新着記事

「8割以上がかかる可能性がある」新国民病の「熟年期障害」とは|『熟年期障害』

60代の「やる気が起こらない」「体がだるい」は危険のサイン!?|「老人性うつ」「認知症」を引き起こす新国民病「熟年期障害」とは何か?

今後の焦点は、秀吉の「中国大返し」の真相(写真は有馬温泉の秀吉像)

大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート| 明智光秀と羽柴秀吉~本当の逆臣はどちらか?

常滑焼黒土九十九急須|99個の茶漉し穴で、香り高いお茶を抽出できる

理想のデート

7割以上の女性が理想のデート未経験|オトナ女子の理想のデートとは?

荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

画面ロックしないと起こる危険なこと【スマホ基本のき 第5回】

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

ティッシュペーパーで声を若返らせる簡単セルフトレーニング

文/鈴木拓也

みなさんは、「らぬ・らぬ・らぬ・らぬ・らぬ」と、「らぬ」を5回連続してよどみなく言えるだろうか? 途中から「なる」になってしまうなら、もしかすると滑舌が衰え、声が老化しているかもしれない。

上野ヴォーカルアカデミー代表の上野実咲さんによれば、「らぬ」のつもりが「なる」になるのは、「唇や舌を動かす口の周りの筋肉が、反復運動に耐えられない状態にまで弱っている証拠」だという。つまり、年とともに身体の筋力が衰えていくのと同じで、発声にかかわる口、舌、声帯の筋力も衰えてゆくというのだ。

上野ヴォーカルアカデミー代表の上野実咲さん

上野さんは、声を老けさせてしまう筋力の低下を防止するだけでなく、若返らせるほど効果のあるメソッドの数々を、著書『声が20歳若返るトレーニング』(ヤマハミュージックメディア)にまとめている。

いずれも、自宅で行えるセルフトレーニングで習得は容易。詳細は本書をお読みいただくとして、ここではその1つ「ティッシュトレーニング」を紹介したい。

【用意するもの】
ティッシュペーパー4~5枚

【やりかた】
(1)ティッシュペーパー全部を手で丸め、ピンポン玉くらいの大きさにする。

(2)口の中にいれ軽く噛む。このとき上下の唇で、ティッシュペーパーが口にすっぽりはまり込むようにくわえる(唇の力で固定し、隙間ができないように注意)

(3)鼻から息が抜けないよう、大きな声で「うー」と発声する。発声したときに、息は丸めたティッシュペーパーを通り抜けるようにし、頬はふくらまさないようにするのが大事。これを2分ほど繰り返す。

このセルフトレーニングを毎日続けることで、加齢によって衰えた複数の筋肉を無理なく鍛え、遠くに響く声を自然に出せるようになるという。

上野さんは、本書で次のように述べている。

人の声の印象は最初に決まります。極端に言えば、第一声が若々しければ、声の印象はまるで変ってくるのです。(本書p.28より引用)

ティッシュトレーニングは、その第一声を力まずに出すのに効果的。ティッシュペーパーを口から取り出して声を出したときに、発声が楽になっているはずで即効性もある。

もう1つだけ、本書にある簡単なセルフトレーニングを紹介しよう。それは母音だけで本・新聞を読むというもの。

例えば、「吾輩は猫である。名前はまだない」は、「あああいあ えおえあう ああえあ あああい」となる。この訓練は、母音をきちんと発声できるようにし、発音が聞き取りやすく、かつ声の響きを明るくする効果があるという。

本書ではこのほか、割ばしを奥歯でくわえて発声する「割ばしトレーニング」や、ペットボトルで(発声力に必要な)腹式呼吸を身につける「ペットボトルトレーニング」など、習得も継続も容易な方法が載っている。声から若返らせたい方は、1つずつトライしてみるとよいだろう。

【今日の健康に良い1冊】
声が20歳若返るトレーニング
(上野実咲著、本体1,500円+税、ヤマハミュージックメディア)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  2. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  3. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
  4. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  5. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
PAGE TOP