新着記事

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

小学生にもわかる『万葉集』の魅力|『中西進の万葉みらい塾』

文/印南敦史

子どものような純粋な心で『万葉集』の本質に近づく|『中西進の万葉みらい塾』

新元号の「令和」が発表されたことで、その出典元である「万葉集」が改めて注目されることになった。とはいえ実際のところ、この日本最古の歌集について詳しいという方は限られているのではないだろうか?

この機会にいろいろなことを知っておきたいものだが、かといって人に聞くのもなんとなく気恥ずかしい。そんな方におすすめしたいのが、『中西進の万葉みらい塾』(中西 進著、朝日新聞出版)だ。

著者は、古代文学の比較研究、日本文化・日本精神史についての研究・評論活動を行なっている人物である。

その一方、日本各地の小・中学校に出かけ、小学校5、6年生、中学1〜3年の子どもたちを対象にした「万葉みらい塾」を開催し、「万葉集」について教えているのだという。

本書は、その授業の様子をまとめたもの。そのため口調も語りかける口調のままになっており、子どものことばもそのまま再現されている。だから気負わず、気楽に読むことができるのだ。

『万葉集』という本は、いまから一三〇〇年も前にできた本で、四五〇〇首以上の歌が載っています。そして『万葉集』の歌は、万葉の時代の人たちが心に思ったことをそのまま歌にしたもので、複雑な気持ちを込めたものではありません。しかもその気持ちをすなおによんでいます。だれもがいつでもどこでも感じるようなことばかりです。ですから、みなさんの経験ときっと同じで、みなさんの心に感動がそのまま飛び込んでくるはずです。(本書「この本を読むみなさんへ」より引用)

子どもを対象にしているだけあり、とてもわかりやすい解説である。しかもそれ以前の段階で、著者は子どもたちが好きになるだろうと思う歌を選んでいるのだという。

言葉の意味がわからなくとも、歌を声に出して読んでみれば、その気持ちよさがわかるはずだと著者は主張している。まずはそうして感覚的に歌を受け入れ、意味が気になったものがあったら現代語で書かれた訳文を確認すればいいということだ。

たとえば「気持ちがいいリズム」と題された項では、次のような歌が紹介されている。

大宮(おおみや)の        御殿の
内(うち)まで聞こゆ       中まで聞こえて来ます。
網引(あびき)すと        しかけておいた網を引き上げようとして
網子調(あごととの)ふる     仲間をそろえている
海人(あま)の呼び声       漁師のかけ声が。

(巻三ー二三八番  長意吉麿(ながのおきまろ)の歌)
(本書13ページより引用)

この歌は、なぜ読んでいて気持ちがいいのか。

著者はその理由を、子どもたちに目線を合わせて考えている。

驚かされるのは、「活気が伝わってくる」「簡潔な言葉で、ピッとしている」「五、七、五、七、七になっている」など、子どもたちの気づきがそれぞれ的を射ていることだ。

また、同じように興味深いのは、著者が説明しているこの歌の「しかけ」である。

おおみやの
うちまできこゆ
あびきすと
あごととのうる
あまのよびごえ

ーー 何か気がついたことはありますか? はい、大きな声でいってみて。
G君 最初の言葉がみんなア行になっている。
ーー すごい発見だね。(中略)みんな最初が「ア」行。アやイやウやエやオは大きく口を開けたり動かしたりするでしょ。だからすごく気持ちがいいんだ。それを頭に入れながら、もういちど声に出して読んでみましょう。
(本書17〜18ページより引用)

『万葉集』の多くの歌は、声に出して歌われたもの。だから、現代人にとってをも気持ちよくさせてくれるのだと著者は言う。

今、ぼくらは、紙に書いた字だけをとっても大切にしていませんか。けれども、口でいう言葉もとっても大事だな、そういうことを考えながら勉強しましょう。(本書19ページより引用)

たしかにこのように教えてくれるのであれば、子どもたちも無理なく『万葉集』に関心を抱くことができるだろう。そして、それは私たち大人も同じ。

「子ども向けの本なんて」と敬遠せず純粋な気持ちで読み進めてみれば、きっと『万葉集』の本質に近づけるはずだ。

『中西進の万葉みらい塾』

中西 進著

朝日新聞出版

定価:1620円(税込)

2005年4月発売

『中西進の万葉みらい塾』

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』などがある。新刊は『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』 1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『…
  2. 中西進さんと万葉の大和路を歩く3|阿騎野(奈良県宇陀市)
  3. 『心を整えルー―ティーが教えてくれた人生で大切なこと』 ルー大柴が説く、奥深いティー(茶)道の世界|『心を整えルー──テ…
  4. 中西進さんと万葉の大和路を歩く2|吉野(奈良県吉野町)
  5. 中西進さんと万葉の大和路を歩く1|飛鳥(奈良県明日香村周辺)
PAGE TOP