新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

本誌情報

サライ12月号|特集は「ウイスキー」と「水墨画の年賀状」です。

↑↑↑上の写真をクリックすると12月号が試し読みできます。

風土と歳月が醸す命の水「ウイスキー」の大特集に、誰でもカンタンにすぐ描ける「水墨画で寿ぐ年賀状」の特集をあわせてお届けします。

さらに今号の特別付録は、毎年恒例の『サライ』オリジナルカレンダーです。来たる平成30年のカレンダーとして、江戸時代の美人画の名手・鈴木春信の名品を集めた「鈴木春信 風流江戸ごよみ」をご用意しました。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
風土を味わう、歳月を味わう
ウイスキー 基本のき

ウイスキーの復権めざましい今日この頃、『サライ』が久々にウイスキーの特集をお届けします。

世界の5大ウイスキーの解説や、製造工程の紹介など、「基本のき」のおさらいはもちろん、北は北海道厚岸、南は九州鹿児島まで、大手蒸溜所から話題のマイクロ蒸溜所までを訪れる旅企画にもページをたっぷり割きました。

さらに、日本屈指のバーテンダー『スタア・バー銀座』の岸久さんによる「家飲みの極意」伝授も見逃せません。焼酎よろしく「前わり」や、この時期楽しみな「ひれウイスキー」など、眼からウロコの飲み方を満載。

今回の特集を機に、ご自宅でのウイスキーの新しい楽しみ方を「発見」してください。

【第2特集】
誰でも描ける墨と筆の芸術
「水墨画」で寿ぐ年賀状

水墨画って難しいんでしょ? いえいえ、筆と墨と水だけで描く水墨画は、世界で最も簡素な絵画芸術。コツをつかめば、誰でも簡単に描けます。

今号の第2特集「『水墨画』で寿ぐ年賀状」では、まず島尾新・学習院大学教授に「水墨画の見方」を解説いただくとともに、雪舟『破墨山水図』、俵屋宗達『蓮池水禽図』などの国宝作品をはじめ、名画のツボをご案内します。

特集後半では、上海出身の水墨画家・沈和年さんに水墨画の基本「三墨法」と、「竹」「梅」「鳥」「菖蒲」、新年の干支「犬」の描き方を教えていただきます。

仕上げは、篆刻家の河野隆さんがスチレンボードと鉛筆を使って10分で作れる「遊印」の作り方を伝授。

今特集を参考に、みなさんもぜひ今年の年賀状には、はがきに“宇宙”を描いてみてください!

【特別付録】
お待たせしました!毎年恒例のサライ特製カレンダー
平成30年カレンダー
「鈴木春信 風流江戸ごよみ」

12月号には、特別付録として、江戸の絵師・鈴木春信の名品を集めたカレンダーが付いてきます。毎年好評のサライ特製カレンダーの2018年版です。

美人画の名手として名を馳せ、今も高い人気を誇る人気絵師の鈴木春信。今回は名古屋ボストン美術館で開催中の『ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信』展への出品作から、選りすぐりの作品をカレンダーに仕立てました。

小型で見やすく、書き込みもできて使いやすいと好評のサライカレンダー。ぜひお使いください。

*  *  *

知るほどに深く豊かに味わえる「ウイスキー」の大特集と、年賀状制作にも大いに役立つ「水墨画の描き方」の両特集に、美しく使いやすい「鈴木春信カレンダー」の付録をあわせた美酒乾杯特大号の『サライ』12月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※ サライ12月号を試し読み

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジ…
  2. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
  3. 歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満…
  4. とっても「いたそう」な絵も。激動の時代を生きた鬼才浮世絵師、芳年…
  5. サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」…
PAGE TOP