新着記事

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

母親を一人にしてはいけない。母親のことを一番に考えるように

祖父母は外出することが多かったものの、母親はずっと家で過ごすことがほとんど。そんな姿を見て、いつからか母親を一人ぼっちにすることに罪悪感を覚えていったそう。

「祖父母も私の記憶ではすでに働いていなかったんですが、祖父は近所のおじさんたちと毎日囲碁をやりに出かけていて、祖母も児童施設などにボランティアによく出かけていました。だけど母親だけはどこかに一人で出かけることはほぼなく、学校から帰ったらいつも家にいた印象です。

学校から帰った後は、母が用意してくれたお菓子を食べながら、その日の学校の話をする。姉や妹はお菓子を食べ終わったらすぐに友達と遊びに出かけることが多かったんですが、私は母親が一人ぼっちになってしまうのがなぜか申し訳なくて。あまり遊びにも行かずにずっと母親と一緒に過ごしていましたね」

躾に関して厳しさは皆無。母親はとにかく心配性で常に距離が近かったと言います。

「姉妹の中で私が一番心配されていましたね。私は昔から注意力が散漫というか、よく忘れ物や失くし物をして、学校まで届けてもらうこともしばしば。それに時間管理も苦手で……。母親の手助けがなかったら学校へ時間通りにちゃんと行くこともできなかった気がします(苦笑)。

いつからそうなっていたのかは覚えていないんですが、晩御飯の準備をいつも手伝うようになっていて、それは材料の買い物から始まるんです。最初は姉妹全員の4人で買い物に出かけていたのに、姉が抜け、妹が抜け、気づいたら母親と2人でしたね。でも、小学生の頃から手伝っていたのに、刃物を持ったり、揚げ物の許可がでたのは中学生になってから。小さい頃は皮むき器を駆使して必死に料理を手伝っていましたね」

姉が反抗期を迎えても、妹が家よりも友人を優先するようになっていった時も、美穂さんは母親と常に一緒。その頃から母親はあることを口癖のように言うようになっていったとか。

「『美穂ちゃんには幸せな結婚をしてほしい』と言うようになっていました。高校生の時からは晩御飯は料理教室のように、一緒に作るというより指導されているようになり、まるで花嫁修業のように家事をするようになっていきましたね。でもそれは普通のことで、特に違和感はありませんでした。それよりも、”結婚”というフレーズを聞くたびに、平気なフリをしているけど、母親は離婚の傷がまだまだ癒えていないように思えて。それほどに辛い行為だったら、離婚は絶対にしてはいけないことなんだと思うようになっていきました」

母親が喜ぶような、幸せな結婚をする。その夢へ真っすぐに突き進んでいた美穂さんでしたが、結婚後に夫はモラハラ男の本性を現し始め……。~その2~に続きます。】

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その2~

  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その1~

  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その2~

  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その1~

  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの。それは親ではなく我が子だった~その2~

  6. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの。それは親ではなく我が子だった~その1~

  7. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その2~

  8. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その1~

  9. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

  10. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

  11. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その2~

  12. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その1~

  13. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その2~

  14. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その1~

  15. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

  16. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP