新着記事

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

住まい

今の家を賢く住み継ぐ強い味方|大和ハウスの相談窓口『リブネス』[PR]

空き家の未来を変える
住み継ぐための賢い選択
――大和ハウスグループの暮らし方提案窓口『リブネス』

定年を迎える、子どもが巣立つ、孫が増えるなど、サライ世代にはさまざまな「暮らし方の変化」が訪れる。そんな変化をきっかけにして、住まいを変えたい、設えを変えたいと考えている人は多いのではないだろうか。

また遠隔地に親や親せきが残した空き家を抱えているというケースも多く、サライ世代を取り巻く住宅問題は実に多様だ。

こうした暮らし方や住宅にまつわるあらゆる“困った”を解決する目的で誕生したのが大和ハウスグループの暮らし方提案窓口『リブネス』である。名前は住む・生きる(リブ)と状態(ネス)を組み合わせた造語で、新たな暮らし方を提案することにより、現在の住まいの状態をさらに良好にすることを目的にしている。

この窓口を利用する利点は「いまの暮らし方をどうにかしたい」というレベルで相談できること。たとえば「売るつもりだったが売るより貸す方がいい」場合もあれば、「買うより借りる」「リノベーションするより売る」など、別の選択が良いことも起こりうる。

家の状態や暮らしの状況は一件ずつまったく違い、最適策はそれらの話を総合的に聞いてみないとわからないもの。お客さまにきちんと寄り添うことで、良質な提案をしようとするのが『リブネス』なのである。

リノベーション前は和室もあった1階の様子。

↓ ↓ ↓

バリアフリーを考慮し、部屋間の段差をなくした仕様に変更。多くの検査を経て、建物保証、設備保証、地盤保証がついた中古物件として販売。

『リブネス』では、売買やリノベーションなど不動産に関する悩みや要望を直接聞き、幅広い情報から、よりよい方法を提案する。※イメージ写真です。

全国の物件に対応

現在、日本の空き家は全住宅戸数の約14パーセント、820万戸にも上る※。そこで大和ハウス工業を含めた大和ハウスグループ8社が連携し、『リブネス』を創設。各社が個別に展開してきた住宅ストック事業の情報やノウハウを集約することにより、『リブネス』には売買のみならず賃貸やリフォーム、物件の検査など、不動産関連の精鋭が揃うのだ。そして、良質な中古物件に付加価値をつけて流通させることで、空き家問題の解決を目指している。

既存住宅を買取・再販する際は専任検査員による「建物診断」を実施(戸建ての場合、13項目)。また物件により地盤や建物構造を精査し、最長10年間の建物・設備・地盤保証を付帯する「リブネス仕様」を設定。

内壁では雨漏りの跡や傾斜の確認等を検査。その他、建物の基礎から屋根、排水管まで、住宅全体を細かくチェックする。

バルコニーは、床の著しいぐらつき、ひび割れ、水切り金物等の不具合がないかを検査。

また『リブネス』の利点として、大和ハウスグループが全国にネットワークを持つことが挙げられる。たとえば遠隔地の実家を売りたいとなれば、現地の不動産業者に行かねばならないうえ、売却するまで何度も足を運ぶ必要も起こりうる。しかし『リブネス』を活用すれば、距離を気にせず売買ができ、多くの場合、現地に足を運ぶ必要もない。また家の状態だけでなく、相場感や街の様子など、最新の情報を幅広く得ることも可能なのだ。

買取や販売、仲介、リノベーション、賃貸住宅の管理・運営など得意分野が異なる大和ハウスグループ8社の連携により『リブネス』が誕生。不動産に関わるあらゆるサービスを網羅し、全国展開できる総合力の高さが魅力だ。

住宅を空き家のままにせず、住み継ぐ資産にするために、賢い選択がしたい。そんなとき『リブネス』が心強い味方になるはずだ。

●問い合わせ先/大和ハウス工業リブネス事業推進部  
電話 0120・413・109(フリーダイヤル) 
https://www.daiwahouse.co.jp/stock/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP