新着記事

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

ドクターエルCC|骨盤を立たせて疲労軽減。ほどよい硬さが心地よい

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也

多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから仕方ない」と諦めて老眼鏡を新調するか、「まだまだ若い」と言い聞かせて不便な裸眼のまま頑張り続ける。

それに対して、「老眼になってもあきらめる必要はありません。老眼はよくすることができます。一方で対応を間違えると目だけでなく体調が悪くなります」と言うのは、国東大宮メディカルセンターなどで眼科医として活躍する平松類医学博士。著書の『老眼のウソ』(時事通信出版局)では、ほとんどの日本人が知らない老眼にまつわる新情報を提供している。

例えば「目にいい生活とトレーニング」と題された章では、老眼はトレーニングで改善するか否かについて考察されている。医療界では、老眼の治療について「しても無駄だ」派と「予防・改善できる」派に分かれているそうで、平松博士は後者の立場である。

老眼のトレーニング法はある

漠然と視力回復をうたったトレーニング法なら、雑誌・書籍・テレビでしばしば目にする。平松博士によれば、そういったものにバリエーションはあまたあれど、だいたいが毛様体筋を鍛えるというものだという。

それらは、老眼にもそれなりに効果はあると言うが、平松博士がイチオシするのが、「ガボールパッチ」を使ったトレーニング。

このトレーニングは、種類の異なるたくさんのガボールパッチ(白と黒の曖昧な縞模様)が印刷された見開きページを見て、全く同一のパッチ同士を探すというもの。

ガボールパッチの例(出典:NeuroAnaToday)

これは目と脳をうまく連携させ、「目に入ってきた情報を処理する脳を鍛える」方法で、老眼には一番効果的だという。

老眼鏡とコンタクトレンズ

少なからぬ人が老眼鏡を忌避する理由として「老眼鏡をかけると老眼が進むから」というものがある。しかし、これは医学的に間違いで「老眼鏡を買うことにあまり躊躇しない方がいいです」と、平松博士は老眼鏡の使用に前向きだ。そして、これに抵抗をおぼえる人には、老眼用のコンタクトレンズをすすめている。これには、大別して左右で度数の異なるモノビジョンコンタクトと遠近両用コンタクトの2種類の選択肢があり、それぞれに長所・短所がある。

ただ、コンタクトレンズについては「過度の期待をしないこと」と釘を刺している。これはメガネよりレンズの加工が難しいからで、何度か微調整して最適のものを見つける試行錯誤が覚悟できる人向けなのだそう。

手術で老眼は「治る」のか?

手術で視力回復といえば、近視を治すレーシックが有名だが、老眼を治す手術もあるという。これには何種類かあるが、平松博士が推すのは、「眼内レンズ手術」。これは、目の水晶体を取り除いて、そこに人工のレンズを埋め込むというドラスティックなやり方。

運転時も読書時もメガネが要らなくなってゴルフも上達し、「若々しく見えるね」と言われるようになった大成功の例もある。ただし、視力が若い頃と同じように戻るわけではなく、やはり「見え方の精度は落ち、中間距離は見にくいまま」というのが実情のようだ。

*  *  *

このほか、本書では老眼の薬についても言及されている。これは海外で開発中で、まだ実用の段階に至っていないというが、老眼治療の革命を予感させる話ではある。

本書を通読して感じたのは、老眼治療・予防はまだ発展途上であり、現時点では「これだ」と言えるような決定的な療法はないということ。そのため、本格的な老眼医療へ向けての中間報告的な印象もなくはないが、ほぼ確実なことは、放置すれば日常生活に不便なだけでなく、頭痛・肩こりなどの不定愁訴を引き起こすという点。やはり、老眼鏡を含めた何らかの具体策を検討し、実行するのが望ましいようだ。

【今日の健康に良い1冊】
『老眼のウソ』
http://book.jiji.com/books/publish/p/v/1012
(平松類著、本体1,400円+税、時事通信出版局)

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年…
  2. 運動 「メタボ」「疲れやすい」は、筋肉の衰えのシグナル
  3. 眼瞼下垂の病名の認知度は17.7% さらに眼瞼下垂保険適用手術の認知度が低いことが判明 上まぶたが黒目にかぶってしまう「眼瞼下垂」|手術を拒否した人の9…
  4. 「健康寿命を10年引き延ばす」呼吸を改善する生活習慣とは? 健康寿命を10年引き延ばす|呼吸を改善する生活習慣とは?
  5. 夜起きてのトイレは「寿命が縮まるサイン」?! 快尿を実現する方法とは? 夜中のトイレは「寿命が縮まるサイン」!?|快尿を実現する方法
PAGE TOP