新着記事

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

ペルー北部の「クエラップ遺跡」は第2のマチュピチュになるか

ペルー北部にある前インカ時代の巨大遺跡「クエラップ遺跡」をご存じだろうか。

標高約3000mの山頂にある城塞都市跡で、ペルー北部の山中で発展していった前インカ時代を代表する「チャチャポヤス文化」の遺跡である。高さ20mにも達する城壁は、チャチャポヤス文化の高い建築技術を示すものだ。

一見、かの世界遺産「マチュピチュ」を彷彿させる同遺跡は、“北のマチュピチュ”“第2のマチュピチュ”とも称されている。

世界的に人気のある旅行雑誌『ナショナルジオグラフィック・トラベラー』が今年11月末に発表した「リーダー・アワーズ2017」で、「ファー&アウェイ 海外のベストアトラクション」に選出され注目を集めた。またウォールストリート・ジャーナル紙においても、「2018年に訪れるべきクールなデスティネーション」に選出されている。

「クエラップ遺跡」では、これまでに約550もの構造物が発見されており、中でも400以上あるとされているひし形の模様を施した円形の建物跡は見応えがある。

周辺地域には断崖に並ぶ王の棺「カラヒアの棺」や、「レバッシュの霊廟」、上下2層からなる「ゴクタの滝」などの観光名所も点在している。

さらに周辺の自然豊かな山中では、アンデス山地の奥深くに生息するといわれている絶滅危惧種「オナガラケットハチドリ」を観察することもできる。

昨年9月に、ペルーの首都リマから「クエラップ遺跡」最寄りのハエン空港への毎日直行便が就航し、リマからクエラップ遺跡に約5時間でアクセスできるようになった。また、新たにケーブルカーが運行を開始しており、山の麓から頂上の遺跡まで、絶景を楽しみながら簡単に移動することができる。

“第二のマチュピチュ”とも謳われる注目のスポット「クエラップ遺跡」は、まだ日本でもほとんど知られておらず、訪ねた人も数少ない、希少性の高いスポットだ。旅慣れたサライ世代の旅先として、検討に値するのではないか。

【参考リンク】
※ ペルー公式観光サイト
https://www.peru.travel/jp/

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  2. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  3. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  4. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
  5. Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1) 想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「…
PAGE TOP