新着記事

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

ペルー北部の「クエラップ遺跡」は第2のマチュピチュになるか

ペルー北部にある前インカ時代の巨大遺跡「クエラップ遺跡」をご存じだろうか。

標高約3000mの山頂にある城塞都市跡で、ペルー北部の山中で発展していった前インカ時代を代表する「チャチャポヤス文化」の遺跡である。高さ20mにも達する城壁は、チャチャポヤス文化の高い建築技術を示すものだ。

一見、かの世界遺産「マチュピチュ」を彷彿させる同遺跡は、“北のマチュピチュ”“第2のマチュピチュ”とも称されている。

世界的に人気のある旅行雑誌『ナショナルジオグラフィック・トラベラー』が今年11月末に発表した「リーダー・アワーズ2017」で、「ファー&アウェイ 海外のベストアトラクション」に選出され注目を集めた。またウォールストリート・ジャーナル紙においても、「2018年に訪れるべきクールなデスティネーション」に選出されている。

「クエラップ遺跡」では、これまでに約550もの構造物が発見されており、中でも400以上あるとされているひし形の模様を施した円形の建物跡は見応えがある。

周辺地域には断崖に並ぶ王の棺「カラヒアの棺」や、「レバッシュの霊廟」、上下2層からなる「ゴクタの滝」などの観光名所も点在している。

さらに周辺の自然豊かな山中では、アンデス山地の奥深くに生息するといわれている絶滅危惧種「オナガラケットハチドリ」を観察することもできる。

昨年9月に、ペルーの首都リマから「クエラップ遺跡」最寄りのハエン空港への毎日直行便が就航し、リマからクエラップ遺跡に約5時間でアクセスできるようになった。また、新たにケーブルカーが運行を開始しており、山の麓から頂上の遺跡まで、絶景を楽しみながら簡単に移動することができる。

“第二のマチュピチュ”とも謳われる注目のスポット「クエラップ遺跡」は、まだ日本でもほとんど知られておらず、訪ねた人も数少ない、希少性の高いスポットだ。旅慣れたサライ世代の旅先として、検討に値するのではないか。

【参考リンク】
※ ペルー公式観光サイト
https://www.peru.travel/jp/

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3…
  2. ビールを片手に絵画鑑賞、クラブイベントもあり。イギリス人流、夜の…
  3. ここは日本?ロンドンの不思議な観光スポット「Kyoto Gard…
  4. 知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【1…
  5. 住んだ人がみな不幸になる「ルート66」の呪われた町。潜入取材の廃…
PAGE TOP