新着記事

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

蒸れを防ぐ秘密機構で夏場も快適な撥水帽子

『あなたへ』

降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

夏の登山・ハイキング人気スポットランキング!

登山・ハイキング人気スポットランキング|「世界自然遺産」から「日本百名山」まで夏に行きたい景勝地10選

高血圧

「高血圧治療ガイドライン」改定であなたも高血圧!?|40代からは塩分量に注意が必要!

畳の香りにつつまれて極上の昼寝ができる快眠寝具セット

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

上まぶたが黒目にかぶってしまう「眼瞼下垂」|手術を拒否した人の9割が50代以上

眼瞼下垂の病名の認知度は17.7% さらに眼瞼下垂保険適用手術の認知度が低いことが判明

眼瞼下垂(がんけいかすい)とは、目を開けた時に上まぶたが黒目にかぶってしまう状態のことで、先天性と加齢などが原因の後天性がある。眼瞼下垂になると、視野が狭くなるといった機能的な障害をもらたすことから、手術等の治療が必要となる。ところが実際は、疾患の自覚がないまま生活していたり、症状に気が付いていても放置している人が多いという。そんな眼瞼下垂について、形成外科クリニック「アイシークリニック」を運営する医療法人社団鉄結会が、全国1500人の30歳以上の男女を対象に実態調査を行なった。すると眼瞼下垂と診断されながら、手術しない人の理由が明らかになった。早速、詳しく調査結果をみていこう。

眼瞼下垂の認知度について

眼瞼下垂の認知度

まず「眼瞼下垂」という疾患の認知度について。知っている/聞いたことがあると回答した人は、261人で全体の17.7%にとどまった。これは約6人に1人の割合であり、マスメディア等で取り上げられているとはいえ、認知度はまだまだ低いようだ。

52人が眼瞼下垂と診断された経験あり

眼瞼下垂と診断された経験

次に、前問で「眼瞼下垂」を知っている/聞いたことがあると回答した261人に対し、眼瞼下垂と診断された経験があるか尋ねたところ、52人が「はい」と答えた。

診断はされたが手術は受けていない人が多い

手術を受けたことがあるか否か

「眼瞼下垂と診断されたことがある」人に対して、手術を受けたことがあるか否かを質問した。すると「はい」(手術したことがある)と答えた人は25%強にとどまり、「診断はされたが手術は受けていない」という人の方が多いことが明らかになった。

手術を拒否した人の8割弱が60代

眼瞼下垂と診断されながらも手術を受けなかった人の年代

さらに、眼瞼下垂と診断されながらも手術を受けなかった人の年代を調査したところ、全体の8割弱が60代であることがわかった。一方30〜40代の若年層の発症も判明。これは先にも述べたとおり先天性の可能性に加え、まぶたの擦れ(アトピー、逆さまつげ、花粉症、コンタクトレンズの使用)といった後天的要因も考える。

手術を受けない理由1位は「金銭面」

なぜ手術を受けなかったのか

眼瞼下垂と診断されたにもかかわらず手術を受けなかった38名について、なぜ手術を受けなかったのか理由について聞いている。結果、「手術を受けるのに金銭的な不安がある」と答えた人が20人で半数以上を占めていた。次いで「手術を任せても安心だと思える医師がいない」(8人)「手術をする必要性を感じていない」(6人)となった。この結果から、眼瞼下垂手術を受けない主たる原因として、金銭的な不安を挙げる人が多いことがわかった。

でも本音は手術を受けたい!?

保険適用かつ信頼できる医師がいれば手術を受けたいですか

最後に、手術を受けなかった38人に対し、「保険適用かつ信頼できる医師がいれば手術を受けたいですか」と聞いている。すると、全体の75%程度の方が「はい」(手術を受けたい)と回答。手術自体の潜在的なニーズは高く、金銭的不安等が解消されれば、眼瞼下垂の手術を受けたい人は多いようだ。

今回の調査で、費用面を気にして手術を躊躇している方が多いことがわかった。しかし、実は眼瞼下垂は美容形成の自由診療だけでなく、形成外科での保険適用も可能。つまり、保険適用手術が可能なクリニックを見つければ、リーズナブルに手術を受けられるということだ。

眼瞼下垂は放置すると視野が狭くなるだけでなく、肩こりや首こりなどの症状を引き起こす恐れもある。そのため、放置せず早めに手術を受けることが重要! まずは通える範囲に保険適用が可能なクリニックがあるかどうか、探してみてはどうだろうか。

※記事中のデータはすべて、皮膚疾患(粉瘤、脂肪腫など)の日帰り手術「アイシークリニック(https://ic-clinic.com/)協力のもと作成。

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング
  2. 眼科医が推奨!目のかすみや眼精疲労に効く「顔のツボ」8つ
  3. 1日1分見るだけで目が良くなるすごい写真|老眼や眼精疲労対策に!…
  4. 1日5分で目の老化ストップ!目のはたらきを回復する「基本体操」
  5. 実は視力より大事!目のはたらき低下度がわかる23の簡単チェックリ…
PAGE TOP