新着記事

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、大阪市外の企業で働いている真世さん(仮名・37歳)。大阪府出身で、両親と5歳下に妹のいる4人家族。高校生の時に父親は単身赴任で九州に行ってしまいます。3人で暮らす中で長女としてしっかりしなくてはという自覚が芽生え、就職後も実家での生活を続けます。

「母親は明るい人で、家事などもできたんですが、どこか頼りない、一人にしておけるタイプじゃないというか。母親は父親に対してずっと敬語だったのでどこかよそよそしい感じはあったんですが、それでも母親は父親のことが大好きなんだろうなって感じることはたくさんありました。九州から帰って来た父親の世話をする母親はどこか嬉しそうだったし、父親が帰って来る時は家なのに少し身なりがキチンとしていましたから」

父の病気が発覚して、その数か月後に自宅に戻ってくることに。今までとは違う父親の姿が少しショックだった

真世さんが就職して4年目に父親の病気が発覚。初期の胃ガンですぐに手術が行われたと言います。

「会社の健康診断で発覚したみたいで、最初は私たちには内緒にされていました。父がそうしろって言ったみたいなんですが、母親はすぐに話してきましたね。きっと自分だけで処理できなかったんでしょう。手術の時には母親はしばらく九州に行き、家は私と妹だけになりました。大事にしたくないからと家に残るように言われたんです。その時に母親は近所に住む自分の妹、私の叔母に私たちの面倒を頼んだみたいで、よく叔母が来てくれていました。当時私は22歳。まだまだしっかりしていない子供だと思われているんだなって少しショックだった記憶が残っています」

父親の手術は無事成功するも、母親は1か月以上九州で過ごしていたそう。そして母親が戻ってきてから数か月経った後、父親が大阪勤務に戻り、再び4人での生活が始まります。

「父の勤める会社の人の配慮で、また4人で暮らせることになったんです。父親は胃の3分の2ほどを切除していて、やっぱり痩せてきていたんですよね。

戻ってきてからの父親は大好きだったウイスキーの時間もなくなっていて、居間でボーっとする時間が増えていた気がします。先代の犬は私が高校生の時に亡くなっていたんですが、再度犬を飼い始めたのはちょうどその頃でした。今回は母親の希望で犬を飼うことになったんですが、単身赴任に行く前は考えられなった犬の散歩にも父親は率先して行くようになりました。今までとは違い、仕事から帰って来る時間も早くなっていたんですよ。今思うと、ずっと仕事人間だった父からすると少し辛い時期だったのかもしれません。時間を持て余していた感じがしていました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  2. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  3. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
  4. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
  5. 【娘のきもち】母親は結婚せずに私を生んだ。亡くなってからやっと母…
PAGE TOP