新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

眼科医が推奨!目のかすみや眼精疲労に効く「顔のツボ」8つ

目の疲れ、かすみ、ドライアイ、小さな文字が見えにくい……そんな目の不調を覚えるサライ世代は多いでしょう。

そこで今回は、目の専門医で『Y’sサイエンスクリニック』院長の林田康隆さんの著書『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』(アスコム)から、目の疲れを取るツボをお伝えしていきましょう。

■顔にあるツボが目に効く理由とは?

顔にあるツボを押すことで目が良くなる理由について、林田先生は「顔にあるツボを押すことで、血行が促進され、目の不調が改善されたり、目が疲れにくくなるなどの効果があります」と説明します。さらに、目元のシワが取れる、顔色がよくなるなどの、うれしいおまけも付いてくるとのこと。

それでは林田先生推奨の「目に良い8つのツボ」の場所と効果をご紹介していきましょう。

※本書85ページから引用 イラスト/オガワナホ

■1:晴明(せいめい)――A

目頭のくぼみにある、 指で軽く押したとき鼻の奥に刺激を感じるところです。眼精疲労の解消や、目元のシワ取り効果があります。

■2:太陽(たいよう)――B

眉尻と目尻の中間から、 ややこめかみ寄りのところにあるツボです。眼精疲労の解消や、かすみ目の改善に効果ありです。

■3:顴髎(けんりょう)――C

ほお骨の隆起しているところのすぐ下、目尻から真下におろした線と、鼻の穴の高さから水平に伸ばした線とが交差するところです。白目の黄ばみを防止したり、眼精疲労の解消、目元のシワの予防にも効果ありです。

■4:瞳子髎(どうしりょう)――D

目尻から親指一本分外側にある、骨のくぼみのところです。目元のシワ取り、頭痛改善にも効果ありです。

■5:陽白(ようはく)――E

黒目の中心の線上で、 眉毛から親指一本分ほど上の部分にあります。眼精疲労の解消、かすみ目・充血の改善に効果ありです。

■6:四白(しはく)――F

黒目の真下にある骨の部分から、やや下のところです。眼精疲労の解消、目のけいれん解消の効果ありです。

■7:攅竹(さんちく)――G

眉毛の鼻側のはし。 親指でさぐると、大きくへこんでいるところです。眼精疲労、 ドライアイの解消、頭痛、 三叉神経痛を和らける効果もあります。

■8:承泣(しょうきゅう)――H

黒目の真下にある骨のくぼみの上縁です。眼精疲労、特に目のかすみの解消に効果ありです。

*  *  *

以上、林田先生推奨の「目に良い8つのツボ」をご紹介しました。順番は関係なく、気になるツボを選んで押してみてください。

これらのツボを押して見ると、他の部分とは違う“効く”感じがあるので、わかりやすいでしょう。ただ、顔のツボは強く押すとかえって逆効果になるので、イタ気持ちいいと感じる程度の強さで押しましょう。

※ 眼球そのものの圧迫は絶対にNGです! 眼球はとても繊細で精密な感覚器のため、わずかな形状の変化でも視力や見え方に影響を及ぼしたり、病気のリスクを高めることにつながります。あくまで眼球の周囲を押す、というのがポイントです。

【参考書籍】
『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』
(林田康隆著、1300円+税、アスコム)

http://www.ascom-inc.jp/books/detail/978-4-7762-0944-7.html

文/庄司真紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 眼瞼下垂の病名の認知度は17.7% さらに眼瞼下垂保険適用手術の認知度が低いことが判明 上まぶたが黒目にかぶってしまう「眼瞼下垂」|手術を拒否した人の9…
  2. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  3. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  4. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
  5. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
PAGE TOP