新着記事

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ11月号の特集は「秋の奈良」と「もり蕎麦」です

『サライ』2016年11月号(特別価格850円)。アクアスキュータム×サライ特製「2017年 スケジュール手帳」付きです。

『サライ』2016年11月号(特別価格850円)。アクアスキュータム×サライ特製「2017年 スケジュール手帳」付きです。

『サライ』11月号を発売しました。今号は本誌恒例の「秋の奈良」の大特集に「もり蕎麦」の特集を加えて、深まりゆく秋を楽しむ一冊となっております。(※上の表紙画像をクリックすると11月号が試し読みできます)

さらに特別付録としてアクアスキュータム×サライの特製「2017年版 スケジュール手帳」がもれなくついた特大号です。

それでは今号の読みどころをご案内いたします。

【第1特集】2016年秋、古社寺巡りの決定保存版!
神々と神秘の奈良へ

ファイル 2016-10-07 17 36 35

日本で最初の都が築かれた奈良には、古代国家の原風景がそこかしこに残っています。永遠の泰平を願って自然や神仏を敬い、信仰心を育んだ大和の人々。そんな彼らの暮らしや文化を肌で感じるべく、今年は市内から山辺の道、さらには吉野へと、古社寺や遺跡を巡る旅に出てみませんか?

今特集では「神々と神秘の奈良へ」と題し、サライ流の奈良の楽しみ方を紹介します。

第1部のテーマは「春日大社」です。奈良の都で1300年の歴史をもつ護国鎮護の御社、春日大社は今年、20年に一度の修築大事業「第60次 式年造替」を迎えています。そこで特集第1部は「春日大社“式年造替”を歩く」と題して、朱の塗り替えと屋根の葺き替えによって麗しさが蘇った社殿の中でも、通常は立ち入ることの許されない「本殿」の美と謎に迫ります。

さらに、春日大社に守り伝わるご神宝から、国宝に指定されている太刀や箏(こと)など貴重な文化財も紹介。それらに施された螺鈿(らでん)や蒔絵(まきえ)による圧巻の装飾を、美しい写真とともにご鑑賞ください。

ファイル 2016-10-07 17 36 57

第2部は「募秋の大和路散歩 とっておきの4コース」と題して、奈良の秋を堪能しながら散歩する4つのコースを紹介します。

ファイル 2016-10-07 17 37 44

まずは「佐保路・佐紀路」コース。平城京・一条大路の名残を、そして古刹などを巡ります。続いて「山辺の道・古墳群を巡る」コース。卑弥呼に思いを馳せながら“日本最古の道“を歩くと、その歴史の奥深さを感じられるでしょう。

ファイル 2016-10-07 17 38 33

3コース目は吉野を歩くコースです。金峯山寺を皮切りに、山岳修行の景観を追体験。特別開帳される秘仏にも手を合わせます。さらに最後は、”南朝の本拠地“五條を歩くコースを新たに紹介しています。

ファイル 2016-10-07 17 38 12

このほか、最近オープンした“町屋”風情を味わえる宿も紹介。新たな奈良の魅力を発見できる、保存版の「奈良旅の手引き」です。

【第2特集】素材、香り、舌触り、歯ごたえ、喉越し……職人の技がこの一枚に凝縮
蕎麦は「もり」に窮まる

ファイル 2016-10-07 17 39 21

辛めのつゆで蕎麦を手繰る「もり蕎麦」は、蕎麦店でお馴染みの品書きですが、じつは蕎麦職人の腕が試される難しいひと品です。蕎麦の実の選び方から製粉や打ち方、茹で方、盛り付けに至るひとつひとつの仕事がおろそかになれば、旨い「もり蕎麦」にはなりません。

今回の特集では、自前の畑で蕎麦を育て、石臼で香り高い蕎麦粉に挽き、舌触りや歯ごたえ、喉越しのよい蕎麦を打つために日々、努力を重ねる職人や店を各地に訪ね、旨さを創り出す技と工夫を紹介します。

ファイル 2016-10-07 17 39 55

あわせて「もり蕎麦」に合ったつゆの作り方や薬味の食し方も解説。本誌を読んで「もり蕎麦」を食せば、蕎麦の本当の旨さがわかるでしょう。

【特別付録】創刊27周年特別付録
アクアスキュータム×サライ「2017年版スケジュール手帳」

ファイル 2016-10-07 17 40 47

おかげさまでサライも創刊27周年!その記念の特別付録として、英国の老舗服飾ブランド「アクアスキュータム」監修のオリジナル年間スケジュール手帳を作りました。

ファイル 2016-10-07 17 41 20

予定が書き込める別カレンダーや方眼の便利なメモ欄に加え、身だしなみのマナーや慶弔の心得を記した「紳士の備忘帖」も収録。毎日持ち歩きたい、便利な一冊です。

ファイル 2016-10-07 17 41 43

ファイル 2016-10-07 17 43 11

ファイル 2016-10-07 17 42 11

手触りのよいカバーを備え、上質な装いにもなじむように仕上げました。ぜひ実物をご覧ください!

いかがでしょうか?「この秋の奈良大和路」の魅力に迫る大特集に、究極の蕎麦「もり蕎麦」の特集を加え、特製オリジナル手帳ももれなく付いた、盛りだくさんの『サライ11。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※ クリックすると11月号が試し読みできます

電子書籍版はこちらへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
  2. サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展
  3. サライ3月号|特集は「地元前の鮨」と「神保町」です
  4. サライ2月号|特集は「西郷隆盛」と「町中華」です
  5. サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年…
PAGE TOP