新着記事

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、東京でさまざまな資格を生かしてコンサルティングの仕事をしている景子さん(仮名・43歳)。神奈川県出身で、両親と3歳下、6歳下に2人の妹がいる5人家族。長女として厳しく躾けられる自分と、甘え上手で父親と仲良くする一番下の妹との違いにもやもやするものの、何も行動することができなかったそう。

「当時は思春期だったこともあり、父親に歩み寄るなんて考えはまったくありませんでした。それに小さい頃から叩きこまれた、『いい成績じゃないといけない』『いい姉じゃないといけない』という思いを消し去ることもできなかった。そんなもやもやした気持ちは父親を避けることで忘れることができたんです」

目標が見えない時、誰よりも親身になってくれたのは父親だった

勉強ができた景子さんに父親はさらに上位の大学進学を望みます。高校では反抗期もあり、次第に勉強を理由に家族団らんの時間を避けるようになっていきます。

「反抗期の矛先は父親に向いて、無視するようになりましたね。私の家では父親が絶対で、本1冊買うのにも父親の許可がいった。そのお願いで会話をするのにも苦痛が伴いました。その頃は顔を合わせると『勉強はどうなっている』と逐一質問されるので、みんなの団らんにも勉強を理由に避けていました。勉強を理由にした時だけ、それができたから。私は成績がそこそこ良くて、父の希望大学は現実的に目指せるところだったので、必死でしたよ。父の望みをかなえてあげたいという思いより、落ちたら何を言われるかわからないといった気持ちが強かったですけどね」

その後、景子さんは大学にストレートで合格。大学に入る前後で父親との関係に少し変化があったと言います。

「この大学に入らなければという思いだけで、何を勉強して、将来自分が何をしたいのかがまったく見えなくて……。そんな時に、どちらから歩み寄ったのかはあまり覚えていないんですが、父親は相談に乗ってくれたんです。参考書を薦めてくれたり、勉強を見てくれたり。後から知ったんですが、父親は希望大学に合格できなかった過去があって、そのコンプレックスが大人になってからも続いていたそう。そんな辛い思いを、私にさせたくなかったのかもしれません。

無事合格した後、大学の入学式には父親が参加してくれました。妹とは3つずつ違うので、母親は妹たちの式に参加したんです。父が私を選んでくれたことも嬉しかったし、小学校の入学式の時も母親が妊娠中だったために父親が参加してくれていました。あの時の若かった父親の笑顔が、今と重なりましたね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP