新着記事

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

城の「堀」にこらされた驚くべき工夫の数々

監修/萩原さちこ 取材・文/平野鞠

城の基礎知識や、名将達の戦略について掘り下げていくこの連載。前回の記事、「石仏が頭から突っ込まれているのは何故!? 城の石垣の意外すぎる石材調達法とは」では、城の石垣の中には墓石や石仏など、別の用途で使われていた石材も存在するという意外な事実をご紹介しました。

今回は城の周りを囲む堀についてご紹介していきます。堀も軍事施設である城には欠かすことのできない防備の要です。

■幅100mを超えるものも!敵の侵入を阻む水堀の工夫

みなさんは城の「堀」というとどんなものを想像しますか。江戸城の堀のように水をたたえた雄大な堀をイメージする方も多いのではないでしょうか。

堀には大きく分けて「水堀」と「空堀」の2種類があります。城が平地にある場合は、河川などの水を引き入れることができるため水堀、山や台地にある城は水を引くことができないので空堀になります。

近世は平山城(小高い山や丘に築かれた城)や平城(平地に築かれた城)がほとんどなので、水堀が主流となっているのです。

2つの堀で大きく異なるのが、堀の幅。空堀は幅が広すぎると敵が移動しやすくなるので狭くなっており、反対に水堀は幅が狭いと敵が泳いで渡ってきてしまうので広くしておく必要があります。そのため、江戸城や徳川大坂城、福岡城の水堀は幅100mを超えるところもあるほどです。

また水堀は敵が潜って身を隠すことができないよう、堀の底に尖った木材を埋めたり、つるの長い植物を植えて足に絡みつくようにしたりという細工をしていたともいわれています。

■一度落ちたら這い上がれない「障子堀」

「障子堀」という特徴的な堀を持つのが山中城(静岡県三島市)です。障子の桟のように細かく仕切られた空堀は土がむき出しで、よじ登ることは不可能(現在は保護のために芝が植えられています)。この堀に入った敵を完全に封じ込め、頭上から集中攻撃します。

かつての堀は今よりも深さがあり、桟の幅も狭かったので弓矢や鉄砲が飛び交う中、桟の上を歩くこともできなかったと思われます。

*  *  *

いかがでしたか。山中城の障子堀はまるで巨大アートのよう。天気の良い日は富士山とセットで望めるそうなので、行楽シーズンなどに訪れてみてはいかがでしょうか。

【山中城跡公園】
■所在地/三島市山中新田
■アクセス/JR三島駅より元箱根行きバス「山中城跡」下車、徒歩1分
■問い合わせ先/電話055-985-2970(山中城跡案内所・売店)
http://www.mishima-kankou.com/play/seiroku/yamanakajyo.html

次回も城に関するトピックをお届けします。詳しくはぜひ、『図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防のすべて』をご覧ください。

取材・文/平野鞠
監修/萩原さちこ

萩原さちこ(はぎわら・さちこ)
1976年、東京都生まれ。青山学院大学卒。小学2年生で城に魅せられる。 大学卒業後、出版社や制作会社などを経て現在はフリーの城郭ライター・編集者。 執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演、講座、ガイドのほか、「城フェス」実行委員長もこなす。 おもな著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『戦国大名の城を読む』(SB新書)、 『お城へ行こう! 』(岩波ジュニア新書)、『今日から歩ける 超入門 山城へGO! 』(共著/学研パブリッシング)など。 公益財団法人日本城郭協会学術委員会学術委員。

【出典】
『図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防のすべて』
(萩原さちこ・著、本体1,100円+税、SBクリエイティブ)

http://www.sbcr.jp/products/4797380781.html

710sZiavYiL

【関連記事】

※ 秀吉の鳥取城攻めでは餓死者が続出!戦国時代の残酷な「城攻め」あれこれ

江戸城に「天守」がないのは何故?再建に「待った」がかかった驚きの理由とは

※ 「おんな城主 直虎」で話題!井伊家の名城・彦根城にまつわる5つのトリビア

なんと3倍の兵に大勝!毛利元就が飛躍した「郡山合戦」舞台の吉田郡山城

「信玄は城を築かなかった」はウソ!武田信玄が城に仕掛けた難攻不落の工夫とは

発案者は意外な人物!難攻不落の「秀吉の大坂城」落とした家康の作戦

※  おいどんは清正公に負けた…西郷どんも実感した「熊本城」最強の理由とは

埋蔵金伝説も!一夜にして埋没した幻の城「帰雲城」跡を訪ねてみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸城・松の大廊下跡 「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴…
  2. 足利尊氏像 「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄…
  3. 仙石秀久の時代に築かれた小諸城大手門(国重要文化財) 大失態を犯し追放されたが、再び秀吉の信頼を得て乱世を生き抜いた男…
  4. 楠木正成像 楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】
  5. 肱(ひじ)川を天然の水堀として築かれた大洲城。四重四階の天守は、平成16年(2004)に再建された 「賤ヶ岳七本槍」から豊臣水軍の中心人物へ|三英傑に仕え「全国転勤…
PAGE TOP