新着記事

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

天竜浜名湖鉄道でノスタルジックな汽車旅気分を満喫する旅

文・写真/山下 竜

新幹線こだま号が停車する、静岡県掛川市の掛川駅。この駅から森町・浜松市天竜区・浜名湖沿岸を経由して、新所原駅まで結ぶ鉄道が、天竜浜名湖鉄道です。この沿線には小国神社や浜名湖など魅力的な観光地があり、全線にわたり、36件にも及ぶ国の登録有形文化財が存在します。

特に天竜浜名湖鉄道の駅舎には、今でも現役の木造駅舎が複数存在し、昔ながらのノスタルジックな気分を堪能できます。

それでは掛川駅から天竜二俣駅までの、ノスタルジックな木造駅舎を巡る汽車旅をご案内しましょう。

*  *  *

掛川駅から下り新所原方面に3駅進むと、【桜木駅】に到着します。この駅は1935年掛川駅〜遠江森駅間の開通時に国鉄二俣線の遠江桜木駅として開業しました。駅舎と掛川方面のプラットホームが国の登録有形文化財に登録されています。

この駅の周辺には商店・飲食店や発展著しい住宅地、更にヤマハ等の大手企業があり通勤客で賑わっています。

桜木駅から3駅進むと、【原谷駅】に到着します。この駅も桜木駅と同様1935年に開業しており、駅舎が登録有形文化財に登録されています。

原谷駅から3駅進むと、今度は周智郡森町の玄関口である【遠州森駅】に到着します。この駅も1935年に開業しており、駅舎及び上りプラットホームが登録有形文化財に登録されています。

この駅の近くには高等学校があり、更に朝夕は学生の乗降客が多く活気に溢れており、駅舎は鉄道を利用する学生達を見守っています。

なお森町は神社・仏閣等が多い町であり、更に駅から北東にある三島神社周辺では11月に森大祭が行われ、三島神社を中心に二輪屋台が練り歩くなど町中が賑わいます。

遠州森駅から3駅進むと、【遠江一宮駅】に到着します。この駅は1940年に開業しており、駅舎が国の登録有形文化財に登録されています。

駅舎内には手打ち蕎麦の店「百々や(ももや)」があり、木造駅舎の雰囲気を堪能しながら手打ちのざるそばを味わうことが出来ます。営業時間は11:30〜15:00(売切れ次第終了)、定休日は月曜日と火曜日(祝日の場合は営業)です。

なおこの駅から徒歩30分ぐらいで、小国神社やあじさい寺と呼ばれる極楽寺へ行くことができます。

さて、遠江一宮駅から4駅進むと浜松市天竜区の中心地【天竜二俣駅】に到着します。この駅も1940年に開業しており、駅舎やプラットホーム・転車台など様々な施設が国の登録有形文化財に登録されています。

また駅舎内にはラーメン屋「ホームラン軒」が、駅舎の東隣には転車台カレーを提供する「十文字屋」があり、鉄道旅でお腹をすかせた人達の腹を満たしてくれます。ホームラン軒の営業時間は11:00〜14:00と17:00〜19:30、定休日は日曜日の夜と月曜日です。十文字屋の営業時間は11:00〜14:30、定休日は水曜日です。

以上、今回は天竜浜名湖鉄道の掛川駅〜天竜二俣駅間に連なるノスタルジックな駅舎たちを紹介しました。さらにこの先の気賀駅や三ケ日駅などにも、味わい深い木造駅舎があります。

 

今では数少なくなってしまった木造駅舎には、新しい駅舎にはない風格があり、得も言われぬぬくもりがあります。たまにはのんびりと木造駅舎のベンチに座って、時が止まったような雰囲気を感じるための旅に、出かけてるのもよいものです。

文・写真/山下 竜
静岡県に住み、様々な名所・旧跡・神社・仏閣等に行き、普通の写真だけでなく360度写真・動画も撮影している。更にVRにも挑戦するなど、常に新しいことを学び、積極的に挑戦している。全日本書き人クラブ会員。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「ゴジラ岩」を知っていますか?夕日絶景ランキングTOP10
  2. 6日目《北見から美深へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  3. 6日目《北見から美深へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  4. アルプスの渓谷を走る、ノスタルジックな狭軌道鉄道「ヘレンタール鉄…
  5. 江戸時代の面影を残す 絞り染めで栄えた有松【日本の古い街並み紀行…
PAGE TOP