紙文のマナー、俳句の季語など「暮らしのマナー備忘帖」も収録しています。

表紙見返し部分には、フランスの伝統柄をもとにした「ランバン コレクション」オリジナルの絵柄を配しました。

手にしっとり馴染む上質なカバーで、日々のお供として、とても便利にお使いいただける手帳です。

*  *  *

以上、大規模な展覧会で話題の「フェルメール」の大特集に、この秋の古都散策に使える「運慶・快慶に出会う奈良の旅」の旅特集、そして付録には来年用のオリジナル手帳もついた『サライ』11月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※試し読みはこちらから
↓↓↓
https://shogakukan.tameshiyo.me/4910142111082

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「茶がゆ定食」3200円。左奥から時計回りに赤出汁、小松菜のお浸し、海老サラダ、葛きりなどの箱膳、赤魚の焼き物と袱ふく紗さ 焼き(玉子 焼き)、茶粥、香の物、小芋、ひろうすの煮物、胡麻豆腐、湯葉と餅(生しようが姜風味の餡あん)。提供は7時~9時30分。外来客も注文可(予約不要)。 奈良は「早起き」に限る|朝めし自慢の奈良の宿5軒
  2. サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレ…
  3. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】
  4. Image Art Gallery ヨハネス・フェルメール 真珠…
  5. 巨匠フェルメールの全作品を原寸大で見られる画期的な画集が誕生
PAGE TOP