新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ6月号|特集は「離島の休日」と「家カレーを究める」です。

↑上の表紙画像をクリックすると試し読みできます!

『サライ』6月号は、にっぽんのふるさとに出会う「離島の休日」の旅特集に、あの名店の味を家庭で再現する「家カレーを究める」の特集をあわせてお届けします。

さらに、48年ぶりの公開が話題となっている岡本太郎作「太陽の塔」の別冊完全ガイドと、編集部注目の逸品を取りそろえた通販別冊「大人の逸品」カタログが付いています。

それでは今の読みどころをご紹介いたしましょう。

【大特集】
にっぽんのふるさとに出会う

離島の休日

大小7,000近い島々からなる日本列島。はるかな昔から、大陸や都の文化は島から島へと伝播し、それぞれの風土と混じり合って、島ならではの多様な暮らしや風習が育まれてきました。

『サライ』6月号の大特集は「にっぽんのふるさとに出会う~離島の休日」と題し、豊かな自然や独特の文化に出会える日本各地の島々の魅力を案内しています。

「神宿る祈りの島を歩く」と題した第1部では、世界遺産登録が待ち遠しい長崎県五島列島の野崎島を訪ね、潜伏キリシタンの受難の歴史を辿りながら、彼らの篤い信仰心を今に伝える美しい旧野首教会などを案内しています。

第2部は郷土芸能に焦点を当て、幽玄なる薪能、500年以上続く人形浄瑠璃、演者と観客が一体となる農村歌舞伎を楽しみながら、佐渡島、淡路島、小豆島の美味や伝統工芸なども紹介します。

第3部は、映画『男はつらいよ』の中から島を舞台にした作品を取り上げ、旅暮らしを続ける“フーテンの寅さん”の島旅の極意を伝授します。

島では時間がゆったり流れています。便利さと引き替えに失われつつある“本当の豊かさ”を探しに、島を訪ねてみてはいかがでしょうか。

【第2特集】
老舗・名店・自衛隊の秘伝公開
「家カレー」を究める

日本を代表する家庭料理であるカレーは、どこから来たのか? 今特集では、まずは「日本のカレーの起源」を、カレー研究家の水野仁輔さんが解説。福沢諭吉からボンカレーまで、カレーの近代史を繙くと、日本のカレーは、インドともイギリスとも違う独自進化の産物だということがわかります。

続く実践編では、昭和2年に純印度式カリーを発売した「新宿中村屋」、明治37年にカレー南蛮を生み出した蕎麦屋「三朝庵」、日本初のインド料理店・銀座「ナイルレストラン」、フランス料理店「ブラッスリー・ギョラン」、そして「海上自衛隊」の達人が作り方を徹底解説します。

手間と時間をかけて自分で作ると、おいしさも格別です。ぜひ、ご家庭でカレー作りを楽しんでください!

【別冊付録】
48年ぶりに蘇った岡本太郎のメッセージ
「太陽の塔」完全ガイド

1970年、アジアでは初となる万国博覧会が大阪・千里丘陵を舞台に開催されました。そのメインパビリオンであるテーマ館の一施設として制作されたのが「太陽の塔」です。

テーマ館のプロデューサーに就任していた芸術家・岡本太郎は、「人類の進歩と調和」という万博のテーマを逆手に取るかのように、自らが「美の根源」と見据えていた縄文土器のような神像を打ち立てました。それが則ち「太陽の塔」でした。


の別冊付録は、万博当時の熱狂の模様とともにその存在意義を振り返る「完全ガイド」です。

*  *  *

旅情をくすぐる「離島への旅」の大特集に、旨いカレーが自宅でつくれる「家カレー」の特集をあわせ、「太陽の塔」の別冊ガイドブックが付いた『サライ』6ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

試し読みはここをクリック!

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
  2. サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」…
  3. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
  4. カレー好きが仰天する奇想天外な「カレーの使い途」10コ【イシグロ…
  5. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
PAGE TOP