新着記事

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼しい帽子

帽子は、いくつあっても邪魔にならない紳士の必須アイテムだ。服装や季節に合わせ、その日に合った…

シニアの白髪染め|やるorやめる「65歳」が分かれ目?

年齢を重ねると共に、増える白髪。実年齢より老けて見える、苦労しているように見える、などの理由…

日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

文/山本益博日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?とこ…

長谷寺に伝わる“お経の音楽”「声明」が日本橋三越で聴ける特別なイベント

声明(しょうみょう)とは、お経に節をつけて唱える荘厳な仏教音楽の一種である。中でも、真言宗豊…

【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マニアになった!?(神取忍の健康・スポーツコラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

なんと赤や青の石垣も!地域によってここまで違う「城の石垣と瓦」

shutterstock_219965377

軍事施設としての城の楽しみ方をご紹介するこの連載。前回の記事「秀吉の鳥取城攻めでは餓死者が続出!戦国時代の残酷な“城攻め”あれこれ」では、城攻めについてお話ししました。

城は、目まぐるしく動く情勢下で試行錯誤されながら進化していったのです。

第3回目は、地域による城の違いについてお話ししようと思います。

より耐久性のある城を作るためには、地域の特徴に合わせて工夫することは必要不可欠。そのため、一見同じような城でも様々な違いを見ることができるのです。

■江戸城の石垣は2色の石を使用していた

和歌山城や徳島城では緑色の石垣が見られます。これは紀州青石や阿波青石という特産の緑泥片岩を使っているから。緑泥片岩は中央構造線の南側に多く見られる、低温でできた変成岩です。

また、金沢城の石垣は赤や青など色味が違っています。これは地元産の戸室石というもの。凍寒や耐火性に優れていて、溶岩が冷えるときの条件で石の色が変わるという特徴があります。

黒っぽい石と白っぽい石が混在しているのは江戸城。

黒っぽいものは築城時に伊豆周辺から運ばれた安山岩で、白っぽいものは改築時に瀬戸内海から運ばれた花崗岩(御影石)です。瀬戸内海沿岸の花崗岩は強度が高いため、補強のために使われたと考えられています。

■地域によっては石や鉛の瓦を使っている

ちなみに、城の瓦にも地域によって特徴があります。

一般的な城の瓦は、粘土を焼いたものです。しかし、丸岡城(福井県坂井市)の天守の屋根には地元産の石瓦が使われています。

会津若松城には、寒冷対策として鉄分の多い釉薬が塗られた赤瓦が使われています。

ほかには、金沢城の瓦も独特です。この城の三十間長屋では、耐水性と耐久性を高めるため、木製の下地に鉛板を張りつけた鉛瓦が見られます。

つい見落としがちな石垣や城にもこんなに違いがあるんですね。城めぐりの際は、是非注目してみたいものです。

次回も、教科書にはあまり出てこない、城にまつわる様々なトピックをお届けします。 詳しくはぜひ、『図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防のすべて』をご覧ください。

 

取材・文/平野鞠
監修/萩原さちこ

萩原さちこ(はぎわら・さちこ)
1976年、東京都生まれ。青山学院大学卒。小学2年生で城に魅せられる。 大学卒業後、出版社や制作会社などを経て現在はフリーの城郭ライター・編集者。 執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演、講座、ガイドのほか、「城フェス」実行委員長もこなす。 おもな著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『戦国大名の城を読む』(SB新書)、 『お城へ行こう! 』(岩波ジュニア新書)、『今日から歩ける 超入門 山城へGO! 』(共著/学研パブリッシング)など。 公益財団法人日本城郭協会学術委員会学術委員。

【参考図書】
『図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防のすべて』
(萩原さちこ・著、本体1,100円+税、SBクリエイティブ)

710sZiavYiL

【関連記事】

※ 秀吉の鳥取城攻めでは餓死者が続出!戦国時代の残酷な「城攻め」あれこれ

江戸城に「天守」がないのは何故?再建に「待った」がかかった驚きの理由とは

※ 「おんな城主 直虎」で話題!井伊家の名城・彦根城にまつわる5つのトリビア

なんと3倍の兵に大勝!毛利元就が飛躍した「郡山合戦」舞台の吉田郡山城

「信玄は城を築かなかった」はウソ!武田信玄が城に仕掛けた難攻不落の工夫とは

発案者は意外な人物!難攻不落の「秀吉の大坂城」落とした家康の作戦

※  おいどんは清正公に負けた…西郷どんも実感した「熊本城」最強の理由とは

埋蔵金伝説も!一夜にして埋没した幻の城「帰雲城」跡を訪ねてみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜…
  2. キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【に…
  3. “戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史…
  4. 前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】
  5. 加賀百万石の祖・前田利家の知られざる3つの顔【にっぽん歴史夜話2…
PAGE TOP