新着記事

もみじ盆栽|漆器の鉢植えのもみじで四季の移ろいを楽しむ

国宝 海磯鏡 唐または奈良時代・8世紀 東京国立博物館(法隆寺献納宝物)(通期展示)

正倉院宝物と法隆寺献納宝物が一堂に【御即位記念特別展 正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―】

イマドキ60代独身は「気楽」「自由」を背景に約半数が老後も「1人で過ごしたい」

結婚しない60代は「気楽」「自由」に、老後も1人で過ごしたい

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

楊洲周延著 千代田の大奥神田祭礼上覧 狆のくるひ(国立国会図書館アーカイブズ)

狆と呼んだ娘と結婚した日露戦争の英雄・秋山好古

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから!痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから! 痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

IMABARI コットンスヌード|無造作に巻いても形が決まる、暖かなコットン襟巻き

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

1日1分見るだけで目が良くなるすごい写真|老眼や眼精疲労対策に!

とくにサライ世代で車の運転をする方は、「よく見えなくなった」「夜運転するのがどうも疲れる」「長い時間、運伝すると目がかすむ」というように、目の衰えを切実に感じているのではないでしょうか。

加齢とともに目は弱まりますが、そもそも老眼はピントを合わせる水晶体の硬化が原因のひとつ。ですからストレッチと同じで、日々の眼のメンテナンスが大切です。

今回は、眼の専門医で『Y’sサイエンスクリニック』院長の林田康隆さんの著書『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』(アスコム)から、目を鍛えるための驚きの方法をご紹介しましょう。

眼を良くするポイントはたったの2つ

じつは現代人の目は、ずっとテレビやパソコンやスマホを見続けるなどにより、その動きが単調になっています。デジタル機器の普及で現代人の目の不調は「あまりにも急激な変化に目が悲鳴を上げている状態」と林田先生は述べています。

目が良い人たちというと、思い浮かぶのはアフリカの草原に暮らす人たち。はるか遠くを見る習慣がある人たちは視力が4.0とも言われますが、そんなアフリカの目がいい人たちの目を使う習慣をヒントにしたのが、本書なのです。

残念ながらアフリカの草原のような環境にいない日本人にとって、目を鍛える方法は以下の2つに集約されるとのことです。

(その1)ピントを合わせる目の筋肉をほぐす

目の不調は、水晶体の厚みをコントロールしてピントを合わせる「毛様体筋」という筋肉のこりが大きな原因となります。このこりをほぐすには、近くのものと遠くのものを交互に見る「遠近トレーニング」が有効だということです。

(その2)「脳内視力」を鍛える

微妙な明るさや、色彩の変化など、目に入った情報は脳で処理されます。脳では視覚に限らず外界からのすべての情報が処理されていますが、その情報の大部分を視覚に頼っていることを考えると、脳を鍛えることこそが、視力を鍛える一つの鍵となります。

そして同書で林田先生は、特定の写真を見ることで、こういった2つのポイントをおさえつつ目を鍛えることができると提唱しているのです。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 眼瞼下垂の病名の認知度は17.7% さらに眼瞼下垂保険適用手術の認知度が低いことが判明 上まぶたが黒目にかぶってしまう「眼瞼下垂」|手術を拒否した人の9…
  2. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  3. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  4. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
  5. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
PAGE TOP