新着記事

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

中西進さんと万葉の大和路を歩く2|吉野(奈良県吉野町)

※この記事はサライ2006年8月号の特集「『万葉集』を旅する」より転載しました。写真やデータは掲載当時のものです。(取材・文/出井邦子 撮影/牧野貞之)

「万葉集を楽しむなら文献を離れ、万葉の風と光の現場に立ちましょう。そして万葉人が見たように山や川を、空や雲を眺めましょう」という中西進さんの案内で、飛鳥~吉野~阿騎野を巡った。

5月、山藤が川面を彩る宮滝辺りの吉野川。今も風光明媚なこの地は、万葉人にとっても遊興の地であり、また信仰の地でもあった。

天皇が足繁く行幸した、古代信仰の地

吉野と『万葉集』の縁は深い。この地が桜の名所となるのは平安末期。万葉の昔は山深い仙境で、神が宿る聖地とされていた。

見れど飽かぬ 吉野の河の 常滑(とこなめ)
絶ゆることなく また還り見む
柿本人麻呂(巻一・三七)

「山があり川がある風土で靄が立ちこめ、霞がかかりやすい。古代、そんな場所は仙人や神々の住む神々しい世界だったのでしょう」と、中西さんは推測する。古くは雄略天皇を始め、天武、持統、元正、聖武と歴代の天皇が幾度となく行幸したことからも、それが窺える。行幸の度に歌が詠まれ、『万葉集』には100首近い吉野の歌が収められている。

とりわけ持統天皇は、皇后時代も含め31回も吉野に行幸している。単なる避暑や舟遊びのためとは考えられない。

中西さんはいう。「夫の天武天皇が壬申の乱の前に吉野に隠棲するなど、個人的な縁もあるでしょうが、海や山の彼方に理想郷を求める道教の神仙思想に影響を受けたことも、持統天皇が吉野を愛した理由でしょう」

よき人の よしとよく見て よしと言ひし
吉野よく見よ よき人よく見つ
天武天皇(巻一・二七)

上の天武天皇の歌は、壬申の乱に勝利して治世が落ち着き、皇后(持統)や皇子らと吉野に出遊した時の喜びの歌である。

飛鳥川沿いに遡ると芋峠(現在の芋ヶ峠)を越えて吉野へ出る。持統天皇らも、吉野行幸ではこのルートを歩いたと思われ、車道の横にはかつての古道が保存されている。

上の写真の古道から偶然、地元の人が下りてきた。背負っているのは山から伐りだした、仏花用の枝物とい う。めったに人に会わない場所。思わず声をかけた中西さんと話が弾む。

山中を縫って流れる大河

行幸の際に大宮人が宿ったのが、吉野離宮があったとされる宮滝である。滝とは急流のこと。現在、ここには喜佐谷(象谷)へ通じる吊り橋が架かり、橋から見る吉野川は、白い波頭をあげて迸る。

み吉野の 象山(きさやま)の際(ま)の 木末(こぬれ)には
ここだもさわく 鳥の声かも
山部赤人 (巻六・九二四)

「大きな川に恵まれない飛鳥人にとって、山中にこれほどの大河があることは驚きだったでしょう」と、中西さんは語る。

象山の谷間を流れる象谷(きさだに)は、宮滝辺りで流れを狭くして吉野川に注ぎ込む。その白く砕ける波頭は、万葉人にとって夢のような光景だったようだ。

中西進(なかにし・すすむ)さん。昭和4年、東京生まれ。東京大学大学院修了。『万葉集』研究の第一人者。※写真はサライ本誌掲載当時のものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 子どものような純粋な心で『万葉集』の本質に近づく|『中西進の万葉みらい塾』 小学生にもわかる『万葉集』の魅力|『中西進の万葉みらい塾』
  2. 中西進さんと万葉の大和路を歩く3|阿騎野(奈良県宇陀市)
  3. 中西進さんと万葉の大和路を歩く1|飛鳥(奈良県明日香村周辺)
  4. 万葉学の泰斗、中西進さんに聞く『万葉集』の基礎知識
  5. 万葉集の名歌絶唱の地を写真で巡る展覧会|牧野貞之『万葉写真展』
PAGE TOP