新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

アルプスの美峰シュネーベルク山を登山鉄道で行く小さな旅(オーストリア)

文・写真/ひょろ(オーストリア在住ライター)

音楽と芸術の都ウィーンを首都とする、アルプスの小国オーストリア。今回は、この国が誇る山々をゆったりと楽しめる登山鉄道の旅をご紹介しましょう。

シュネーベルクのサラマンダー

ヴィーナー・アルペンと呼ばれる、ウィーン南方の山々の代表格、シュネーベルク。「雪山」の意味を持つこの山は、現地の人に人気の日帰り旅行先となっています。

ウィーンからオーストリア国鉄に乗って80分で、シュネーベルクの登り口の駅プフベルク(Puchberg)に到着します。ここで、「サラマンダー」の愛称で知られるシュネーベルク鉄道に乗り換えます。

「サラマンダー」とは、この地域に生息するトカゲの一種。その名を冠した列車の車体は、かなり個性的なデザインとなっています。

以前は蒸気機関車のみの運行でしたが、1999年に現在の車体に改められました。

このシュネーベルク登山鉄道は、オーストリアに三つあるラック式鉄道の一つで、9.7kmの距離は国内最長。頂上駅の標高は、国内最高の1795mとなっています。

この列車に乗って40分で、山頂付近の駅に到着します。のどかな田園風景から険しい岩山に変わっていく車窓の風景が、19.7%の傾斜を感じさせます。心なしか気温も下がってきますので、上着を羽織る乗客の姿も見かけます。

途中駅で地元グルメを楽しむ

途中駅にあるキオスクでは、シュネーベルク名産ブフテルンが売られています。一時停車の合間に一切れ買って、道中のお供にしてみましょう。

オーストリアのドイツ語でMarille(マリレ)と呼ばれるアプリコットジャムの入ったものがスタンダート。他にもPowidl(ポーヴィドル)と呼ばれるスモモソース入りもオススメ。生地は焼きたてふわふわで、素朴な味わいに、甘酸っぱいジャムがよく合います。

この停車中には、車体と線路の歯車が噛みあっている様子を間近から眺めることができます。

シュネーベルク頂上からの絶景

シュネーベルクの頂上にたどり着くと、眼下に素晴らしい景色が広がっています。

岩肌がむき出しの手前の景色と、緑豊かな下界の風景のコントラストが印象的です。

頂上にはカフェレストランもあり、天気のいい日はテラス席でのんびりと絶景を楽しむことができます。

シュネーベルク観光の歴史

シュネーベルクの登山鉄道は、1897年に運航を開始した、歴史ある路線です。ハプスブルク家の皇帝フランツ・ヨーゼフもこの鉄道に乗って頂上に来たことがあり、このシュネーベルクの人気の高さがうかがえます。

頂上付近には、その皇帝の美貌の皇妃エリザベートの名を冠した礼拝堂もあり、ちょっとした観光スポットになっています。この礼拝堂からの景色は絶景ですので、ぜひお見逃しなく。

蒸気機関車の出番

週末には、「サラマンダー」だけではなく、昔ながらの蒸気機関車が運航している時間帯もあります。専用チケットを購入すれば乗車することができますし、チケットを持っていなくても、こうして準備中の蒸気機関車を気軽にそばから見ることができますよ。

頂上駅からは、ハイキングコースも整備されています。帰りの列車に乗る前に、ゆっくりと頂上付近を散策して、ハイキング気分と歴史散策を存分に楽しんでみてください。

*  *  *

以上、オーストリアの絶景スポット、シュネーベルクと歴史ある登山鉄道の旅をご紹介しました。鉄道好き、歴史好き、ハイキング好きの方に満足していただける上、ちょっとした地元グルメまで味わえてしまう、素敵な鉄旅です。

ウィーンから日帰り往復ができますので、オーストリア旅行の際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【シュネーベルク鉄道】
チケットは www.schneebergbahn.at にて予約、購入できる。運行時期は4月末から10月末。蒸気機関車の運行は7,8月の日曜祝日。

文・写真/ひょろ
オーストリア・ウィーン在住フォトライター。世界45カ国を旅し、『るるぶ』『ララチッタ』(JTB出版社)、阪急交通社など、数々の旅行メディアにオーストリアの情報を提供、寄稿。海外書き人クラブ所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 5.7キロの空中散歩!スリル満点の香港はいかが?
  2. 500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500…
  3. 微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪
  4. 退職金でしたい事1位は海外旅行!お金をかけるポイントは?
  5. 美食の都リマのトップレストラン3店| 世界のフーディーズが絶賛す…
PAGE TOP