新着記事

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒

取材・文/関屋淳子富山県東部、富山湾に面する魚津市(うおづし)は古来、魚の産地としてその…

新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった

新発見の『江戸始図(えどはじめず)』から、徳川家康が築城した初代江戸城の実像が浮かび上がった。それは…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

眼科医が推奨!目のかすみや眼精疲労に効く「顔のツボ」8つ

目の疲れ、かすみ、ドライアイ、小さな文字が見えにくい……そんな目の不調を覚えるサライ世代は多いでしょう。

そこで今回は、目の専門医で『Y’sサイエンスクリニック』院長の林田康隆さんの著書『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』(アスコム)から、目の疲れを取るツボをお伝えしていきましょう。

■顔にあるツボが目に効く理由とは?

顔にあるツボを押すことで目が良くなる理由について、林田先生は「顔にあるツボを押すことで、血行が促進され、目の不調が改善されたり、目が疲れにくくなるなどの効果があります」と説明します。さらに、目元のシワが取れる、顔色がよくなるなどの、うれしいおまけも付いてくるとのこと。

それでは林田先生推奨の「目に良い8つのツボ」の場所と効果をご紹介していきましょう。

※本書85ページから引用 イラスト/オガワナホ

■1:晴明(せいめい)――A

目頭のくぼみにある、 指で軽く押したとき鼻の奥に刺激を感じるところです。眼精疲労の解消や、目元のシワ取り効果があります。

■2:太陽(たいよう)――B

眉尻と目尻の中間から、 ややこめかみ寄りのところにあるツボです。眼精疲労の解消や、かすみ目の改善に効果ありです。

■3:顴髎(けんりょう)――C

ほお骨の隆起しているところのすぐ下、目尻から真下におろした線と、鼻の穴の高さから水平に伸ばした線とが交差するところです。白目の黄ばみを防止したり、眼精疲労の解消、目元のシワの予防にも効果ありです。

■4:瞳子髎(どうしりょう)――D

目尻から親指一本分外側にある、骨のくぼみのところです。目元のシワ取り、頭痛改善にも効果ありです。

■5:陽白(ようはく)――E

黒目の中心の線上で、 眉毛から親指一本分ほど上の部分にあります。眼精疲労の解消、かすみ目・充血の改善に効果ありです。

■6:四白(しはく)――F

黒目の真下にある骨の部分から、やや下のところです。眼精疲労の解消、目のけいれん解消の効果ありです。

■7:攅竹(さんちく)――G

眉毛の鼻側のはし。 親指でさぐると、大きくへこんでいるところです。眼精疲労、 ドライアイの解消、頭痛、 三叉神経痛を和らける効果もあります。

■8:承泣(しょうきゅう)――H

黒目の真下にある骨のくぼみの上縁です。眼精疲労、特に目のかすみの解消に効果ありです。

*  *  *

以上、林田先生推奨の「目に良い8つのツボ」をご紹介しました。順番は関係なく、気になるツボを選んで押してみてください。

これらのツボを押して見ると、他の部分とは違う“効く”感じがあるので、わかりやすいでしょう。ただ、顔のツボは強く押すとかえって逆効果になるので、イタ気持ちいいと感じる程度の強さで押しましょう。

※ 眼球そのものの圧迫は絶対にNGです! 眼球はとても繊細で精密な感覚器のため、わずかな形状の変化でも視力や見え方に影響を及ぼしたり、病気のリスクを高めることにつながります。あくまで眼球の周囲を押す、というのがポイントです。

【参考書籍】
『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』
(林田康隆著、1300円+税、アスコム)

http://www.ascom-inc.jp/books/detail/978-4-7762-0944-7.html

文/庄司真紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 50代男性ヘルニア患者の腰痛の原因「トリガーポイント」はどこ?【…
  2. 歳だから…とあきらめない!専門医が教える「ひざ痛」解消運動
  3. 北欧発のスポーツ「ノルディック・ウォーク」健康効果と上達のコツ
  4. 認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞…
  5. ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口…
PAGE TOP