新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

現地ライターが推薦!巡ってみたいオーストリアの名城6選

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター)

ハプスブルク帝国の都ウィーンを首都に持つアルプスの小国オーストリア。国のサイズは北海道と変わりませんが、この国にはなんと1500もの城があります。

今回は、そんな古城の国オーストリアのなかでも、ぜひご紹介しておきたいとっておきの名城を6件ご紹介します。

シェーンブルン宮殿

オーストリアの城、基本のき

オーストリアの公用語であるドイツ語で、「城」は主に「シュロス」(Schloss)と言いますが、ドイツ語には他にも「城」を示す言葉がたくさんあります。まずは様々な「城」を、用途や特徴の違いでご説明しましょう。

ブルク(Burg)は、軍事拠点に位置した、戦い守るための「城塞」です。中世の無骨な古城や要塞を指し、地理上の軍事拠点にそびえるケースが多いです。山の上や河沿いの立地が多く、派手さやきらびやかさよりも戦いやすさや防御のしやすさを優先した実用的な外見となっています。ハンガリーやチェコなど隣国からの侵略に悩まされたオーストリアの歴史を反映しています。何重にも重なった城門や城壁、堀、塔などが特徴で、日本の古城とも重なる点が多く、軍事拠点としての実用性が重視されていたのがわかります。

一方、パラスト(Palast)は街にあり、王侯貴族が舞踏会を楽しんだ「宮殿」に近いものです。他にも、城塞が整備されずに放置された廃墟(Ruine)や、巨大な富を持った修道院(Kloster)、貴族の狩猟用の別荘(Jagtschloss)なども、「城」に含まれます。

このようにオーストリアで「城」と一口に言っても、非常に広範囲に渡ります。では、それぞれの特徴を示す城をご紹介していきましょう。

【1】ラポッテンシュタイン城

まずはブルク(Burg)の例として、12世紀に建てられたラポッテンシュタイン城を紹介します。山頂の更に上にある巨大な岩の上に作られた古城です。戦略的には、チェコからオーストリアを守る立地にあります。

ラポッテンシュタイン城

【2】アックシュタイン城

同じくブルク(Burg)に分類されるのが、ドナウ川を見下ろす岩山の上に建つアックシュタイン城です。昔は船から通行税を取る役割を担っていたり、一方で船から金品を強奪する領主が住んでいたりと、様々な伝説を残しています。

アグシュタイン城

【3】貴族の宮殿、パレ・ダウン=キンスキー

パラスト(Palast)は英語のpalace(りっぱな邸宅、館)にあたり、帝都に住む貴族の住居として建てられたものです。17世紀バロック時代以降のものが多く、オーストリアではそのほとんどが、ウィーンに居住していた貴族の館を指します。

ウィーンの旧市街に建つ宮殿「パレ・ダウン=キンスキー」は、ボヘミア(チェコ)の貴族キンスキー侯爵家の住居でした。18世紀に建てられたバロック様式の建築物で、幼少時のモーツァルトもここで演奏会を開いたことが記録されています。内部はまさに豪華絢爛。ハプスブルク帝国貴族の贅を尽くした建物です。

現在でもウィーンに数多くの宮殿が残されていますが、結婚式や舞踏会などのイベントスペースやレストラン、ホテルとして利用されています。

パレ・ダウン=キンスキー

【4】古城の廃墟、コルミッツ城

廃墟になった古城には独特の雰囲気があり、いにしえの戦のあとに草や木が生い茂る様子は、歴史好きな人の心を打ちます。

森林に囲まれたコルミッツ城は、13世紀にはすでに記録に残されており、数々の領主の居城となりましたが、17世紀以降重要性を失い、廃墟となりました。現在は残された塔に登ることができ、廃墟の探検気分が味わえる貴重なスポットとなっています。

廃墟とは言っても、自由に内部見学も可能ですし、山の上から絶景を眺めながらピクニックや軽食を楽しむ家族連れで賑わう、人気の日帰り旅行先となっています。

コルミッツ城址

【5】クロスターノイブルク修道院

中世からある古城より豪華な建物といえば、修道院。広義の「城」には、修道院も含められ、その壮麗な建築と奥の深い歴史や伝説は、多くの訪れる人を魅了します。

当時の知識階級であった聖職者が学問や医学を修め、周辺地域の封建領主として富を蓄えていた修道院は教会権力の象徴でもありました。

ウィーン郊外にあるクロスターノイブルクは、聖人伝説も残る歴史の古い修道院です。中世初期にはここに首都機能があった時代もあり、周辺地域の領主として富と栄華を極めました。

クロスターノイブルク修道院

【6】貴族の狩猟の館、エッカーツアウ

ハプスブルク帝国の王侯貴族の多くは狩猟を趣味とし、田舎に広大な森と館を持っていました。この館はヤークトシュロス(Jagtschloss)と呼ばれ、豪華な宮殿とは異なり、持ち主とその招待客が狩猟を楽しむための別荘として使われました。

内部の特徴として、大量の鹿の角が飾られていたり、個人所蔵の小さな図書室があったりと、貴族の充実したプライベートが垣間見えます。

ハプスブルク家と深い縁があり、サラエボ事件で暗殺された皇位継承者フランツ・フェルディナンドが愛した狩猟の館、エッカーツアウは典型的なヤークトシュロスで、二階の居室には数え切れないほどの鹿の角が飾られています。

エッカーツアウ城

現代も使用されている古城

オーストリアで、古城は愛でるためだけにあるわけではありません。多くの城が現在もそれぞれの役割を持ち、地域の文化や歴史を伝え、有効利用されています。

観光用に整備公開されているだけでなく、ホテル、博物館、結婚式場、映画のロケ地、祭りの開催地などの用途での利用や、副業としてワイン醸造や養蜂を行っている城もあります。自治体に運営を任され、研修所や幼稚園や老人ホームとして利用されている城も多く、過去の遺物としてではなく、歴史を語り継ぐ生きた証人として今でも活用されています。

このように昔から現在まで、様々な表情を見せるオーストリアの古城。ウィーンにある宮殿から、荘厳な城塞まで、それぞれの歴史と魅力を発見してみる城めぐりの旅、なかなかいいものですよ。

文・写真/御影実
オーストリア・ウィーン在住フォトライター。世界45カ国を旅し、『るるぶ』『ララチッタ』(JTB出版社)、阪急交通社など、数々の旅行メディアにオーストリアの情報を提供、寄稿。海外書き人クラブ所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり 出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【…
  2. ボスニア・ヘルツェゴヴィナ サラエヴォ市民の命をつないだ「希望のトンネル」|ボスニア・ヘルツ…
  3. 姫路城 「日本の城」ランキング|名古屋城、松江城、犬山城が躍進!
  4. トルコで18件目の世界遺産に登録 ピラミッドよりも古い!世界最古の神殿「ギョベクリ・テペ」の謎(ト…
  5. 空から眺めるウルルの全容 ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】
PAGE TOP