新着記事

教育専門家が教える「スマホデビュー」する我が子とのルールの決め方

郷里に住む親の介護で自滅しないための「遠距離介護」という選択

大半の高齢の親は子との同居は望んでいない!? 遠距離介護で自滅しない選択

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

ルーペ付きヘッドが360度回転する爪切り|回転機構で見やすく、力を入れずに楽にカット

斎藤道三親子の対立を煽った美濃守護・土岐頼芸

美濃守護・土岐頼芸が最後に拠った大桑城跡に立つ。14㎞先に望む斎藤道三・稲葉山城に戦国の悲哀を想う【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その2~

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その1~

生前・遺品整理|しっかり話合いできていますか? 後回しにすると大変な目に…!?

心配な親の孤独死。生前・遺品整理を相談していないと大変なことに…⁉

腰椎疾患のプロが教える、脊柱管狭窄症を自分で治すセルフケア

人気整体師・白井天道が教える「脊柱管狭窄症を自分で治す」ストレッチ

masa2さんによる写真ACからの写真

親の終の棲家をどう選ぶ?|超遠距離介護を続けるシングル一人娘の今――三たび扉は開いた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)

強烈な敗戦の記憶を残した第二次世界大戦に比べ、日本人にとって第一次世界大戦の印象は薄い。しかし、ヨーロッパでは激戦が繰り広げられ、多くの死傷者と捕虜を生んだ。フランス東部の町、ヴェルダンにあるヴェルダン戦場記念館では、12月20日まで、死傷者の陰で見落とされがちな捕虜が700万人もいたことに焦点を当てた展覧会を開催中だ。悲惨かと思いきや、第二次世界大戦中の捕虜に対する扱いからは想像できない生活が浮かび上がってくる。

戦場からフランス兵に連行されるドイツ兵捕虜。場所不明。1916 –1918頃。 (C)Collection Mémorial de Verdun

戦場からフランス兵に連行されるドイツ兵捕虜。場所不明。1916 –1918頃 (C)Collection Mémorial de Verdun

第一次世界大戦の非道さを描いた小説として有名なのが、ドイツの作家、エーリヒ・マリア・レマルクの「西部戦線異常なし」だ。ヴェルダンはベルギー南部からフランス北東部にかけての「西部戦線」上にある。1916年の10か月の戦闘で70万人もの死傷者が出た町だ。戦争の傷と記憶を残すため、1967年に戦場記念館ができた。2016年に増築改装し、今の建物になった。

2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館

2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館

ここで開催中の「700万人もの捕虜がいた!」展は、捕虜のデータベースを保管しているスイスの国際赤十字本部の協力を得て実現したものだ。戦場で捕虜となった瞬間から、捕虜収容所での生活、帰還までを、ヨーロッパだけでなく北アフリカまで広げて豊富な写真と資料で見せている。戦争中立国スイスに本部を置く赤十字の役目は、捕虜の身元を確認し、国に残った家族に連絡を取ることでもあった。連合国(フランス、イギリス、ロシア、日本など)側、中欧同盟国(ドイツ、オーストリア=ハンガリー帝国、ブルガリア、オスマン帝国)側とも、敵国の捕虜の扱いを非難していたので、実際に収容所を訪ねて確認し、どちらの側も同等の扱いをすることを課すのも赤十字の大きな役割だった。なお、本展での「捕虜」は捕虜になった兵士を指している。敵方に囚われた民間人の非戦闘者は含まれていない。

国際赤十字が作った捕虜のデータベース

国際赤十字が作った捕虜のデータベース

捕虜を作るには2つの方法があった。一つは部隊を丸ごと捕らえることで、東部戦線で多く実行され、これによって一挙に捕虜の数が増えた。もう一つは特に塹壕戦で多く、前線に行ってわざと敵兵を捕虜にすることだった。この場合は情報収拾が目的なので、数は少なくてもよかった。フランス軍の大尉クラスの軍人は、捕虜から敵の情報を得るための「尋問心得」を所持していた。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人 一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人
  3. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  4. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  5. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
PAGE TOP