新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

ワインの健康診断!ペンフォールズの「リコルキング・クリニック」が東京で開催

ワインを長期保存していると、コルク栓の影響によって品質の劣化や目減りといった現象が発生することがある。しかしこれらは、なかなか気がつきにくいもの。そこで推奨されるのが「リコルク」という作業である。

要は劣化したコルク栓を打ち直すことだが、栓の交換にとどまらず、同時にワインの状態チェックや充填といったメンテナンスも行われる。さながらヴィンテージワインの健康診断、といったところだ。

ただし、高度な技術や信頼性が求められる作業であるゆえ、基本的にはシャトーやセラーに持ち込んでの作業となり、なかなか実施するチャンスの少ない作業でもある。

もともとはシャトー・ラフィット・ロートシルトが顧客のために古いボトルの栓を入れ替える慣習からヒントを得てスタートさせたものだが、このリコルクによるワインの健康管理チェックサービスを積極的に行っているのが、オーストラリア最高峰のワインメーカー「ペンフォールズ」(輸入販売元:サッポロビール)だ。

同社によれば、このサービスを導入した1991年以来、26年間に15万本以上もの自社ワインの診察を実施してきたとのこと。世界の高級ワインメーカーの中でも、これだけの規模で実施しているところはないという。

この「リコルク」を受けられる同社のイベント「リコルキング・クリニック」が、初めて東京で開催されることになった。「ペンフォールズ」の15年以上のヴィンテージを有する赤ワインのみが対象となるが、来日するチーフ・ワインメーカーのピーター・ゲイゴ氏が一本一本の品質を丁寧に診断し、必要に応じて抜栓、試飲、ワインの充填、カプセルの交換をその場で行ってくれる。

アフターサービスの一環として、無償で受けられるのもうれしい。

ペンフォールズ「リコルキング・クリニック」

開催日 2017年7月28日(金)
場所 「アンダーズ東京」(東京・虎ノ門)
問い合わせ先メールアドレス info.japan@tweglobal.com (『リコルキング・クリニック』事務局)

なおこの「リコルキング・クリニック」は完全予約制のため、事前予約が必要となる。予約申込みは以下より。
https://www.penfolds.com/en-jp/wine-advice/recorking-clinic-registration

所有ワインのヘルスチェックだけでなく、170年以上にわたる「ペンフォールズ」のワイン造りの歴史や生産者のワイン造りに対する思いに触れる絶好の機会ともなる。自宅のセラーに「ペンフォールズ」の赤が眠っているという方は、参加を検討してはいかがだろうか。

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP