新着記事

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

耳を押すだけ!認知症予防の専門医が奨める「耳押し体操」3つ

文/鈴木拓也

高齢化社会の進展に伴い、増加し続ける認知症患者。いまや65歳以上の7人に2人が、認知症もしくは(認知症予備群といわれる)軽度認知障害を発症しているという。

認知症予防専門のひろかわクリニックの広川慶裕院長は、近著『認知症にならないクセづくり 予防は何歳からでも!』(ワニブックス)の中で、よく知られているアルツハイマー型認知症について、高齢になって突然発症するのではなく、40代からその予兆があるとしている。

「発症するまでには20~25年の猶予があります。グレーゾーンの間に生活習慣を整え、アクティブに暮らして健康寿命を延ばす。健康なままゴールを迎えようというものです」(同書より)

発症を予防する中でも重要な柱が「血流を良くする」ことだという広川院長が、同書の中で紹介している血流を良くする呼吸法や体操をいくつか紹介しよう。いずれも場所も時間もとらず気軽にできるものばかりだ。

■1:耳を後ろから折りたたんで押す

手のひらを広げて耳の後ろに当て、後ろから前方向に耳全体をたたむ(両耳同時に)。

手のひら全体で押さえるようにして、耳をたたんだ状態を3~5秒間キープ。目の周りがぽかぽかしてくるはず。

■2:耳を上から折りたたんで押す

次はたたむ方向を変える。手のひらを広げて耳の上に当て、上から下方向に耳をたたむ。

耳をたたんだ状態を3~5秒間キープ。耳を軽く頭部に押し付けるようにするとよい。

■3:耳を下から折りたたんで押す

さらにたたむ方向を変える。手のひらを広げて耳の下に当て、下から上方向にたたむ。

手のひらで耳を押して、折りたたんだ状態を3~5秒間キープ。手のひらを離すと血流がアップしたことが感じられる。

広川院長自身、朝、仕事中、寝る前など、1日に何度もやっているという。「すぐに効果を実感できる」とのことで、まずは上に挙げた『耳押し体操』を続けてみて、さらに本書を読まれて他のエクササイズも実践するとよいだろう。

同書では、血流改善だけでなく、認知症予防の有効な対策として、頭と体を一緒に動かす「ながら体操」や、睡眠や食事の習慣、クイズ感覚で行う「認トレ」ドリルなど、多くの内容が詰まっている。昨日食べた晩御飯のメニューが思い出せないなど、若い時にはなかった物忘れがいろいろ気になったら、取り組んでみるとよいだろう。

【今日の健康に良い1冊】
『認知症にならないクセづくり 予防は何歳からでも!』
(広川慶裕著、本体1,200円+税、ワニブックス)
https://www.wani.co.jp/event.php?id=5591

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

画像提供/ワニブックス(画像モデル/ハイヒールリンゴ)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  2. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  3. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
  4. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  5. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
PAGE TOP