新着記事

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』

自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

第1位の『優鶴』の宣伝部長を務める看板犬「リンク」

「ペットと泊まれる宿」人気ランキングTOP5

酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った、使い勝手のいいバッグ

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「父の代わりが完全にできるとは思っていません。ただ私が母親の側にいたかったから」と語るのは、真世さん(仮名・37歳)。彼女は現在、大阪市外の企業で働いています。お話をしている間ずっと笑顔を絶やさず、大きな声で笑う姿や少し早口なところから、明るく元気な女性といった印象を受けます。

母親はずっと父親に敬語。覚えているのはウイスキーを飲む父の姿と、一緒に散歩に行った笑顔の母親

真世さんは大阪府出身で、両親と5歳下に妹のいる4人家族。両親がケンカするところは見たことがなく、さらには対等に話している姿も記憶にないと言います。

「両親は同い年なんですが、父親が典型的な亭主関白の家で、母親はずっと父親には敬語で話していました。父は家ではそこまで話すタイプではなく、怒ることもまったくなかったので、そこまで怖かった印象は残っていません。覚えている父親の姿は、キッチンにあるテーブルでの晩御飯が終わると居間に移動して、棚に飾っているお気に入りのウイスキーから水割りを自分で作って、テレビを見ながらゆっくりと飲んでいるところです。その間一切言葉を口にすることもなかったし、酔っぱらって絡んでくるなんてこともありませんでした。ただただ静かにお酒を飲んでいる感じでしたね」

母親は結婚してからずっと専業主婦。自宅には雑種の犬がいて、小さい頃は母親と犬の散歩に行くことが日課だったそうです。

「犬は知り合いから譲ってもらった子で、私と妹が必死でお願いして飼ってもらいました。犬は賢いからうちの家で一番偉いのは父親だとわかっていたみたいで、父親の前ではおとなしいのに、母親や私たちの前ではすごくはしゃいで、その子は私が学生の頃に亡くなったんですが、ずっとお世話のかかるやんちゃな子でした。混血で紀州犬の血が入っていたので大きくて、小さい頃はリードを引っ張られる力に勝てなくて、母親と一緒にリードを持っていましたね。母親も父の前ではしおらしいタイプだったんですが、私たちの前ではいつも笑顔で明るい人で、犬のことをとても可愛がっていました。父の前で猫を被っていたところはそっくりだったから、1人と1匹は気が合っていたのかもしれません(笑)。その子も母親に一番懐いていましたから」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP