新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ12月号|特集は「ウイスキー」と「水墨画の年賀状」です。

↑↑↑上の写真をクリックすると12月号が試し読みできます。

風土と歳月が醸す命の水「ウイスキー」の大特集に、誰でもカンタンにすぐ描ける「水墨画で寿ぐ年賀状」の特集をあわせてお届けします。

さらに今号の特別付録は、毎年恒例の『サライ』オリジナルカレンダーです。来たる平成30年のカレンダーとして、江戸時代の美人画の名手・鈴木春信の名品を集めた「鈴木春信 風流江戸ごよみ」をご用意しました。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
風土を味わう、歳月を味わう
ウイスキー 基本のき

ウイスキーの復権めざましい今日この頃、『サライ』が久々にウイスキーの特集をお届けします。

世界の5大ウイスキーの解説や、製造工程の紹介など、「基本のき」のおさらいはもちろん、北は北海道厚岸、南は九州鹿児島まで、大手蒸溜所から話題のマイクロ蒸溜所までを訪れる旅企画にもページをたっぷり割きました。

さらに、日本屈指のバーテンダー『スタア・バー銀座』の岸久さんによる「家飲みの極意」伝授も見逃せません。焼酎よろしく「前わり」や、この時期楽しみな「ひれウイスキー」など、眼からウロコの飲み方を満載。

今回の特集を機に、ご自宅でのウイスキーの新しい楽しみ方を「発見」してください。

【第2特集】
誰でも描ける墨と筆の芸術
「水墨画」で寿ぐ年賀状

水墨画って難しいんでしょ? いえいえ、筆と墨と水だけで描く水墨画は、世界で最も簡素な絵画芸術。コツをつかめば、誰でも簡単に描けます。

今号の第2特集「『水墨画』で寿ぐ年賀状」では、まず島尾新・学習院大学教授に「水墨画の見方」を解説いただくとともに、雪舟『破墨山水図』、俵屋宗達『蓮池水禽図』などの国宝作品をはじめ、名画のツボをご案内します。

特集後半では、上海出身の水墨画家・沈和年さんに水墨画の基本「三墨法」と、「竹」「梅」「鳥」「菖蒲」、新年の干支「犬」の描き方を教えていただきます。

仕上げは、篆刻家の河野隆さんがスチレンボードと鉛筆を使って10分で作れる「遊印」の作り方を伝授。

今特集を参考に、みなさんもぜひ今年の年賀状には、はがきに“宇宙”を描いてみてください!

【特別付録】
お待たせしました!毎年恒例のサライ特製カレンダー
平成30年カレンダー
「鈴木春信 風流江戸ごよみ」

12月号には、特別付録として、江戸の絵師・鈴木春信の名品を集めたカレンダーが付いてきます。毎年好評のサライ特製カレンダーの2018年版です。

美人画の名手として名を馳せ、今も高い人気を誇る人気絵師の鈴木春信。今回は名古屋ボストン美術館で開催中の『ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信』展への出品作から、選りすぐりの作品をカレンダーに仕立てました。

小型で見やすく、書き込みもできて使いやすいと好評のサライカレンダー。ぜひお使いください。

*  *  *

知るほどに深く豊かに味わえる「ウイスキー」の大特集と、年賀状制作にも大いに役立つ「水墨画の描き方」の両特集に、美しく使いやすい「鈴木春信カレンダー」の付録をあわせた美酒乾杯特大号の『サライ』12月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※ サライ12月号を試し読み

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
  2. サライ6月号|特集は「離島の休日」と「家カレーを究める」です。
  3. 若き日の運慶の傑作!国宝・円成寺大日如来坐像を新緑の奈良に訪ねる…
  4. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
  5. サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展
PAGE TOP