新着記事

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「父の代わりが完全にできるとは思っていません。ただ私が母親の側にいたかったから」と語るのは、真世さん(仮名・37歳)。彼女は現在、大阪市外の企業で働いています。お話をしている間ずっと笑顔を絶やさず、大きな声で笑う姿や少し早口なところから、明るく元気な女性といった印象を受けます。

母親はずっと父親に敬語。覚えているのはウイスキーを飲む父の姿と、一緒に散歩に行った笑顔の母親

真世さんは大阪府出身で、両親と5歳下に妹のいる4人家族。両親がケンカするところは見たことがなく、さらには対等に話している姿も記憶にないと言います。

「両親は同い年なんですが、父親が典型的な亭主関白の家で、母親はずっと父親には敬語で話していました。父は家ではそこまで話すタイプではなく、怒ることもまったくなかったので、そこまで怖かった印象は残っていません。覚えている父親の姿は、キッチンにあるテーブルでの晩御飯が終わると居間に移動して、棚に飾っているお気に入りのウイスキーから水割りを自分で作って、テレビを見ながらゆっくりと飲んでいるところです。その間一切言葉を口にすることもなかったし、酔っぱらって絡んでくるなんてこともありませんでした。ただただ静かにお酒を飲んでいる感じでしたね」

母親は結婚してからずっと専業主婦。自宅には雑種の犬がいて、小さい頃は母親と犬の散歩に行くことが日課だったそうです。

「犬は知り合いから譲ってもらった子で、私と妹が必死でお願いして飼ってもらいました。犬は賢いからうちの家で一番偉いのは父親だとわかっていたみたいで、父親の前ではおとなしいのに、母親や私たちの前ではすごくはしゃいで、その子は私が学生の頃に亡くなったんですが、ずっとお世話のかかるやんちゃな子でした。混血で紀州犬の血が入っていたので大きくて、小さい頃はリードを引っ張られる力に勝てなくて、母親と一緒にリードを持っていましたね。母親も父の前ではしおらしいタイプだったんですが、私たちの前ではいつも笑顔で明るい人で、犬のことをとても可愛がっていました。父の前で猫を被っていたところはそっくりだったから、1人と1匹は気が合っていたのかもしれません(笑)。その子も母親に一番懐いていましたから」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~ 【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった…
  2. 【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~ 【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限…
  3. 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バラバラで生活する距離感が私たち家族には合っていた~その2~ 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バ…
  4. 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早めに帰宅するようになった時、接し方がわからなくなっていた~その1~ 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早め…
  5. 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~ 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親…
PAGE TOP