新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

和菓子と酒がこんなに合うなんて!常識を覆す『和菓子 薫風』の超党派マリアージュ【東京下町の美味探訪3】

文・写真/秋山都

一般に酒が飲める人を「左党」、酒を飲めずに甘いもの好きな人を「右党」という。このふたつは政敵のようなもので互いに相容れず、酒好きな人は甘いものは食べないし、甘いもの好きな人は酒を飲まないのだ……と長年思いこんできた。この『和菓子 薫風』に出会うまでは。

東京メトロ千代田線「千駄木」駅より徒歩2分。大通りより1本入った路地に佇む『和菓子 薫風』。

緑色の扉を見ただけでは、ここが何屋なのかよくわからない。「和菓子」と店名にあるものの、ショーケースもないようだ。

そっと覗きこんでびっくり。羊羹やどら焼きなど和菓子を肴に日本酒を飲んでいるではないか。そう、ここは和菓子をつまみに酒を供する、超ユニークな和菓子店なのである。

和菓子は季節の食材を使いながら日替わりで5~6種ほど。メニューはないが、店主のつくださちこさんが口頭で説明してくれるので、それを聞いて想像を膨らませながらチョイス。「お酒も一緒に」といえば、つくださんがその和菓子にあった酒を選び、トクトクと注いでくれるのだ。

和菓子と酒があうのか? そろそろ、そうお聞きになりたいタイミングだろう。私も疑わしく思っていた。ウイスキーとチョコレートや、シャンパンとイチゴは見たことがあるが、アンコと酒? 口の中がベタベタしそうだけれど……。

店主のつくださちこさんはバイオメーカーの技術者から一念発起して和菓子の世界へ飛び込んだ変わり種。2012年にこの店をオープンさせた。

「和食のコースのデザートに生菓子と大吟醸を出したり、和菓子と酒の組み合わせは以前からあるんです。ただ、その組み合わせのためのメソッドは私のオリジナルですね」と語る店主のつくださちこさん。

そのメソッドとは和菓子の香・酸・甘・旨・苦の五味に対し、日本酒の要素を拾っていくという作業だ。

たとえば、瀬戸内レモンのコンフィチュール(果実を煮詰めたジャム)を使った名物「レモンどら焼き」には、無濾過生原酒のほろ苦さが特徴の日本酒『英君』(静岡県)が供された。

テイクアウトにも人気の高い「レモンどら焼き」は餡、皮、餅にいたるまですべて店内で手作りされている。他のフルーツどら焼きも人気。

また、コリアンダーシードやカルダモンなどスパイスと、クランベリーやワイルドベリーなどの果実をふんだんに使った「白い羊羹」には、その香りとフルーティな甘みに合う『たかちよピンクラベル』(新潟県)をチョイス。

スパイスとフルーツの甘味が特徴の「白い羊羹」。

実際口にしてみると、レモンの皮のほろ苦さが酒でふわりとコーティングされたり、菓子の甘みを酒のほのかな酸味が引き立たせたりと、それぞれ単体で口に含んだときより豊かな風味が花開くことに驚く。「酒飲みは甘いものが苦手」という固定観念もほろ酔いとともにほどけていくひと時だ。

和菓子と酒はどれもひとつと1杯(90ml見当)それぞれ540円(税込み)。和菓子ひとつあてに2杯(つまり1合)飲むのがおすすめのペースだ。

現在は40種程度の酒を常備し、8割以上のお客が酒をオーダーするというから、この左党と右党を自在に往来する超党派が意外にも多くて驚くが、極右の(つまりまったく飲めない)人でも大丈夫。おいしい、本格的な中国茶が用意されているのでご安心を。

【和菓子 薫風】
■住所/東京都文京区千駄木2-24-5
■アクセス/東京メトロ千代田線「千駄木」駅徒歩2分
■電話/03-3824-3131
■営業時間/水曜~金曜は13:30~20:00、土曜・日曜・祝日は13:30~19:00
■定休日/月曜・火曜、土日に不定休あり

文・写真/秋山都
編集者・ライター。元『東京カレンダー』編集長。おいしいものと酒をこよなく愛し、主に“東京の右半分”をフィールドにコンテンツを発信。谷中・根津・千駄木の地域メディアであるrojiroji(ロジロジ)主宰。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. テキーラの故郷「テキーラ村」でメキシコ流テキーラの飲み方を学ぶ
  2. いまスコットランドで大流行!「クラフト・ジン」2つの楽しみ方
  3. 日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に…
  4. 酒は本当に「百薬の長」なのか?医療専門家たちの回答が判明
  5. 日本酒の味の基本を決める「酒造好適米(酒米)」10種の特徴
PAGE TOP