新着記事

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

料理レシピ

お酒のアテにぴったり!一晩でできる『豆腐百珍』の「味噌漬豆腐」【再現!江戸飯レシピ 第1回】

misoduke_01

今回から始まるシリーズ「再現!江戸飯レシピ」。江戸時代の料理本を元に、筆者が当時の料理を再現し、そのレシピをご紹介します。

第1回目のレシピは、『豆腐百珍』の「奇品」部門に掲載されている「味噌漬豆腐」です。

『豆腐百珍』とは、天明二(1782)年に発行された、豆腐料理ばかりを100種類紹介する料理本。大ベストセラーになり、この後、『鯛百珍料理秘密箱』や『万宝料理秘密箱』(玉子百珍)など、いわゆる“百珍物”と呼ばれる類似本が次々と発刊されたそうです。

『豆腐百珍』は、尋常品・通品・佳品・奇品・妙品・絶品と6種類に分類されており、本書の凡例によると、奇品とは「ひと際風変りで誰もが思いもよらない料理」と定義づけられていました。

では、実際に「味噌漬とうふ」を作ってみましょう。分量や細かい作り方は本書に記されていないため、筆者が作った方法でご紹介します。

水切りした豆腐を味噌に漬けて、ひと晩置くだけと、とっても簡単! 少しもったりとした舌触りで、チーズのような味わいになります。日本酒のアテにぴったりの逸品です。

■「味噌漬とうふ」の作り方
misoduke_02
◎材料
木綿豆腐 一丁
味噌 約400g

misoduke_03

①豆腐一丁を半分に切り、キッチンペーパーで包んで、す巻きで巻き……。

misoduke_05

②その上に重しをのせて30分程度置き、水気をしっかり切ります。

misoduke_06

③水気を切った豆腐を新しいキッチンペーパーで包み、タッパーで味噌漬けにします。

misoduke_07

④ひと晩置いたら食べ頃です。味噌をきれいに落とし、スライスしていただきます。

■江戸の味により近づけるなら、「仙台味噌」や「江戸甘味噌」で漬ける

いかがでしょうか? 今回は、自家製味噌(辛口の赤味噌)で漬けこんでみましたが、より当時の味に近づけたいなら、江戸っ子に人気だったという「仙台味噌」、または「江戸甘味噌」で漬けこむのがおすすめです。

「仙台味噌」は、濃厚な風味で辛口の赤味噌。江戸で流行した「仙台味噌」は、仙台藩で作られたものではなく、仙台藩の下屋敷で作られた味噌だったそうです。もともとは藩邸内で食べたり備蓄したりする目的で作り始めたのが、近隣におすそわけしたことから評判となり、販売されるようになったといわれています。

「江戸甘味噌」は、味噌田楽やどじょう汁などでおなじみのこってり甘い味噌です。大豆の風味と麹の甘みが特徴的ですが、米麹をたっぷり使うため高級品だったそうです。

いろいろな味噌で漬けこんでみて、味の違いを比べてみるのもおもしろいかもしれません。

※参考:『料理百珍集』(校註・解説 原田信男/八坂書房)、『江戸料理読本』(著者・松下幸子/ちくま学芸文庫)、『日本ビジュアル生活史 江戸の料理と食生活』(編著者・原田信男/小学館)

文/小野寺佑子
撮影/五十嵐美弥

「再現!江戸飯レシピ」の他の記事へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 冬だからこそいただきたい、京都の「湯豆腐」と「京食材」|『南禅寺…
  2. ふき味噌との相性抜群!江戸流「牡蠣田楽」の作り方【再現!江戸飯レ…
  3. 鴨肉と味噌が相性抜群!江戸時代の「ことり雑炊」の作り方【再現!江…
  4. のんべえにおすすめ!江戸時代の「粕漬け卵」の作り方【再現!江戸飯…
  5. 独特な香りと旨味がクセに!滋賀の「鮒寿司」を使った簡単酒肴の作り…
PAGE TOP