新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

ペルー北部の「クエラップ遺跡」は第2のマチュピチュになるか

ペルー北部にある前インカ時代の巨大遺跡「クエラップ遺跡」をご存じだろうか。

標高約3000mの山頂にある城塞都市跡で、ペルー北部の山中で発展していった前インカ時代を代表する「チャチャポヤス文化」の遺跡である。高さ20mにも達する城壁は、チャチャポヤス文化の高い建築技術を示すものだ。

一見、かの世界遺産「マチュピチュ」を彷彿させる同遺跡は、“北のマチュピチュ”“第2のマチュピチュ”とも称されている。

世界的に人気のある旅行雑誌『ナショナルジオグラフィック・トラベラー』が今年11月末に発表した「リーダー・アワーズ2017」で、「ファー&アウェイ 海外のベストアトラクション」に選出され注目を集めた。またウォールストリート・ジャーナル紙においても、「2018年に訪れるべきクールなデスティネーション」に選出されている。

「クエラップ遺跡」では、これまでに約550もの構造物が発見されており、中でも400以上あるとされているひし形の模様を施した円形の建物跡は見応えがある。

周辺地域には断崖に並ぶ王の棺「カラヒアの棺」や、「レバッシュの霊廟」、上下2層からなる「ゴクタの滝」などの観光名所も点在している。

さらに周辺の自然豊かな山中では、アンデス山地の奥深くに生息するといわれている絶滅危惧種「オナガラケットハチドリ」を観察することもできる。

昨年9月に、ペルーの首都リマから「クエラップ遺跡」最寄りのハエン空港への毎日直行便が就航し、リマからクエラップ遺跡に約5時間でアクセスできるようになった。また、新たにケーブルカーが運行を開始しており、山の麓から頂上の遺跡まで、絶景を楽しみながら簡単に移動することができる。

“第二のマチュピチュ”とも謳われる注目のスポット「クエラップ遺跡」は、まだ日本でもほとんど知られておらず、訪ねた人も数少ない、希少性の高いスポットだ。旅慣れたサライ世代の旅先として、検討に値するのではないか。

【参考リンク】
※ ペルー公式観光サイト
https://www.peru.travel/jp/

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する
  2. ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅
  3. タイ・チェンマイにある幻の都「ウィアン・クム・カーム」遺跡を訪ね…
  4. スタインベックの傑作『怒りの葡萄』の舞台を辿るルート66の旅
  5. この世のものとは思えない!トルクメニスタンで「地獄の門」を覗いた…
PAGE TOP