新着記事

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

彩り野菜のホットサラダ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚、さつまいもを使ったレシピ 「さつまいものごまチーズ焼き」「彩り野菜のホットサラダ」

憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

父親の再発が発覚後、1年も経たずに帰らぬ人に。母親を元気にしたい、その思いですぐに家を引き払った

父親が戻ってきてからも実家で生活をしていた真世さんですが、妹も大学で実家を離れていたこともあり、父親から一人暮らしを提案されます。

「『一人暮らしを経験したほうがいい』と言われましたね。私も絶対に実家に居たいと思っていたわけではなく、出るタイミングを見失っていたから、ちょうどいいかなって。すぐに実家から3駅ほど離れた場所で一人暮らしを始めました。でも、犬に会いたくて、月に2度くらいは週末に帰っていましたけどね(苦笑)。その時には今まではそんなに話さなかった父親とも話すようになり、3人で会話のある食卓を小さい頃から初めて囲んでいた気がします」

そんな中、父親のガンの再発、転移が見つかり、手術できない段階だということがわかったそう。そして、そこから1年も経たずに父親は帰らぬ人となってしまいます。

「本当にあっという間でした。腹膜播種といった状態になり、最後にはQOL(生活の質)を維持するような延命処置をしていました。余命も知らされていましたし、覚悟もしていました。でも、実際に亡くなってしまうと……。母親の気落ちもとても心配でした。お葬式で親戚の人が噂話みたいな感じで、『あの落ち込みようじゃあ奧さんも長くないかも』みたいなことが耳に入って。絶対にそんなことはさせないと思いました」

真世さんはその後すぐに一人暮らしの家を引き払い、実家に戻ります。母親は最初の頃は落ち込みがひどかったそうですが、徐々に元気を取り戻していったと言います。「父親が亡くなってから今年で7年。今でも母親は元気にやっています。一度叔母から『家に戻ってきてくれたことが本当に嬉しかったよう。亡くなって少ししてからも寂しく思わない自分を不思議がっていた』と聞かされました。父親には申し訳ないけど、父親がいなくても平気なくらい元気になってほしかったから良かったです。やっと家族の役に立った気がしています」と真世さんは笑顔で語ります。

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

  1. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの。それは親ではなく我が子だった~その2~

  2. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの。それは親ではなく我が子だった~その1~

  3. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その2~

  4. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その1~

  5. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

  6. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

  7. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その2~

  8. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その1~

  9. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その2~

  10. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その1~

  11. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

  12. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

  13. 【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年必要だった原因とは~その2~

  14. 【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年必要だった原因とは~その1~

  15. 【娘のきもち】甘え下手な姉と両親の間にできた長年の確執。和解のきっかけは私への嫉妬だった~その2~

  16. 【娘のきもち】甘え下手な姉と両親の間にできた長年の確執。和解のきっかけは私への嫉妬だった~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
  2. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
  3. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親…
  4. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親…
  5. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解…
PAGE TOP