新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない、部屋干しの新事実

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない「部屋干し」の新事実

オーギュスト・ルノワール《ピアノを弾く少女たち》1892年頃 Photo (c) RMN-Grand Palais(musée de l' Oangerie) / Franck Raux / distributed by AMF

ヨーロッパ屈指の絵画作品が21年振りに日本で公開【オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち】

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

中西進さんと万葉の大和路を歩く3|阿騎野(奈良県宇陀市)

※この記事はサライ2006年8月号の特集「『万葉集』を旅する」より転載しました。写真やデータは掲載当時のものです。(取材・文/出井邦子 撮影/牧野貞之)

「万葉集を楽しむなら文献を離れ、万葉の風と光の現場に立ちましょう。そして万葉人が見たように山や川を、空や雲を眺めましょう」という中西進さんの案内で、飛鳥~吉野~阿騎野を巡った。

太陽が昇る直前、東の山嶺の後方が赤く染まる。人麻呂のいう〈炎(かぎろひ)〉である。写真中ほどの平らな場所が「かぎろひの丘万葉公園」。

人麻呂、皇位継承を高らかに歌う

飛鳥から東、伊勢の方に道を辿たどると阿騎野(あきの)に着く。今なら車で30分ほどの距離だが、飛鳥を朝立って、泊瀬(初瀬)の山々を押し分けて夕方着くと柿本人麻呂は述べており、当時は一日を要する旅。阿騎野は山と谷が連続し、猟の獲物の豊富な土地だったようだ。

阿騎(あき)の野に 宿る旅人 打ち靡(なび)
(い)も寝(ぬ)らめやも 古(いにしへ)思ふに

ま草刈る 荒野にはあれど 黄葉(もみちば)
過ぎにし君が 形見(かたみ)とそ来(こ)

(ひむがし)の 野に炎(かぎろひ)の 立つ見えて
かへり見すれば 月傾(かたぶ)きぬ

日並(ひなみしの) 皇子(みこ)の命(みこと)の 馬並(な)めて
御猟(みかり)立たしし 時は来向かふ

柿本人麻呂(巻一・四六~四九)

上の一連の短歌は、軽皇子10歳の時、阿騎野で行なった猟に際し、人麻呂が献じたものと考えられる。

軽皇子は早逝した草壁皇子(日並皇子、天武・持統両天皇の子)の忘れ形見。阿騎野は草壁皇子がかつて遊猟した地であり、軽皇子の行幸には、亡き父を追慕する目的があった。

1首目の〈古(いにしへ)〉、2首目の〈黄葉(もみちば)〉以下からも、そのことが読み取れよう。

「3首目が特に有名ですが、これは『万葉集』の中でも傑出した作品です。〈炎(かぎろひ)〉は普通、陽炎を指し、春の歌に思われますが、実は冬の歌。冬の曙光を、人麻呂はかぎろひと詠んだのですね。そして野を染める曙光と、傾く月を対比させている。つまり、昇る太陽に即位を決意した軽皇子、西に傾く月に亡くなった父・草壁皇子を重ねているのです。見事な歌で、人麻呂の凄さが表れています」と、中西さんはいう。

軽皇子は後に即位し、文武天皇となる。単なる日と月の関係を詠んだ歌ではなく、皇位継承の物語が秘められている。人の生と死、命の循環を歌に託した万葉人の心を思わずにはいられない。

蕪村もこの歌を下敷きに

〈炎〉の歌に、与謝蕪村の俳句〈菜の花や月は東に日は西に〉を思い浮かべる人も多かろう。

「蕪村がこの句を詠んだ時には、人麻呂の歌が念頭にあったはず。つまり、蕪村は人麻呂の歌を承うけて、この句を詠んでいるのです。そう考えれば、日本文学は巨大な連句といえるでしょう」

千年の時を超えて教養が共有される。これは他国に例のない、日本の文化遺産だと中西さんはいう。

中西進(なかにし・すすむ)さん。昭和4年、東京生まれ。東京大学大学院修了。『万葉集』研究の第一人者。※写真はサライ本誌掲載当時のものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 子どものような純粋な心で『万葉集』の本質に近づく|『中西進の万葉みらい塾』 小学生にもわかる『万葉集』の魅力|『中西進の万葉みらい塾』
  2. 中西進さんと万葉の大和路を歩く2|吉野(奈良県吉野町)
  3. 中西進さんと万葉の大和路を歩く1|飛鳥(奈良県明日香村周辺)
  4. 万葉学の泰斗、中西進さんに聞く『万葉集』の基礎知識
  5. 万葉集の名歌絶唱の地を写真で巡る展覧会|牧野貞之『万葉写真展』
PAGE TOP