新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

「ゴジラ岩」を知っていますか?夕日絶景ランキングTOP10

一日の終わりを告げる夕日は、ほんの数分の間で表情が変わる。その幻想的な光景はまるで絵画のようで、いつまでも眺めていたいと思わせる。

今回、リクルートライフスタイルが企画・編集する旅行情報誌『じゃらん』では、日本国内で見ることができる夕日絶景スポットの中から「行ってみたい夕日絶景」についてアンケートを実施した。早速、トップ10を発表していこう!

第1位:父母ヶ浜(ちちぶがはま)【香川県】

風のない干潮時の潮だまりが鏡のようになることから「日本のウユニ塩湖」と、SNSで人気が上昇した話題のスポット。特に日没のマジックアワーは幻想的な風景が広がる。

第2位:ゴジラ岩【秋田県】

TVCMで有名になった“シルエットがまるでゴジラ”な岩。岩礁地帯である潮瀬崎に位置し、特に夕暮れ時にはゴジラの口に夕日が差し掛かり、その姿はまるで火を吐いているような迫力だ。

第3位:砂山ビーチ【沖縄県】

白砂の下り坂の先に姿を現す人気ビーチ。ぽっかりと穴を開けた洞窟がシンボル。空と海をオレンジ色に染めながら、目の前に沈みゆく夕日が圧巻。

第4位:笹川流れ【新潟県】

国の名勝天然記念物(県立自然公園)にも指定された、11kmも続く海岸。太陽が水平線に沈む間際の18:00~18:30頃には、オレンジ色にくっきり光る夕日を見ることができる。

第5位:石見畳ヶ浦(いわみたたみがうら)【島根県】

洞窟を抜けると、地質学的にも貴重な約1,600万年前の地層が露出した千畳敷に。満ち潮でできた潮だまりを逆光で撮影すれば、隆起した海床や人のシルエットが上下対称の夢幻ワールドを描き出す。

第6位:夕日の森 展望台【新潟県】

写真提供:@yassan_no.6

視界が大きく開けた展望ポイント。海と夕日のコントラストが絶妙。名前の通り夕日の名所でもあり、海と空が黄金色に染まる夕景は胸に迫る美しさ。

第7位:万座毛【沖縄県】

沖縄の絶景名所といえばその名が挙がる万座毛。ゾウの鼻のカタチをした琉球石灰岩がシンボル的存在。一帯は天然の芝や海岸性植物で覆われた緑の広場になっており、水平線に沈む夕日も美しい。

第8位:屏風ケ浦(びょうぶがうら) 【千葉県】

銚子市名洗町から旭市飯岡刑部岬まで約10kmにわたる岸の絶壁。英仏海峡のドーバーの「白い壁」に匹敵するといわれ「東洋のドーバー」という別名もあるほど。夕暮れ時が特に幻想的。

第9位:人形岩(西方海岸)【鹿児島県】

東シナ海に沈む夕日が美しい絶景スポット。人のような形の岩の前に、丸い小さな“頭”があり、親が子を抱く姿に見えることから、いつしか人形岩と呼ばれるようになった。人形岩の向こうに沈みゆく夕日は周辺エリアでも随一の絶景。

第10位:大観山(たいかんざん) 【神奈川県】

世界遺産・富士山、芦ノ湖に箱根の山々を一望できる絶景スポット。“かながわの景勝50選”にも選ばれている。晴れた日には雲海に浮かぶ富士山が見られることもある。

夕日はその日の天候によっても変化し、いろんな景色を見せてくれる。それ故、何度も訪れたくなるようだ。ゆっくり辺り一面がオレンジ色に染まっていく光景は、感動モノだ。暑さが和らぐ夕暮れ時、絶景の夕日を見に出かけてみては?

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 7日目《美深から名寄へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  2. 7日目《美深から名寄へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  3. 新選組が眺めた紅葉も。2018京都・秋の特別公開はここへ行く!【…
  4. 歴史を感じるリノベーション。新しくなった「南禅寺参道 菊水」へ行…
  5. 「苔」が美しい京都の寺4選
PAGE TOP