新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

ワインの健康診断!ペンフォールズの「リコルキング・クリニック」が東京で開催

ワインを長期保存していると、コルク栓の影響によって品質の劣化や目減りといった現象が発生することがある。しかしこれらは、なかなか気がつきにくいもの。そこで推奨されるのが「リコルク」という作業である。

要は劣化したコルク栓を打ち直すことだが、栓の交換にとどまらず、同時にワインの状態チェックや充填といったメンテナンスも行われる。さながらヴィンテージワインの健康診断、といったところだ。

ただし、高度な技術や信頼性が求められる作業であるゆえ、基本的にはシャトーやセラーに持ち込んでの作業となり、なかなか実施するチャンスの少ない作業でもある。

もともとはシャトー・ラフィット・ロートシルトが顧客のために古いボトルの栓を入れ替える慣習からヒントを得てスタートさせたものだが、このリコルクによるワインの健康管理チェックサービスを積極的に行っているのが、オーストラリア最高峰のワインメーカー「ペンフォールズ」(輸入販売元:サッポロビール)だ。

同社によれば、このサービスを導入した1991年以来、26年間に15万本以上もの自社ワインの診察を実施してきたとのこと。世界の高級ワインメーカーの中でも、これだけの規模で実施しているところはないという。

この「リコルク」を受けられる同社のイベント「リコルキング・クリニック」が、初めて東京で開催されることになった。「ペンフォールズ」の15年以上のヴィンテージを有する赤ワインのみが対象となるが、来日するチーフ・ワインメーカーのピーター・ゲイゴ氏が一本一本の品質を丁寧に診断し、必要に応じて抜栓、試飲、ワインの充填、カプセルの交換をその場で行ってくれる。

アフターサービスの一環として、無償で受けられるのもうれしい。

ペンフォールズ「リコルキング・クリニック」

開催日 2017年7月28日(金)
場所 「アンダーズ東京」(東京・虎ノ門)
問い合わせ先メールアドレス info.japan@tweglobal.com (『リコルキング・クリニック』事務局)

なおこの「リコルキング・クリニック」は完全予約制のため、事前予約が必要となる。予約申込みは以下より。
https://www.penfolds.com/en-jp/wine-advice/recorking-clinic-registration

所有ワインのヘルスチェックだけでなく、170年以上にわたる「ペンフォールズ」のワイン造りの歴史や生産者のワイン造りに対する思いに触れる絶好の機会ともなる。自宅のセラーに「ペンフォールズ」の赤が眠っているという方は、参加を検討してはいかがだろうか。

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP