城の装飾つき屋根「破風(はふ)」の種類と利用法

監修/萩原さちこ 取材・文/平野鞠

城の基礎知識や、名将達の戦略について掘り下げていくこの連載。前回の記事「敵にあんなものをかける攻撃も!城の防衛装置「狭間」に隠された工夫とは」では、城の塀や壁に存在する攻撃用の穴、「狭間(さま)」についてご紹介しました。

第2回目は、城の装飾に欠かせない「破風(はふ)」を見ていきたいと思います。

■装飾つきの屋根「破風」は4種類に大別される

城の美しさをつくり出している要因の一つに、様々な形状の「破風」があげられます。破風とは屋根の端にある、装飾つきの屋根のことで4種類に分けられます。

まず、すべての天守の最上重と、望楼型天守と呼ばれる構造の天守下重(の入母屋造の大屋根端部)に設けられるのが「入母屋破風」。これは屋根の隅部を形成するもので、建築上必要不可欠です。

その他は装飾を目的としたもの。「千鳥破風(ちどりはふ)」は天守の象徴ともいえるもので、大きさや数に制限がなく、壁面を華やかに演出します。また、「切妻破風(きりづまはふ)」は、神社本殿を起源とした切妻屋根につくられるものです。

そして、最も装飾性が高いのが「唐破風(からはふ)」。寺社建築が発祥の格式高い破風で、屋根の上部を一部分だけ盛り上げるように丸く折り上げた「軒唐破風(のきからはふ)」と、出窓のように独立している「向唐破風(むかいからはふ)」の2つに分けられます。

また、破風には「懸魚(げぎょ)」という装飾がつけられます。小さな破風には「梅鉢懸魚(うめばちげぎょ)」、普通の大きさの破風には「蕪懸魚(かぶらげぎょ)」を見ることができるでしょう。

■美しいだけではない!破風内部の活用法

城は美観と実用を兼ね備えるのが理想です。破風も、壁面を美しく彩るだけではなく、防衛施設として有効活用されています。

破風の内部は、出窓のような三角形の小部屋になっていて、「破風の間」と呼ばれる防御スペースとして使用されました。彦根城の天守では、扉をつけて完全な隠し小部屋にしています。

また、姫路城では千鳥破風や唐破風の下に攻撃用の窓を開き、天井には鉄砲の煙が充満するのを防ぐための小窓を設けています。

*  *  *

今回は、城の装飾に欠かせない「破風(はふ)」について見てきました。同じように見える屋根も、注意して見ると様々な破風で彩られていることがわかるでしょう。

次回も城に関するトピックをお届けします。詳しくはぜひ『図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防のすべて』をご覧ください。

取材・文/平野鞠
監修/萩原さちこ

萩原さちこ(はぎわら・さちこ)
1976年、東京都生まれ。青山学院大学卒。小学2年生で城に魅せられる。 大学卒業後、出版社や制作会社などを経て現在はフリーの城郭ライター・編集者。 執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演、講座、ガイドのほか、「城フェス」実行委員長もこなす。 おもな著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『戦国大名の城を読む』(SB新書)、 『お城へ行こう! 』(岩波ジュニア新書)、『今日から歩ける 超入門 山城へGO! 』(共著/学研パブリッシング)など。 公益財団法人日本城郭協会学術委員会学術委員。

【出典】
『図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防のすべて
(萩原さちこ・著、本体1,100円+税、SBクリエイティブ)
http://www.sbcr.jp/products/4797380781.html

710sZiavYiL

【関連記事】

※ 秀吉の鳥取城攻めでは餓死者が続出!戦国時代の残酷な「城攻め」あれこれ

江戸城に「天守」がないのは何故?再建に「待った」がかかった驚きの理由とは

※ 「おんな城主 直虎」で話題!井伊家の名城・彦根城にまつわる5つのトリビア

なんと3倍の兵に大勝!毛利元就が飛躍した「郡山合戦」舞台の吉田郡山城

「信玄は城を築かなかった」はウソ!武田信玄が城に仕掛けた難攻不落の工夫とは

発案者は意外な人物!難攻不落の「秀吉の大坂城」落とした家康の作戦

※  おいどんは清正公に負けた…西郷どんも実感した「熊本城」最強の理由とは

埋蔵金伝説も!一夜にして埋没した幻の城「帰雲城」跡を訪ねてみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で