新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ2016年9月号|特集は「メイド・イン・ニッポン」と「花森安治」です

ファイル 2016-08-08 18 17 42

『サライ』2016年9月号(特別価格750円)。『旅サライ』と『買えるメイド・イン・ニッポン』の2大別冊つきです。

『サライ』9月号を発売しました。今号は、世界にかがやく「メイド・イン・ニッポン」の大特集と、朝ドラ『とと姉ちゃん』で一躍知られるところとなった『暮しの手帖』編集長「花森安治」の特集です。(※上の表紙画像をクリックすると試し読みできます)

さらに旅の手引として好評の『旅サライ』と、通販企画「大人の逸品」特別版『買えるメイド・イン・ニッポン』の2大別冊も付いています。

それでは今号の読みどころをご案内いたします。

【第1特集】外国人に自慢したい、日本の美意識の結晶
世界にかがやくメイド・イン・ニッポン

ファイル 2016-08-08 18 18 30

素材を見極め、0.1ミリ以下の単位で削って部品に加工し組み立てる。磨き抜かれた職人技と志が宿る「日本製」には、性能の高さと美しさが同居し、使う人の暮らしを豊かに彩ってくれます。

今特集では世界に誇る日本の「モノづくり」の現場を全国に訪ね、「良質の世界水準」を底上げしてきたニッポンの技術力と探究心の粋を探ります。

冒頭のキーノートインタビューは、ベストセラー『国家の品格』をはじめ数多くの著作をとおして日本という国の底力を語ってきた数学者の藤原正彦さん。日本の高品質なモノづくりは、日本人の異常とも言える「ある特性」に裏付けられたものであると語ります。

ファイル 2016-08-08 18 19 13

つづく第1部は「『純国産』の製造現場を訪ねる」と題して、腕時計(グランドセイコー)、ウイスキー(山崎)、グランドピアノ(ヤマハ)という3つの工場見学を誌上体験できます。世界に名だたる名品のふるさとを訪ねる旅に出かけましょう。

ファイル 2016-08-08 18 19 47

ファイル 2016-08-08 18 20 14

第2部は「世界がうらやむ『ニッポンの銘品』11』と題して、自動車、レコードプレーヤー、家具、ジーンズ、万年筆、眼鏡……といったメイド・イン・ニッポンの銘品がずらりと登場します。いずれも世界から注目される逸品たち。知られざるブランドストーリーとともにご紹介します。

ファイル 2016-08-08 18 20 42

ファイル 2016-08-08 18 21 07

ファイル 2016-08-08 18 21 33

第3部は「私だけの『ニッポン』モノ語り」と題して、日本について一家言ある在日外国人の方々に、日本に来て、見て、惚れ込んだモノについて語っていただきました。日本人が当然と思っているものも、外から見ると意外な魅力を放つもの。日本人にとって新鮮な気づきを与えてくれるインタビュー集です。

ファイル 2016-08-08 18 22 22

さらに別冊付録として「大人の逸品」の特別版『買えるメイド・イン・ニッポン』も付いており、合わせて日本製品の魅力に存分にふれていただける特集となっております。ぜひご一読ください。

ファイル 2016-08-08 18 25 08

ファイル 2016-08-08 18 25 59

【第2特集】『暮しの手帖』初代編集長
花森安治の「覚悟」に学ぶ

ファイル 2016-08-08 18 22 44

放送中のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』は、雑誌『暮しの手帖』を創刊した大橋鎭子(1920~2013)の生涯をモデルに描かれていますが、創刊号(昭和23年)から亡くなるまで編集長を務めたのが、花森安治(1911~1978)でした。

花森は暮らしを何よりも第一に考え、暮らしを脅かし、暮らしを壊すものと徹底的に闘いました。企業によい商品を作ってもらうため、ベビーカーや石油ストーブ、洗濯機といった日用品や家電製品の使い勝手をテストすると、結果を『暮しの手帖』にはっきりと書きました。

戦時中は大政翼賛会で戦意高揚を担う仕事に就き、自身も満州(現・中国東北部)へ招集された花森は、二度と戦争に加担しない、庶民の暮らしを守る決意を発言し続けました。

そんな花森が『暮しの手帖』に込めた想いを、関係者のインタビューを通して紐といてゆきます。

s_『美しい暮しの手帖』第一号表紙

『美しい暮しの手帖』(のちの『暮しの手帖』)創刊号(昭和23年)

「メイド・イン・ニッポン」と「花森安治」の2大特集に加えて、『旅サライ』と『買えるメイド・イン・ニッポン』の2大別冊が付き、さらに好評連載も盛りだくさんの『サライ』9月号、ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

クリックすると『サライ』9月号が試し読みができます。

電子書籍版はこちらへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
  2. サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展
  3. サライ3月号|特集は「地元前の鮨」と「神保町」です
  4. サライ2月号|特集は「西郷隆盛」と「町中華」です
  5. サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年…
PAGE TOP