新着記事

紅葵花蒔絵硯箱 尾形光琳作 江戸時代 畠山記念館蔵 展示期間:2月16日~3月17日 美の演出家 光悦と光琳【光悦と光琳―琳派の美】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ 1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました 自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

アルプスの美峰シュネーベルク山を登山鉄道で行く小さな旅(オーストリア)

文・写真/ひょろ(オーストリア在住ライター)

音楽と芸術の都ウィーンを首都とする、アルプスの小国オーストリア。今回は、この国が誇る山々をゆったりと楽しめる登山鉄道の旅をご紹介しましょう。

シュネーベルクのサラマンダー

ヴィーナー・アルペンと呼ばれる、ウィーン南方の山々の代表格、シュネーベルク。「雪山」の意味を持つこの山は、現地の人に人気の日帰り旅行先となっています。

ウィーンからオーストリア国鉄に乗って80分で、シュネーベルクの登り口の駅プフベルク(Puchberg)に到着します。ここで、「サラマンダー」の愛称で知られるシュネーベルク鉄道に乗り換えます。

「サラマンダー」とは、この地域に生息するトカゲの一種。その名を冠した列車の車体は、かなり個性的なデザインとなっています。

以前は蒸気機関車のみの運行でしたが、1999年に現在の車体に改められました。

このシュネーベルク登山鉄道は、オーストリアに三つあるラック式鉄道の一つで、9.7kmの距離は国内最長。頂上駅の標高は、国内最高の1795mとなっています。

この列車に乗って40分で、山頂付近の駅に到着します。のどかな田園風景から険しい岩山に変わっていく車窓の風景が、19.7%の傾斜を感じさせます。心なしか気温も下がってきますので、上着を羽織る乗客の姿も見かけます。

途中駅で地元グルメを楽しむ

途中駅にあるキオスクでは、シュネーベルク名産ブフテルンが売られています。一時停車の合間に一切れ買って、道中のお供にしてみましょう。

オーストリアのドイツ語でMarille(マリレ)と呼ばれるアプリコットジャムの入ったものがスタンダート。他にもPowidl(ポーヴィドル)と呼ばれるスモモソース入りもオススメ。生地は焼きたてふわふわで、素朴な味わいに、甘酸っぱいジャムがよく合います。

この停車中には、車体と線路の歯車が噛みあっている様子を間近から眺めることができます。

シュネーベルク頂上からの絶景

シュネーベルクの頂上にたどり着くと、眼下に素晴らしい景色が広がっています。

岩肌がむき出しの手前の景色と、緑豊かな下界の風景のコントラストが印象的です。

頂上にはカフェレストランもあり、天気のいい日はテラス席でのんびりと絶景を楽しむことができます。

シュネーベルク観光の歴史

シュネーベルクの登山鉄道は、1897年に運航を開始した、歴史ある路線です。ハプスブルク家の皇帝フランツ・ヨーゼフもこの鉄道に乗って頂上に来たことがあり、このシュネーベルクの人気の高さがうかがえます。

頂上付近には、その皇帝の美貌の皇妃エリザベートの名を冠した礼拝堂もあり、ちょっとした観光スポットになっています。この礼拝堂からの景色は絶景ですので、ぜひお見逃しなく。

蒸気機関車の出番

週末には、「サラマンダー」だけではなく、昔ながらの蒸気機関車が運航している時間帯もあります。専用チケットを購入すれば乗車することができますし、チケットを持っていなくても、こうして準備中の蒸気機関車を気軽にそばから見ることができますよ。

頂上駅からは、ハイキングコースも整備されています。帰りの列車に乗る前に、ゆっくりと頂上付近を散策して、ハイキング気分と歴史散策を存分に楽しんでみてください。

*  *  *

以上、オーストリアの絶景スポット、シュネーベルクと歴史ある登山鉄道の旅をご紹介しました。鉄道好き、歴史好き、ハイキング好きの方に満足していただける上、ちょっとした地元グルメまで味わえてしまう、素敵な鉄旅です。

ウィーンから日帰り往復ができますので、オーストリア旅行の際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【シュネーベルク鉄道】
チケットは www.schneebergbahn.at にて予約、購入できる。運行時期は4月末から10月末。蒸気機関車の運行は7,8月の日曜祝日。

文・写真/ひょろ
オーストリア・ウィーン在住フォトライター。世界45カ国を旅し、『るるぶ』『ララチッタ』(JTB出版社)、阪急交通社など、数々の旅行メディアにオーストリアの情報を提供、寄稿。海外書き人クラブ所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 咸臨丸 所縁の地サンフランシスコで巡る幕末の歴史|「咸臨丸」水夫達の眠る…
  2. 3時間半でスコットランドを飲んで、食べ尽くす「フードツアー」 短時間でエディンバラの名物を飲んで食べ尽くす!|新しい観光スタイ…
  3. ピエール・ブーレーズ・ザール 世界的指揮者ダニエル・バレンボイムの理想を建築家フランク・ゲイリ…
  4. ラハイナのサトウキビ列車、今は不定期運転 マウイ島とハワイ島で、廃線鉄道を探る【ハワイ楽園鉄道3】
  5. シティのビル群が一望できるビュースポット、カンガルー・ポイント。 ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ブリスベン編…
PAGE TOP