新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】病気の母親は娘の帰郷を喜んではくれなかった。大学中退後、久々に会話をした親娘は……~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、広島県にある企業で事務の仕事をしている誠子さん(仮名・35歳)。広島県の出身で、両親と5歳下の妹がいる4人家族。演劇の道に進むため、大学を2年生の時に退学しました。紹介してもらい入った劇団では最初は裏方などの仕事がほとんどだったと言います。

「最初は劇団を見に行った時にフライヤーを大量に持って帰って、劇団を調べたりしていましたね。入ったところは知人の劇団を紹介してもらったところでした。面接と歌の個人オーディションを経て、入団することができました。

そこはマンションの一室みたいなところに事務所があって、人数は10人前後。最初は研究生みたいなポジションだったので、裏方として舞台衣装を古着屋さんで探したり、チケットのもぎりやフライヤー作りを手伝ったりしていました。練習は週に1~2度なんですが、裏方の仕事などで週4以上は通っていましたね」

反対されないものの、認めてくれていない両親。自分の顔が載ったフライヤーも喜んではくれなかった

演劇の仕事がない時の時間はすべてアルバイトをしていて、大学在学中と同じように実家に帰省することはなかったそう。両親は学校を退学したことを認めてはくれたものの、大学在学中よりも連絡は減っていたと誠子さんは語ります。

「在学中もたまに母親からメールはあったんです。『ちゃんとご飯を食べていますか?』みたいな簡単なものでしたけど。でも、退学してからはほとんどなくなりましたね。父親や妹とは元々連絡を取っていなかったので、母親からの連絡がほとんど来なくなったことで家族のことを思い出すこともなくなっていきました。毎日アルバイトとレッスンをこなすだけで精一杯でしたから」

1年後には研究生から役者に昇格。さらに1年後にはある程度のセリフがある役を任されるようになります。フライヤーに自分の顔写真が載った時はすごく嬉しかったそうです。

「フライヤーに名前は掲載されますが、顔写真はスペースの問題もあり、主役の人とその脇を固める主要の人たちしか載りません。小さくだけど、自分の写真を見た時、やっと形を残せたなって思いました。

同じ時期に住んでいたマンションが壊されることになり、引っ越したんです。保証人のところに親の直筆が必要だったので、書類を送るついでにそのフライヤーも入れてみました。結果は何の反応もなく、記載済みの書類だけ返ってきただけでしたね」

母親のガンが発覚。実家に戻った私を母親は責めてきた。その気持ちを救ってくれたのは父親の言葉だった

演劇を始めて8年が過ぎ、その間で帰省したのはわずかに数回。それは大型連休ではなく、親族の葬儀などでした。そんな時に、妹から電話がかかってきたそう。数年ぶりに聞く妹の声は震えていたと言います。

「母親にガンが見つかり、手術するというものでした。母親は自宅で仕事をしていたので、健康診断をずっと受けていなかったようで、病状は初期ではありませんでした。『お母さん死んじゃったらどうしよう』と震える妹の声を聞いて、すぐに帰らなければって思いました。

劇団とアルバイト先に状況を伝えて、翌日には実家に戻ったんです。帰ってみると母親はすごく痩せていましたね……。私は知らなかったんですが、すでにピアノ教室はやっていませんでした。今まで帰省時には葬儀などで施設に泊まることがほとんどだったので実家に入ったのもひさびさ。久しぶりに会う娘に対して母親は喜んでくれましたが、やっぱりカラ元気という感じでした」

手術は無事に成功。10日ほどで退院できたそうですが、その後経口タイプの抗がん剤治療が始まりました。副作用はそこまで強いものではなかったとのことですが、数年と続く治療を考え、誠子さんは実家に戻ることを決めます。

「一回帰省して、その後手術でも再度帰りました。そして入院中は妹と交代でずっと母親に付き添っていました。退院後には京都に戻ったんです。でも、やっぱり気になるんですよね。父親は気丈に振る舞っていましたが、妹は私が京都に戻ることを告げる度に不安そうな顔をしていて。京都にいる時に色々考えて、実家に戻ることを決めました。1か月後には実家に戻り、就職先も父親の紹介で見つけることができました。

いざ実家で生活を始めると、母親からは『私のせいで』と謝られることが多く、『大丈夫だったのになぜ帰ってきたのか』と責められることもありました。病院では月に一度経過観察が行われていて、気持ちが疲弊しているせいもあったんだと思います。私から責めてはいけないと思いながらもやりきれない気持ちの時ももちろんありました。でも、父親と妹から『ありがとう』って言ってもらえたことで救われた気持ちになれましたね」

誠子さんの母親は再発も転移なく、無事5年というひとつの節目「寛解」を過ぎることができたそう。今は妹が嫁いだことでOLをしながら実家に3人暮らしを続けています。そんな誠子さんに演劇の道に未練はないのか聞いたところ、「ないです。自分で決めたことですから。ずっと演劇をやっていることを両親に認められていない気がしていたんです。でも、以前送ったフライヤーがアルバムに挟まっていて。ラミネート加工なんかされていて、とても大切にしてくれていたんだなって思うと、いい思い出にすることができましたから」と笑顔で語っていました。

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

  1. 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バラバラで生活する距離感が私たち家族には合っていた~その2~

    【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バラバラで生活する距離感が私たち家族には合っていた~その2~

  2. 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早めに帰宅するようになった時、接し方がわからなくなっていた~その1~

    【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早めに帰宅するようになった時、接し方がわからなくなっていた~その1~

  3. 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~

    【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~

  4. 【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるため、2人の妹を持つ姉として頑張るしかなかった~その1~

    【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるため、2人の妹を持つ姉として頑張るしかなかった~その1~

  5. 【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

    【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

  6. 【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

    【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

  7. 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。ガンが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~

    【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。乳がんが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~

  8. 【娘のきもち】男女関係なく「ここ(田舎)に残っていても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

    【娘のきもち】「ここ(田舎)にいても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

  9. 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

    【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

  10. 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

    【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

  11. 【娘の気持ち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~

    【娘のきもち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~

  12. 家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

    【娘のきもち】家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バラバラで生活する距離感が私たち家族には合っていた~その2~ 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バ…
  2. 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早めに帰宅するようになった時、接し方がわからなくなっていた~その1~ 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早め…
  3. 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~ 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親…
  4. 【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるため、2人の妹を持つ姉として頑張るしかなかった~その1~ 【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるた…
  5. 【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~ 【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び…
PAGE TOP