新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

発案者は意外な人物!難攻不落の「秀吉の大坂城」落とした家康の作戦

監修/萩原さちこ 取材・文/平野鞠

城の基礎知識や、名将達の戦略について掘り下げていくこの連載。前回の記事、「なんと3倍の兵に大勝!毛利元就が飛躍した郡山合戦舞台の吉田郡山城」では、毛利元就が大勝利をおさめた籠城戦の戦略についてご紹介しました。

今回のテーマは「大坂城」。現在でも訪れると、そのスケールの大きさに思わず「さすが太閤秀吉の城!」と言いたくなってしまうかもしれませんが、豊臣秀吉の大坂城のスケールはこんなものではありませんでした。

■難攻不落の大坂城を落とした徳川軍の作戦

大坂城といえば、戦国の乱世最後にして最大の攻城戦「大坂の陣」の舞台となった城。攻め手の徳川家康が、まず1614年の「冬の陣」で20万の兵で豊臣軍10万超を攻撃し、いったん講和を成立させ、そして翌年の「夏の陣」でとどめを刺したことはよく知られています。

家康が一度で決着をつけなかったのは、大坂城の堅牢さゆえの作戦でした。秀吉自身が「誰もこの城は落とせない」と豪語した難攻不落の大坂城。その攻略法を家康が知ったのは、他ならぬ生前の秀吉本人からだったとする説があります。

その攻略法とは、まず力づくで攻めてから、和睦を結んで堀を埋め、その後大軍で一気に攻めるというもの。家康は、冬の陣、夏の陣でその作戦の通りに戦ったのです。

和睦を結んで外堀を埋め立てた家康が、あっという間に二の丸まで埋め尽くすと、もはや堀を失った大坂城には戦闘力など残されていませんでした。そして、ふたたび挙兵した家康軍は、難なく大坂城を落とすことができたのです。

■いまだ謎だらけの「豊臣大坂城」

豊臣家の滅亡後、徳川幕府によって大坂城が再建されることになります。しかしその際、幕府は天守だけでなく、盛り土をして埋め立て、その上で門、櫓、石垣をつくりました。こうして秀吉時代の大坂城は、この地上には何一つ存在の痕跡をとどめずに消えてなくなりました。

そのため、いまだに謎の多い豊臣大坂城。本丸、二の丸、三の丸を総構で囲んだ大城郭で、その総面積は現在の約4倍とされていますが、築城から400年以上経った現在でも新事実が出てくることもしばしば。ミステリアスな存在であることもまた、秀吉の築いた大坂城の魅力といえるでしょう。

*  *  *

いかがでしたか。今後「豊臣大坂城」にどんな新事実が発覚するのか、期待したいですね。詳しくはぜひ、『戦国大名の城を読む』をご覧ください。

取材・文/平野鞠
監修/萩原さちこ

萩原さちこ(はぎわら・さちこ)
1976年、東京都生まれ。青山学院大学卒。小学2年生で城に魅せられる。 大学卒業後、出版社や制作会社などを経て現在はフリーの城郭ライター・編集者。 執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演、講座、ガイドのほか、「城フェス」実行委員長もこなす。 おもな著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『戦国大名の城を読む』(SB新書)、 『お城へ行こう! 』(岩波ジュニア新書)、『今日から歩ける 超入門 山城へGO! 』(共著/学研パブリッシング)など。 公益財団法人日本城郭協会学術委員会学術委員。

【出典】
『戦国大名の城を読む』
(萩原さちこ・著、本体760円+税、SBクリエイティブ)
http://www.sbcr.jp/products/4797372359.html

【関連記事】

※ 秀吉の鳥取城攻めでは餓死者が続出!戦国時代の残酷な「城攻め」あれこれ

江戸城に「天守」がないのは何故?再建に「待った」がかかった驚きの理由とは

※ 「おんな城主 直虎」で話題!井伊家の名城・彦根城にまつわる5つのトリビア

なんと3倍の兵に大勝!毛利元就が飛躍した「郡山合戦」舞台の吉田郡山城

「信玄は城を築かなかった」はウソ!武田信玄が城に仕掛けた難攻不落の工夫とは

発案者は意外な人物!難攻不落の「秀吉の大坂城」落とした家康の作戦

※  おいどんは清正公に負けた…西郷どんも実感した「熊本城」最強の理由とは

埋蔵金伝説も!一夜にして埋没した幻の城「帰雲城」跡を訪ねてみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. “戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史…
  2. 前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】
  3. 加賀百万石の祖・前田利家の知られざる3つの顔【にっぽん歴史夜話2…
  4. 坂本龍馬が命を落とした宿の名は?幕末動乱クイズ5問【挑戦!江戸ク…
  5. そして歴史が動いた!前田利家、賤ヶ岳撤退の謎【にっぽん歴史夜話1…
PAGE TOP