新着記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

サラエヴォ市民の命をつないだ「希望のトンネル」|ボスニア・ヘルツェゴヴィナ民族紛争を振り返る

美味しいものを美味しく食べたい|味覚障害と唾液の深い関係(前編)

味覚障害はなぜおこる?|味覚障害と唾液の深い関係

【ビジネスの極意】できる人のフリをする迷惑な人たち

【ビジネスの極意】できる人のフリをする迷惑な人たち

クールビズでもノータイはちょっと…という人にリンクルカラーを推す理由

世界中からプレスやソムリエなどが集まり、現在のシャンパーニュの最新の流れや傾向を知るため試飲を繰り返す。

小さな農家の生産者が造るオリジナルのシャンパーニュ|シャンパンの新潮流を味わう(フランス・ランス)

姫路城

「日本の城」ランキング|名古屋城、松江城、犬山城が躍進!

中高年のセカンドライフに関する意識調査

【私の理想のセカンドライフ】女性は「時間を気にせずゆっくりすごしたい」

プロっぽい純銅製の玉子焼きで玉子焼き職人を目指すのだ!

『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)

マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の秘密|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道7】

『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』

1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

100歳の家事評論家が気づいた長寿のコツは「前向きな手抜き」

文/鈴木拓也

家事評論家・エッセイストとして長年にわたり活躍する吉沢久子さん。1918年生まれで、1月には100歳を迎えたが、今も健筆をふるう。

そんな吉沢さんの元気と長寿の秘密を1冊にまとめたのが、『100歳まで生きる手抜き論 ようやくわかった長寿のコツ』(幻冬舎)だ。書名のとおり、長生きのコツとは適度な「手抜き」であることが、くわしく説かれていて興味深い。

例えば食事。世間では、糖質制限やらグルテンフリーやら、食と健康に関する様々な論説がかまびすしい。しかし、吉沢さんの食養法には、何かを制限したり、逆にこれだけは毎日食べるといったものはない。方針は、きわめてシンプル。「おいしい食事が健康の秘訣」である。

食事には、「こうでなくては」というルールはありません。楽しめるものは、何でも楽しみます。たとえば、自宅の庭で育った野菜を収穫し、採れたてを調理して食べるのは楽しみの一つ。全国各地から特産品などをとり寄せるのも大好きですし、知人が、「きっとこれはお好きだと思って」などと言って贈ってくれるものには、いつも心が躍ります。
(本書p.107~108より引用)

時には外食をして、寿司やてんぷらに舌鼓をうち、デパ地下の総菜も和洋中問わず好きなものを食べるそう。そして食べる量も「腹八分」が良いことは理解しつつ、それにはとらわれないという。自分で料理を作る時も、何食か作り置きしたり、道具を活用して調理の手間を省くなど、ほどよい加減の手抜きがよいとする。

運動習慣も、歩数目標を決めてウォーキングしたりでなく、「仕事や家の用事のついでに、体を動かしておこう」というあんばい。

牛乳を火にかけて温めるときなど、ちょっとした隙間時間でシンクにつかまってスクワットをしたり、椅子に座っているときにストレッチのまねごとをしてみたり、特別に時間をとらない「手抜き」運動でも、案外、効果はあるものです。
(本書p.46より引用)

吉沢さんは、食事や運動のようにダイレクトに健康にかかわることばかりでなく、人づきあいや掃除など、生活における万事でほどよく手を抜くことが、長寿の秘訣であると諭す。

ただし、「手抜きとだらしなさは別物」であるとも。洋服は手入れが楽な物を選んで着るのはいいが、清潔感なくだらしなく着るようなライフスタイルにはダメだしする。そして、自分は「まだまだ大丈夫だ」などと過信すると、ケガなど思わぬトラブルにつながるリスクについても、「自戒を込めて」記している。

日本の100歳人口はいまや6万人を超えたが、ストイックに健康に留意し続けて100歳を迎えたという話はあまり聞かない。やはり、吉沢さんの言うように「手抜き」を生活に取り入れることが、最良の健康法なのだろう。

【今日の健康に良い1冊】
100歳まで生きる手抜き論 ようやくわかった長寿のコツ
(吉沢久子著、本体780円+税、幻冬舎)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 長命を誇った著名画家たちに学ぶ長生きのヒント|『一流の画家はなぜ…
  2. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  3. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  4. 「元気長寿者」の暮らしぶり|『百まで生きる覚悟』 「元気長寿者」の暮らしぶり|『百まで生きる覚悟』
  5. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
PAGE TOP