新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史

北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然が残っているエリアだ。とくに夏の7〜8月にはピンクや紫の高山植物が一斉に咲き誇り、文字通りの絶景となる。そして、訪れた人の大半は虜になってしまうという。

かの地を知り尽くしたワールド航空サービス大阪支店のロシア営業担当、八百屋健太さんも、カムチャツカに魅せられたひとりだ。

「手つかずの自然、という言葉をよく耳にしますが、カムチャッカを訪ねると、これまで見てきた自然は、どこも人間の手が入っているように思えてしまいます。」(八百屋さん)

というわけで今回は、日本からわずか3時間半でたどり着ける、知られざるカムチャツカ半島の魅力をご紹介しよう。

手つかずの自然が残る豊かな大地


北緯57度に位置するカムチャツカ半島は、100を超える火山の造山運動によって独特の大地が形成されている。自然が残っているもうひとつの理由は、近代まで軍事拠点であったこと。そのため人の出入りが制限され、湾岸地域以外は開発の手が及ばなかったため、自然環境は手つかずの状態で残されることになったのだ。

火山地相とその裾野に広がる個性的な自然は、「カムチャツカの火山群」として世界自然遺産に登録されてもいる。夏に航空会社が直行便を運行しているのも、多くの観光客を魅了しているからに他ならない。

なかでも八百屋さんは、パラトゥンカ温泉郷に連泊し、標高2741メートルのアバチャ山中腹でフラワーウォッチングするのがおすすめだと語る。カムチャツカは高緯度なので、一般的には2000メートル付近まで行かないと見ることができない高山植物が、800〜1000メートルあたりで見られるというのである。

それどころか、ちょっと郊外に出ただけでも色鮮やかな景色が広がるというのだから、まさに高山植物の宝庫。1200メートルを超えると見ることができなくなる、レアな環境なのだ。

また、アバチャ湾から遊覧クルーズに出かけ、ウミガラスやパフィンなどの海鳥や、「カムチャツカ富士」と呼ばれるクリュチェフスカヤ山の雄姿を眺めることもできる。自然を、思う存分楽しめるというわけである。

ヒグマの聖地クリル湖で「ベアウォッチング」を

火山や高山植物もさることながら、ヒグマのウォッチングもカムチャツカならではの楽しみだというのだから驚かされる。というのも、自然に囲まれながら暮らすヒグマの数は、ロシアで最も多いといわれているそうなのだ。

なかでもペトロパブロフスク・カムチャツキーから南のクリル湖畔は、夏になるとサケを求めて多くのヒグマが集まる聖地なのだとか。

その姿をヘリコプターから確認できるというのだから、なんとも贅沢な話だ。もしかしたら、ヒグマたちが湖で荒々しくサケを獲る姿や、愛くるしい親子の姿も確認できるかもしれない。

宮沢賢治も訪れた樺太・サハリン

北海道の北、宗谷海峡を隔てて約43キロの対岸にあるサハリン島南部には、かつて日本の領地だった時代がある。特に訪れておきたいのは、樺太時代は豊原として樺太庁が置かれていたユジノサハリンスクだ。

その建物は現在も、日本建築の外観はそのままに、郷土資料館となっている。

他にも旧拓殖銀行豊原支店、樺太神社跡など、当時の面影を確認できるスポットが数多く点在する。

またサハリン島の南端にあるコルサコフは、「大泊」という旧日本名を持つ。かの宮沢賢治が最愛の妹亡き後にこの地を訪れ、さらに旧樺太鉄道に乗ってストロドゥプスコエ(旧栄浜)へ向かい、そこで『銀河鉄道の夜』の着想を得たと言われている。

近隣には「白鳥の停車場」の由来となった白鳥湖、賢治が訪れた旧王子製紙大泊工場跡などもあるので、宮澤賢治の物語世界を目の当たりにすることができる。

* * *

「私がカムチャツカを訪れたときには、ヴィストラヤ川をゴムボートで下りながら、ルアーフィッシングを楽しみました。なんと初めのキャストでググッと当たりがあり、第二投目でフィッシュオン、30センチオーバーのマスを釣り上げることができました。本格的な釣りの装備もなく、現地のスタッフにちょっとお借りした道具でもこれです。カムチャッカの自然の豊かさに驚かされました」(八百屋さん)

その気になればすぐにたどり着けるというのに、カムチャツカを旅してみようとはあまり思わないかもしれない。しかし実のところ、なかなか奥深い旅ができそうな地ではある。訪ねてみたい旅先として、候補に入れておきたい。

文/印南敦史
協力/ ワールド航空サービス(http://www.wastours.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3…
  2. ビールを片手に絵画鑑賞、クラブイベントもあり。イギリス人流、夜の…
  3. ここは日本?ロンドンの不思議な観光スポット「Kyoto Gard…
  4. 知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【1…
  5. 住んだ人がみな不幸になる「ルート66」の呪われた町。潜入取材の廃…
PAGE TOP