新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

上まぶたが黒目にかぶってしまう「眼瞼下垂」|手術を拒否した人の9割が50代以上

眼瞼下垂の病名の認知度は17.7% さらに眼瞼下垂保険適用手術の認知度が低いことが判明

眼瞼下垂(がんけいかすい)とは、目を開けた時に上まぶたが黒目にかぶってしまう状態のことで、先天性と加齢などが原因の後天性がある。眼瞼下垂になると、視野が狭くなるといった機能的な障害をもらたすことから、手術等の治療が必要となる。ところが実際は、疾患の自覚がないまま生活していたり、症状に気が付いていても放置している人が多いという。そんな眼瞼下垂について、形成外科クリニック「アイシークリニック」を運営する医療法人社団鉄結会が、全国1500人の30歳以上の男女を対象に実態調査を行なった。すると眼瞼下垂と診断されながら、手術しない人の理由が明らかになった。早速、詳しく調査結果をみていこう。

眼瞼下垂の認知度について

眼瞼下垂の認知度

まず「眼瞼下垂」という疾患の認知度について。知っている/聞いたことがあると回答した人は、261人で全体の17.7%にとどまった。これは約6人に1人の割合であり、マスメディア等で取り上げられているとはいえ、認知度はまだまだ低いようだ。

52人が眼瞼下垂と診断された経験あり

眼瞼下垂と診断された経験

次に、前問で「眼瞼下垂」を知っている/聞いたことがあると回答した261人に対し、眼瞼下垂と診断された経験があるか尋ねたところ、52人が「はい」と答えた。

診断はされたが手術は受けていない人が多い

手術を受けたことがあるか否か

「眼瞼下垂と診断されたことがある」人に対して、手術を受けたことがあるか否かを質問した。すると「はい」(手術したことがある)と答えた人は25%強にとどまり、「診断はされたが手術は受けていない」という人の方が多いことが明らかになった。

手術を拒否した人の8割弱が60代

眼瞼下垂と診断されながらも手術を受けなかった人の年代

さらに、眼瞼下垂と診断されながらも手術を受けなかった人の年代を調査したところ、全体の8割弱が60代であることがわかった。一方30〜40代の若年層の発症も判明。これは先にも述べたとおり先天性の可能性に加え、まぶたの擦れ(アトピー、逆さまつげ、花粉症、コンタクトレンズの使用)といった後天的要因も考える。

手術を受けない理由1位は「金銭面」

なぜ手術を受けなかったのか

眼瞼下垂と診断されたにもかかわらず手術を受けなかった38名について、なぜ手術を受けなかったのか理由について聞いている。結果、「手術を受けるのに金銭的な不安がある」と答えた人が20人で半数以上を占めていた。次いで「手術を任せても安心だと思える医師がいない」(8人)「手術をする必要性を感じていない」(6人)となった。この結果から、眼瞼下垂手術を受けない主たる原因として、金銭的な不安を挙げる人が多いことがわかった。

でも本音は手術を受けたい!?

保険適用かつ信頼できる医師がいれば手術を受けたいですか

最後に、手術を受けなかった38人に対し、「保険適用かつ信頼できる医師がいれば手術を受けたいですか」と聞いている。すると、全体の75%程度の方が「はい」(手術を受けたい)と回答。手術自体の潜在的なニーズは高く、金銭的不安等が解消されれば、眼瞼下垂の手術を受けたい人は多いようだ。

今回の調査で、費用面を気にして手術を躊躇している方が多いことがわかった。しかし、実は眼瞼下垂は美容形成の自由診療だけでなく、形成外科での保険適用も可能。つまり、保険適用手術が可能なクリニックを見つければ、リーズナブルに手術を受けられるということだ。

眼瞼下垂は放置すると視野が狭くなるだけでなく、肩こりや首こりなどの症状を引き起こす恐れもある。そのため、放置せず早めに手術を受けることが重要! まずは通える範囲に保険適用が可能なクリニックがあるかどうか、探してみてはどうだろうか。

※記事中のデータはすべて、皮膚疾患(粉瘤、脂肪腫など)の日帰り手術「アイシークリニック(https://ic-clinic.com/)協力のもと作成。

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング
  2. 眼科医が推奨!目のかすみや眼精疲労に効く「顔のツボ」8つ
  3. 1日1分見るだけで目が良くなるすごい写真|老眼や眼精疲労対策に!…
  4. 1日5分で目の老化ストップ!目のはたらきを回復する「基本体操」
  5. 実は視力より大事!目のはたらき低下度がわかる23の簡単チェックリ…
PAGE TOP