新着記事

常滑焼黒土九十九急須|99個の茶漉し穴で、香り高いお茶を抽出できる

理想のデート

7割以上の女性が理想のデート未経験|オトナ女子の理想のデートとは?

荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

画面ロックしないと起こる危険なこと【スマホ基本のき 第5回】

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)

強烈な敗戦の記憶を残した第二次世界大戦に比べ、日本人にとって第一次世界大戦の印象は薄い。しかし、ヨーロッパでは激戦が繰り広げられ、多くの死傷者と捕虜を生んだ。フランス東部の町、ヴェルダンにあるヴェルダン戦場記念館では、12月20日まで、死傷者の陰で見落とされがちな捕虜が700万人もいたことに焦点を当てた展覧会を開催中だ。悲惨かと思いきや、第二次世界大戦中の捕虜に対する扱いからは想像できない生活が浮かび上がってくる。

戦場からフランス兵に連行されるドイツ兵捕虜。場所不明。1916 –1918頃。 (C)Collection Mémorial de Verdun

戦場からフランス兵に連行されるドイツ兵捕虜。場所不明。1916 –1918頃 (C)Collection Mémorial de Verdun

第一次世界大戦の非道さを描いた小説として有名なのが、ドイツの作家、エーリヒ・マリア・レマルクの「西部戦線異常なし」だ。ヴェルダンはベルギー南部からフランス北東部にかけての「西部戦線」上にある。1916年の10か月の戦闘で70万人もの死傷者が出た町だ。戦争の傷と記憶を残すため、1967年に戦場記念館ができた。2016年に増築改装し、今の建物になった。

2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館

2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館

ここで開催中の「700万人もの捕虜がいた!」展は、捕虜のデータベースを保管しているスイスの国際赤十字本部の協力を得て実現したものだ。戦場で捕虜となった瞬間から、捕虜収容所での生活、帰還までを、ヨーロッパだけでなく北アフリカまで広げて豊富な写真と資料で見せている。戦争中立国スイスに本部を置く赤十字の役目は、捕虜の身元を確認し、国に残った家族に連絡を取ることでもあった。連合国(フランス、イギリス、ロシア、日本など)側、中欧同盟国(ドイツ、オーストリア=ハンガリー帝国、ブルガリア、オスマン帝国)側とも、敵国の捕虜の扱いを非難していたので、実際に収容所を訪ねて確認し、どちらの側も同等の扱いをすることを課すのも赤十字の大きな役割だった。なお、本展での「捕虜」は捕虜になった兵士を指している。敵方に囚われた民間人の非戦闘者は含まれていない。

国際赤十字が作った捕虜のデータベース

国際赤十字が作った捕虜のデータベース

捕虜を作るには2つの方法があった。一つは部隊を丸ごと捕らえることで、東部戦線で多く実行され、これによって一挙に捕虜の数が増えた。もう一つは特に塹壕戦で多く、前線に行ってわざと敵兵を捕虜にすることだった。この場合は情報収拾が目的なので、数は少なくてもよかった。フランス軍の大尉クラスの軍人は、捕虜から敵の情報を得るための「尋問心得」を所持していた。

数が増えるにつれ、数百人から数千人を収容できる捕虜収容所ができた。兵士たちは戦場から仮収容所に送られ、その後、本格的な収容所に移動させられた。そこから各地に送られ、農作業や建設などの仕事に就いた。働き盛りの男性が戦場に行ったのでどこも人手不足だった。捕虜は貴重な労働源だったのである。1899年に締結され、1907年に発効したハーグ陸戦条約には、捕虜に関する条項があった。例えば、敵側に加担しないよう前線に近いところで働かせてはならず、兵器製造にも関与させてはなかった。この条項は捕虜を保護するものだった。第一次大戦後は、1929年にジュネーヴで締結された「俘虜の待遇に関する条約」で捕虜の待遇はさらに手厚くなり、危険な状況で働かせることは禁止された。

1914-1918年の戦争中。南仏の町ベジエで農作業につくオスマン帝国兵捕虜。 (C)V-P-HIST-03213-05A/ARCHIVES CICR(DR)

1914-1918年の戦争中。南仏の町ベジエで農作業につくオスマン帝国兵捕虜 (C)V-P-HIST-03213-05A/ARCHIVES CICR(DR)

ロシアやドイツの収容所は、異なる国からの捕虜で国際色豊かだった。と同時に、カルチャーショックの場でもあった。「収容所の造りは国によって全く違い、藁葺き屋根のものから木の建物、石の建物、テントまでありました。将校クラスになると観光客がいなくなったホテルが与えられ、収容所が自宅より良い住まいだったこともありました」と本展のキュレーターの一人、ダニエル・パルミエリ氏は言う。カルチャーショックが一番出たのが食べ物だった。「食べ慣れないものへの不満が噴出しました。食糧事情がよい国で捕虜になるといいのですが、トウモロコシ粉の粥を出したブルガリアではドイツ人捕虜が耐えられず、ジャガイモに替えたことがありました」。

1914-1918年の戦争中。ドイツ・ホルツミンデンの捕虜収容所の中央通り。 (C)V-P-HIST-03543-03/ ARCHIVES CICR(DR)

1914-1918年の戦争中。ドイツ・ホルツミンデンの捕虜収容所の中央通り (C)V-P-HIST-03543-03/ ARCHIVES CICR(DR)

労働の合間にはスポーツをしたり、講演会を開いたりした。ドイツの収容所ではフランス人医師の捕虜が、戦争が終わってから捕虜たちが医師になれるよう高度な医学講座を開いた。詩の講座もあった。

捕虜たちは自由時間、手慰みに木彫りのオブジェや紐など、様々なものを作った。捕虜の肖像を見ると、異なる国籍の人たちが集まり、収容所が人種と文化のるつぼ状態になっていたことがわかる。信じられないことに、捕らえた側と捕虜との間に協力関係ができていた。展示されている肖像写真は収容所内に写真スタジオを持っていたドイツ人写真家が撮ったものだが、撮ってすぐ、捕虜に販売していた。捕虜はそれを国に残してきた家族に送った。「第一次大戦で特徴的なのは、戦っている国同士が同じ条件で捕虜を扱うことでした。捕虜は大体一か月に1通の手紙とハガキ3枚を送ることができました。一家の主が捕虜になった時は、残してきた土地の売買など重要な事務手続きを捕虜が家族と手紙でやりとりして解決することもあったのですよ」とパルミエリ氏。

捕虜が作ったオブジェと捕虜の写真

捕虜が作ったオブジェと捕虜の写真

展覧会後半で、大きな捕虜収容所地図が目を引いた。収容所は北アフリカまで広がっている。捕虜の数はドイツが最大で280万人、ロシア220万人、オーストリア=ハンガリー帝国180万人と桁違いに多く、フランス35万人、イギリス32万8千人と続く。日本にも4700人もいた。ドイツの植民地だった中華民国山東省青島(チンタオ)で日・独軍が戦い、ドイツ人捕虜を日本に連れて来たのだった。1918年に日本で初めてベートーベンの「第九」が流れたのは、そのうちの一つの徳島の収容所で、捕虜たちの演奏によるものだった。

捕虜収容所地図。赤丸は捕虜収容所があった場所を示している

捕虜収容所地図。赤丸は捕虜収容所があった場所を示している

第一次世界大戦で捕虜になることは、命が助かることを意味していた。捕虜になった知らせを受けた故郷の家族も一安心だった。本展を見ると、多くの国で捕虜は穏やかな扱いを受けていたことがわかる。音楽会を催した徳島の収容所は特別な例ではなく、その一例だった。ところがその後日本では、第二次世界大戦中に捕虜の扱いが過酷になった。なぜ変化したのか。展覧会の学術アドバイザーで歴史学者のフランソワ・コシェ氏は、「日本は、1929年にジュネーヴで締結された『俘虜の待遇に関する条約』に署名したが、批准はしなかったので、日本に対してはこの条約は効力がなかった」と説明した。が、背景にはもっと複雑な要因があるのかもしれない。本展はこの問題について考えるきっかけを与えてくれた。

関連サイト https://memorial-verdun.fr

文・写真/羽生のり子(フランス在住)
1991年から在仏。食・農・環境・文化のジャーナリスト。文化遺産ジャーナリスト協会、自然とエコロジーのためのジャーナリスト・作家協会、環境ジャーナリスト協会会員(いずれもフランス)。海外書き人クラブ会員(https://www.kaigaikakibito.com/)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人 一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  3. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  4. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  5. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
PAGE TOP