サライ.jp

東京・世田谷の静嘉堂文庫美術館では、「漆芸名品展 ―うるしで伝える美の世界―」展が開催中です(~12月11日まで)。前回に引き続き、今回は展示されている作品のうち、特に魅力的なものをご紹介いたしましょう。

下の二つの印籠は、原羊遊斎(はらようゆうさい)という、江戸の蒔絵師が装飾をほどこしたもの。右側の「秋草虫蒔絵象嵌印籠(あきくさむしまきえぞうがんいんろう)」の下絵は、俵屋宗達、尾形光琳の流れに続く江戸琳派の絵師・酒井抱一が描きました。

【左】原羊遊斎「雪華蒔絵印籠」(根付:鏡蓋根付)江戸時代(19世紀)【右】原羊遊斎「秋草虫蒔絵象嵌印籠」(根付:象牙彫 鹿置物)下絵:酒井抱一 江戸時代(18~19世紀)

左/原羊遊斎「雪華蒔絵印籠」(根付:鏡蓋根付)江戸時代(19世紀)、右/原羊遊斎「秋草虫蒔絵象嵌印籠」(根付:象牙彫 鹿置物)下絵:酒井抱一 江戸時代(18~19世紀)

原と酒井の二人が合作したこの作品は、当時、一種のブランドもののように人気を集めていました。秋草の意匠の印籠に組み合わされるのは、鹿の根付です。思い出すのは、「奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲しき」などの和歌。秋をテーマにしたトータルコーディネートです。

一方、左側の「雪華蒔絵印籠(せっかまきえいんろう)」に表されているのは、雪の結晶です。

天保3年(1832)、古河藩主・土井利位(どいとしつら)がオランダから輸入された顕微鏡を使って雪の結晶を研究し、その成果を『雪華図説』、『続雪華図説』という図譜にまとめました。この本から図案が採用されています。

当時最先端の科学の研究結果が芸術に応用されていることに、感動します。

次に紹介したいのは、「松本茄子」と「付藻茄子」という、二つの茶入です。

大名物 唐物茄子茶入 「松本茄子(紹鷗茄子)」(左)と「付藻茄子」(右) 南宋~元時代(13~14世紀)

大名物 唐物茄子茶入 「松本茄子(紹鷗茄子)」(左)と「付藻茄子」(右) 南宋~元時代(13~14世紀)

なぜ、漆芸名品展にやきものが出品されている?と思う方もいるかもしれませんが、じつはこの茶入の表面を覆っているのは、漆なのです。

武将達が茶の湯に傾倒した室町から桃山時代にかけて、由緒ある茶入は、一国一城と交換できるほど、価値あるものでした。徳川家康は大坂夏の陣で、被害を受け破片となってしまった茶入を焼け跡から探し出すように、塗師・藤重藤元(ふじしげとうげん)・藤嚴(とうごん/とうげん)父子に命令し、漆で元の形になるよう繕わせました。釉薬の模様なども見事に再現され、どうみても、やきものに見えます。

静嘉堂文庫美術館学芸員、長谷川祥子さんは「史実によれば、藤重父子はたった3ヶ月で、松本茄子を直したそうですが、今現在見ても漆の皺もできていませんし、艶も衰えていません。この、400年前の漆の技術には、今の人間国宝や修復家の先生も驚かれます」と説明します。

一方、中国では日本とは違ったかたちで漆芸の文化が発展しました。塗り重ねた漆を彫って文様を表す彫漆などはご存じの方も多いかもしれませんが、聞き慣れないのが「存星(ぞんせい)」という技法です。

「漆の表面を文様に沿って浅く彫り、別の色の漆で埋め込み、表面を研いで整えます。さらに輪郭線を細く彫り、そこに金銀の箔を埋め込みます。『花蝶存星菊花形盒(かちょうぞんせいきっかがたごう)』は、清朝宮廷工房が作った存星の合子(ごうす/ふた付きの容器)です。細い金の線が織りなす文様はまるで、刺繍のようです」(長谷川さん)。

花蝶存星菊花形盒「大清乾隆年製 慶雲仙盒」銘 清時代・乾隆年間(1736~95)

花蝶存星菊花形盒「大清乾隆年製 慶雲仙盒」銘 清時代・乾隆年間(1736~95)

どの展示作品も、大変な時間をかけて生み出された漆芸の優品です。ぜひ肉眼で、その繊細さを堪能してみてください。

【漆芸名品展 ―うるしで伝える美の世界―】
■会期/2016年10月8日(土)~12月11日(日)
※会期中、一部作品の展示替をいたします。
■会場/静嘉堂文庫美術館
■住所/東京都世田谷区岡本2-23-1
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■料金/一般1000円 大高生700円 中学生以下無料(一般・大高生は20名以上団体割引あり)
■開館時間/10時〜16時30分(入館は16時まで)
■休館日/毎週月曜日
■アクセス/東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅より、バスまたはタクシー。

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア