新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

100歳の家事評論家が気づいた長寿のコツは「前向きな手抜き」

文/鈴木拓也

家事評論家・エッセイストとして長年にわたり活躍する吉沢久子さん。1918年生まれで、1月には100歳を迎えたが、今も健筆をふるう。

そんな吉沢さんの元気と長寿の秘密を1冊にまとめたのが、『100歳まで生きる手抜き論 ようやくわかった長寿のコツ』(幻冬舎)だ。書名のとおり、長生きのコツとは適度な「手抜き」であることが、くわしく説かれていて興味深い。

例えば食事。世間では、糖質制限やらグルテンフリーやら、食と健康に関する様々な論説がかまびすしい。しかし、吉沢さんの食養法には、何かを制限したり、逆にこれだけは毎日食べるといったものはない。方針は、きわめてシンプル。「おいしい食事が健康の秘訣」である。

食事には、「こうでなくては」というルールはありません。楽しめるものは、何でも楽しみます。たとえば、自宅の庭で育った野菜を収穫し、採れたてを調理して食べるのは楽しみの一つ。全国各地から特産品などをとり寄せるのも大好きですし、知人が、「きっとこれはお好きだと思って」などと言って贈ってくれるものには、いつも心が躍ります。
(本書p.107~108より引用)

時には外食をして、寿司やてんぷらに舌鼓をうち、デパ地下の総菜も和洋中問わず好きなものを食べるそう。そして食べる量も「腹八分」が良いことは理解しつつ、それにはとらわれないという。自分で料理を作る時も、何食か作り置きしたり、道具を活用して調理の手間を省くなど、ほどよい加減の手抜きがよいとする。

運動習慣も、歩数目標を決めてウォーキングしたりでなく、「仕事や家の用事のついでに、体を動かしておこう」というあんばい。

牛乳を火にかけて温めるときなど、ちょっとした隙間時間でシンクにつかまってスクワットをしたり、椅子に座っているときにストレッチのまねごとをしてみたり、特別に時間をとらない「手抜き」運動でも、案外、効果はあるものです。
(本書p.46より引用)

吉沢さんは、食事や運動のようにダイレクトに健康にかかわることばかりでなく、人づきあいや掃除など、生活における万事でほどよく手を抜くことが、長寿の秘訣であると諭す。

ただし、「手抜きとだらしなさは別物」であるとも。洋服は手入れが楽な物を選んで着るのはいいが、清潔感なくだらしなく着るようなライフスタイルにはダメだしする。そして、自分は「まだまだ大丈夫だ」などと過信すると、ケガなど思わぬトラブルにつながるリスクについても、「自戒を込めて」記している。

日本の100歳人口はいまや6万人を超えたが、ストイックに健康に留意し続けて100歳を迎えたという話はあまり聞かない。やはり、吉沢さんの言うように「手抜き」を生活に取り入れることが、最良の健康法なのだろう。

【今日の健康に良い1冊】
100歳まで生きる手抜き論 ようやくわかった長寿のコツ
(吉沢久子著、本体780円+税、幻冬舎)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 健康で幸せに歳を重ねるために|『人生100年、長すぎるけどどうせなら健康に生きたい。 病気にならない100の方法』 「白い主食」は老化の一因になる|『人生100年、長すぎるけどどう…
  2. 長命を誇った著名画家たちに学ぶ長生きのヒント|『一流の画家はなぜ…
  3. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  4. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  5. 「元気長寿者」の暮らしぶり|『百まで生きる覚悟』 「元気長寿者」の暮らしぶり|『百まで生きる覚悟』
PAGE TOP