新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

ワインの健康診断!ペンフォールズの「リコルキング・クリニック」が東京で開催

ワインを長期保存していると、コルク栓の影響によって品質の劣化や目減りといった現象が発生することがある。しかしこれらは、なかなか気がつきにくいもの。そこで推奨されるのが「リコルク」という作業である。

要は劣化したコルク栓を打ち直すことだが、栓の交換にとどまらず、同時にワインの状態チェックや充填といったメンテナンスも行われる。さながらヴィンテージワインの健康診断、といったところだ。

ただし、高度な技術や信頼性が求められる作業であるゆえ、基本的にはシャトーやセラーに持ち込んでの作業となり、なかなか実施するチャンスの少ない作業でもある。

もともとはシャトー・ラフィット・ロートシルトが顧客のために古いボトルの栓を入れ替える慣習からヒントを得てスタートさせたものだが、このリコルクによるワインの健康管理チェックサービスを積極的に行っているのが、オーストラリア最高峰のワインメーカー「ペンフォールズ」(輸入販売元:サッポロビール)だ。

同社によれば、このサービスを導入した1991年以来、26年間に15万本以上もの自社ワインの診察を実施してきたとのこと。世界の高級ワインメーカーの中でも、これだけの規模で実施しているところはないという。

この「リコルク」を受けられる同社のイベント「リコルキング・クリニック」が、初めて東京で開催されることになった。「ペンフォールズ」の15年以上のヴィンテージを有する赤ワインのみが対象となるが、来日するチーフ・ワインメーカーのピーター・ゲイゴ氏が一本一本の品質を丁寧に診断し、必要に応じて抜栓、試飲、ワインの充填、カプセルの交換をその場で行ってくれる。

アフターサービスの一環として、無償で受けられるのもうれしい。

ペンフォールズ「リコルキング・クリニック」

開催日 2017年7月28日(金)
場所 「アンダーズ東京」(東京・虎ノ門)
問い合わせ先メールアドレス info.japan@tweglobal.com (『リコルキング・クリニック』事務局)

なおこの「リコルキング・クリニック」は完全予約制のため、事前予約が必要となる。予約申込みは以下より。
https://www.penfolds.com/en-jp/wine-advice/recorking-clinic-registration

所有ワインのヘルスチェックだけでなく、170年以上にわたる「ペンフォールズ」のワイン造りの歴史や生産者のワイン造りに対する思いに触れる絶好の機会ともなる。自宅のセラーに「ペンフォールズ」の赤が眠っているという方は、参加を検討してはいかがだろうか。

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP