新着記事

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ12月号|特集は「ウイスキー」と「水墨画の年賀状」です。

↑↑↑上の写真をクリックすると12月号が試し読みできます。

風土と歳月が醸す命の水「ウイスキー」の大特集に、誰でもカンタンにすぐ描ける「水墨画で寿ぐ年賀状」の特集をあわせてお届けします。

さらに今号の特別付録は、毎年恒例の『サライ』オリジナルカレンダーです。来たる平成30年のカレンダーとして、江戸時代の美人画の名手・鈴木春信の名品を集めた「鈴木春信 風流江戸ごよみ」をご用意しました。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
風土を味わう、歳月を味わう
ウイスキー 基本のき

ウイスキーの復権めざましい今日この頃、『サライ』が久々にウイスキーの特集をお届けします。

世界の5大ウイスキーの解説や、製造工程の紹介など、「基本のき」のおさらいはもちろん、北は北海道厚岸、南は九州鹿児島まで、大手蒸溜所から話題のマイクロ蒸溜所までを訪れる旅企画にもページをたっぷり割きました。

さらに、日本屈指のバーテンダー『スタア・バー銀座』の岸久さんによる「家飲みの極意」伝授も見逃せません。焼酎よろしく「前わり」や、この時期楽しみな「ひれウイスキー」など、眼からウロコの飲み方を満載。

今回の特集を機に、ご自宅でのウイスキーの新しい楽しみ方を「発見」してください。

【第2特集】
誰でも描ける墨と筆の芸術
「水墨画」で寿ぐ年賀状

水墨画って難しいんでしょ? いえいえ、筆と墨と水だけで描く水墨画は、世界で最も簡素な絵画芸術。コツをつかめば、誰でも簡単に描けます。

今号の第2特集「『水墨画』で寿ぐ年賀状」では、まず島尾新・学習院大学教授に「水墨画の見方」を解説いただくとともに、雪舟『破墨山水図』、俵屋宗達『蓮池水禽図』などの国宝作品をはじめ、名画のツボをご案内します。

特集後半では、上海出身の水墨画家・沈和年さんに水墨画の基本「三墨法」と、「竹」「梅」「鳥」「菖蒲」、新年の干支「犬」の描き方を教えていただきます。

仕上げは、篆刻家の河野隆さんがスチレンボードと鉛筆を使って10分で作れる「遊印」の作り方を伝授。

今特集を参考に、みなさんもぜひ今年の年賀状には、はがきに“宇宙”を描いてみてください!

【特別付録】
お待たせしました!毎年恒例のサライ特製カレンダー
平成30年カレンダー
「鈴木春信 風流江戸ごよみ」

12月号には、特別付録として、江戸の絵師・鈴木春信の名品を集めたカレンダーが付いてきます。毎年好評のサライ特製カレンダーの2018年版です。

美人画の名手として名を馳せ、今も高い人気を誇る人気絵師の鈴木春信。今回は名古屋ボストン美術館で開催中の『ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信』展への出品作から、選りすぐりの作品をカレンダーに仕立てました。

小型で見やすく、書き込みもできて使いやすいと好評のサライカレンダー。ぜひお使いください。

*  *  *

知るほどに深く豊かに味わえる「ウイスキー」の大特集と、年賀状制作にも大いに役立つ「水墨画の描き方」の両特集に、美しく使いやすい「鈴木春信カレンダー」の付録をあわせた美酒乾杯特大号の『サライ』12月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※ サライ12月号を試し読み

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 若き日の運慶の傑作!国宝・円成寺大日如来坐像を新緑の奈良に訪ねる…
  2. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
  3. サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展
  4. サライ3月号|特集は「地元前の鮨」と「神保町」です
  5. ちばてつや氏の名作漫画「のたり松太郎」ラベルの特別なウイスキー
PAGE TOP