新着記事

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

1日1分見るだけで目が良くなるすごい写真|老眼や眼精疲労対策に!

とくにサライ世代で車の運転をする方は、「よく見えなくなった」「夜運転するのがどうも疲れる」「長い時間、運伝すると目がかすむ」というように、目の衰えを切実に感じているのではないでしょうか。

加齢とともに目は弱まりますが、そもそも老眼はピントを合わせる水晶体の硬化が原因のひとつ。ですからストレッチと同じで、日々の眼のメンテナンスが大切です。

今回は、眼の専門医で『Y’sサイエンスクリニック』院長の林田康隆さんの著書『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』(アスコム)から、目を鍛えるための驚きの方法をご紹介しましょう。

眼を良くするポイントはたったの2つ

じつは現代人の目は、ずっとテレビやパソコンやスマホを見続けるなどにより、その動きが単調になっています。デジタル機器の普及で現代人の目の不調は「あまりにも急激な変化に目が悲鳴を上げている状態」と林田先生は述べています。

目が良い人たちというと、思い浮かぶのはアフリカの草原に暮らす人たち。はるか遠くを見る習慣がある人たちは視力が4.0とも言われますが、そんなアフリカの目がいい人たちの目を使う習慣をヒントにしたのが、本書なのです。

残念ながらアフリカの草原のような環境にいない日本人にとって、目を鍛える方法は以下の2つに集約されるとのことです。

(その1)ピントを合わせる目の筋肉をほぐす

目の不調は、水晶体の厚みをコントロールしてピントを合わせる「毛様体筋」という筋肉のこりが大きな原因となります。このこりをほぐすには、近くのものと遠くのものを交互に見る「遠近トレーニング」が有効だということです。

(その2)「脳内視力」を鍛える

微妙な明るさや、色彩の変化など、目に入った情報は脳で処理されます。脳では視覚に限らず外界からのすべての情報が処理されていますが、その情報の大部分を視覚に頼っていることを考えると、脳を鍛えることこそが、視力を鍛える一つの鍵となります。

そして同書で林田先生は、特定の写真を見ることで、こういった2つのポイントをおさえつつ目を鍛えることができると提唱しているのです。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 眼瞼下垂の病名の認知度は17.7% さらに眼瞼下垂保険適用手術の認知度が低いことが判明 上まぶたが黒目にかぶってしまう「眼瞼下垂」|手術を拒否した人の9…
  2. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  3. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  4. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
  5. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
PAGE TOP