サライ12月号|特集は「ウイスキー」と「水墨画の年賀状」です。

↑↑↑上の写真をクリックすると12月号が試し読みできます。

風土と歳月が醸す命の水「ウイスキー」の大特集に、誰でもカンタンにすぐ描ける「水墨画で寿ぐ年賀状」の特集をあわせてお届けします。

さらに今号の特別付録は、毎年恒例の『サライ』オリジナルカレンダーです。来たる平成30年のカレンダーとして、江戸時代の美人画の名手・鈴木春信の名品を集めた「鈴木春信 風流江戸ごよみ」をご用意しました。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
風土を味わう、歳月を味わう
ウイスキー 基本のき

ウイスキーの復権めざましい今日この頃、『サライ』が久々にウイスキーの特集をお届けします。

世界の5大ウイスキーの解説や、製造工程の紹介など、「基本のき」のおさらいはもちろん、北は北海道厚岸、南は九州鹿児島まで、大手蒸溜所から話題のマイクロ蒸溜所までを訪れる旅企画にもページをたっぷり割きました。

さらに、日本屈指のバーテンダー『スタア・バー銀座』の岸久さんによる「家飲みの極意」伝授も見逃せません。焼酎よろしく「前わり」や、この時期楽しみな「ひれウイスキー」など、眼からウロコの飲み方を満載。

今回の特集を機に、ご自宅でのウイスキーの新しい楽しみ方を「発見」してください。

【第2特集】
誰でも描ける墨と筆の芸術
「水墨画」で寿ぐ年賀状

水墨画って難しいんでしょ? いえいえ、筆と墨と水だけで描く水墨画は、世界で最も簡素な絵画芸術。コツをつかめば、誰でも簡単に描けます。

今号の第2特集「『水墨画』で寿ぐ年賀状」では、まず島尾新・学習院大学教授に「水墨画の見方」を解説いただくとともに、雪舟『破墨山水図』、俵屋宗達『蓮池水禽図』などの国宝作品をはじめ、名画のツボをご案内します。

特集後半では、上海出身の水墨画家・沈和年さんに水墨画の基本「三墨法」と、「竹」「梅」「鳥」「菖蒲」、新年の干支「犬」の描き方を教えていただきます。

仕上げは、篆刻家の河野隆さんがスチレンボードと鉛筆を使って10分で作れる「遊印」の作り方を伝授。

今特集を参考に、みなさんもぜひ今年の年賀状には、はがきに“宇宙”を描いてみてください!

【特別付録】
お待たせしました!毎年恒例のサライ特製カレンダー
平成30年カレンダー
「鈴木春信 風流江戸ごよみ」

12月号には、特別付録として、江戸の絵師・鈴木春信の名品を集めたカレンダーが付いてきます。毎年好評のサライ特製カレンダーの2018年版です。

美人画の名手として名を馳せ、今も高い人気を誇る人気絵師の鈴木春信。今回は名古屋ボストン美術館で開催中の『ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信』展への出品作から、選りすぐりの作品をカレンダーに仕立てました。

小型で見やすく、書き込みもできて使いやすいと好評のサライカレンダー。ぜひお使いください。

*  *  *

知るほどに深く豊かに味わえる「ウイスキー」の大特集と、年賀状制作にも大いに役立つ「水墨画の描き方」の両特集に、美しく使いやすい「鈴木春信カレンダー」の付録をあわせた美酒乾杯特大号の『サライ』12月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※ サライ12月号を試し読み

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で