新着記事

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)

酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

写真よりリアル!江戸時代の動植物図譜が集結「江戸の生きもの図鑑 -みつめる科学の眼-」展

「築地名苑真景・草木虫魚写生図巻」(部分)〔江戸時代 19世紀 徳川美術館蔵〕

取材・文/池田充枝

植物や動物などの自然物を観察し、その種類や性質・産地などを分類して記録する学問が「博物学」です。日本では、古代中国で誕生した薬学である「本草学(ほんぞうがく)」として古くから研究され、江戸時代には中国や西洋の新たな手法による研究の影響を受けながら大きく発展しました。

「図譜(ずふ)」はその研究成果の一つで、今でいう図鑑にあたり、対象が正確に、分かりやすく記録されています。ただ、写真のように対象をあるがままに写し取るというわけではなく、科学の眼で取捨選択された情報によって構成されているのが特徴です。

そんな本草学者たちの知的好奇心に満ちた図譜の美しさに焦点をあてた展覧会『江戸の生きもの図鑑-みつめる科学の眼-』が、徳川美術館で開かれています(~2017年7月9日まで)。

本展では、愛知県下に所在する様々な「図譜」の優品が展示されています。また、江戸時代における本草学の中心地の一つだった尾張地域について紹介するとともに、尾張徳川家に伝来した本草学に関連する品々も拝見できます。

高木春山筆「本草図説(セグロサギ図)」〔江戸時代 19世紀 西尾市岩瀬文庫蔵〕

本展の見どころを、徳川美術館の学芸部学芸員、安藤香織さんにうかがいました。

「本展でまず見ていただきたいのは、高木春山(しゅんざん)筆『本草図説』(江戸時代、19世紀、西尾市岩瀬文庫蔵)です。魚類・植物・動物・鉱物など、幅広く扱った195冊からなる世界最大級の手描きの図譜です。作者の春山は、全ての項目に詳細な図が供えられた図譜を作るため、遠方まで調査に出かけ、財産をなげうって本書を製作したと伝えられています。

また『築地名苑真景(つきじめいえんしんけい)・草木虫魚写生図巻』(江戸時代、19世紀、徳川美術館蔵)も必見です。尾張徳川家に伝来した図巻で、草花・虫・魚を的確な描写で表しており、全巻を通じて図譜に肝要な「写生」の精神が感じられます。

巻頭と巻末に、江戸・築地に所在した尾張徳川家の蔵屋敷の風景を配していることから、屋敷に生息した生きものを観察して描いたとも考えられます。

6月11日(日)には、「大名から庶民まで楽しんだ江戸の園芸」と題した、日本で最も充実した園芸関係書のコレクションを誇る雑花園文庫の庫主、小笠原左衛門尉亮軒氏による記念講演会が行われます。

本展で、大名から市井の人々までが知の探究に情熱を傾けた当時の本草学の熱気を、それぞれの作品から感じていただけたら幸いです」

写真よりもリアルで生き生きとした動物や植物の姿を、会場でぜひご覧ください。

【江戸の生きもの図鑑 -みつめる科学の眼-】 
■会期:2017年6月2日(金)~7月9日(日)
■会場:徳川美術館・名古屋市蓬左文庫
http://www.tokugawa-art-museum.jp

■住所:名古屋市東区徳川町1017
■電話番号:052・935・6262
■開館時間:10時から17時まで(入館は16時30分まで)
■休館日:月曜日
■アクセス:JR中央線大曽根駅南口より徒歩約10分、名古屋駅バスターミナル10番乗場より猪高車庫方面行で「徳川園新出来」下車徒歩約3分

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 徳川家光 《兎図》 個人蔵 夏目漱石、伊藤若冲、徳川家光が描いた脱力系の問題作を見よ!【へそ…
  2. 黒糸巻柄突兵拵(長船真長小太刀付属) 明治時代(19世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵 高綱・行光の古備前刀工から一文字・長船など各流派まで|「刀剣王国…
  3. アウトサイド・ジャパン展 ヤンキー人類学から老人芸術まで、70名以上の作品が揃う大規模展覧…
  4. トーベ・ヤンソン《イースターカード原画》1950年代 ムーミンキャラクターズ社蔵 家族そろってムーミンに会いに行こう【ムーミン展】
  5. 《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプ…
PAGE TOP