新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

ファミリーレッグシェイカー|高速の振動が心地よく血行を促進、リラックスできる

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

ランス|シャンパーニュの有名メゾンが軒を連ねる美しい街を訪ねる

取材・文/鳥海美奈子

フランスの新幹線TGVで、パリからわずか45分で到着するシャンパーニュの都市ランスは、世界遺産に指定される街です。シャンパーニュのイメージそのままに、訪れる人を華麗な気分へと誘ってくれます。

その象徴は、やはり18世紀の建造物を今に残すノートルダム大聖堂でしょう。

正面から眺めると建築物は完全に左右対称。入口では、ゴシック最盛期の傑作ともいわれる立像を見ることができる。

ブルボン朝の歴代フランス王は、ランスで戴冠式を挙げる慣習がありました。15世紀の百年戦争の際に、神のお告げによりフランス軍を率いたジャンヌ・ダルクは、イギリスに占領されていた街を次々と奪回していきます。そして、フランス王太子シャルル7世の戴冠をここで行ったのです。

大聖堂の内部にはそのシャルル7世の戴冠式の様子が描かれた絵や、画家シャガールによる青いステンドグラスもあり、見所のひとつとなっています。

レストランなどが建ち並ぶ、ランスの中央通りに佇む像。華麗な雰囲気が街全体に漂っている。

そんな観光都市ランスはシャンパーニュの中心地でもあります。そのランス市内では、多くのシャンパーニュメゾンがカーヴなどの見学を受け入れています。日本でも有名なヴーヴ・クリコ、モエ・エ・シャンドン、ポメリー、テタンジェ、マムなどです。

たとえば有名メゾンのひとつ「ポメリー」では、訪問の予約をウェブサイトから行うことができます。シャンパーニュ特有の真っ白なチョーク質土壌を使って造られた、華麗にライトアップされたカーヴを見学しながらポメリーの歴史についての説明を聞き、最後には試飲をすることもできます。所要時間は試飲込みで60分です。

また、毎年4月には試飲会が多々開催され、シャンパーニュのプロなどがここに集結し、いっそう華やぎを見せます。

試飲会では生産者がブースに立ち、自らのワインについて説明してくれる。味わいだけでなく生産者のワイン造りの方法や哲学を知る良い契機になる。

そんなシャンパーニュ地方で最も有名なシャトー・ホテルが、ランスにある「レ・クレイエール」です。20世紀初頭、7ヘクタールもの敷地に建てられた壮麗なシャトーは、もともとはポメリー家の邸宅でした。このホテルは、フランス観光開発機構から5つ星の認定を受けています。さらにホテル内にあるレストラン「ル パルク」はミシュラン2つ星を獲得しています。

歴史を感じさせる名門ホテル「レ・クレイエール」

「レ・クレイエール」内で行われた試飲会風景。レコルタン・マニピュラン(RM)と呼ばれる小さな農家制の生産者が集った。

またランスの街を歩くと伝統的な赤レンガを配した美しい家々を目にすることができます。

赤レンガを使った、伝統的なシャンパーニュスタイルの家。邸宅も多く、この地方の経済的豊かさを物語っている。

以上、今回はシャンパーニュの中心都市ランスの見どころをご紹介しました。フランス旅行の際は、パリからも日帰り旅が可能なランスへ、足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

【ランスへのアクセス】
TGV(高速列車)でパリから45分、ストラスブールから1時間55分、ブリュッセルから2時間10分

※ ランス | フランス観光 公式サイト – フランス観光開発機構

取材・文/鳥海美奈子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  3. 本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人 一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人
  4. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  5. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
PAGE TOP