新着記事

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒

取材・文/関屋淳子富山県東部、富山湾に面する魚津市(うおづし)は古来、魚の産地としてその…

新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった

新発見の『江戸始図(えどはじめず)』から、徳川家康が築城した初代江戸城の実像が浮かび上がった。それは…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

上七軒ビアガーデン|京都最古の花街で冷たいビールを!【中井シノブの京都通信】

文/中井シノブ

京都の夏の風物詩・上七軒ビアガーデンが今年も始まった。

昭和30年頃から続くこのビアガーデンは、毎年7月上旬~9月上旬まで開かれる。上七軒にも近い西陣の旦那衆たちの社交の場として誕生したが、近頃は京都人だけでなく、観光客なども訪れる開かれた憩いの場になった。

芸妓さんや舞妓さんが浴衣姿でもてなしてくれ、一見ではかなわない花街のお座敷の雰囲気を感じられると人気なのだ。

そもそも上七軒は、15世紀の中頃に北野天満宮の一部が消失した際に、修造の残材で東門前に七軒のお茶屋を建てたことが始まりだと伝えられている。

その後、1587年(天正15)に太閤秀吉が北野大茶会を催した折、名物の御手洗団子を献上したところ、秀吉がいたく気に入り、褒美として御手洗団子を商う特権と茶屋株を許したそうだ。そして、京都最古の花街が誕生した。

7月の声を聞き、「今年もそろそろ行かねば」と気が逸る頃に、大阪の友人から「来週あたりどうでしょう」と声がかかった。毎年、気のおけない友人たちと集まれるのも、この夏の行事のおかげなのだろう。

風情ある木造の玄関から池にかかる橋を渡って庭に案内されると、美しい日本庭園に囲まれるようなビアガーデンが登場。五つ団子の紋章が光る提灯や日本髪を結った舞妓さんの姿が見え、まるで時間旅行をしたような気分になる。

歌舞練場の建物自体は、明治の中頃に建てられ、その後増改築を繰り返して、昭和27年に現在の姿になった。現存する木造劇場のなかでも、400席を超える大型劇場は少なく、建築的にも価値を認められている。

テーブルにつくと、芸舞妓さんが席を訪れ、名前を刷った千社札シールを手渡し「おたのもうします」と挨拶してくれる。舞妓さんと話せるのがうれしくて、ついあれこれ質問するのも毎年の恒例。「昔は、このお庭で芸妓さんとダンスをする粋なお客さんもおいやしたそうどすえ」。舞妓さんの優しい花街言葉になごみ、ビールが進むのも毎年のこと(笑)。

冷たいビールのつまみは、枝豆やだし巻のほか、ナポリタンやピザなど洋食メニューも。古き良き時代を体感できる場ではあるが、予約はインターネットでもできると現代的。「秀吉も、茶を供する娘たちに癒されたんだろうなあ~」。暑い京都もまた楽しい、そんな気持ちになれるのだ。

【上七軒歌舞練場ビアガーデン】
■場所: 京都府京都市上京区今出川通七本松西入ル真盛町742
■営業期間:2017年7月1日〜9月5日 ※8月14日〜16日は休み
■営業時間:17時半〜22時 ※入店は17:30/18:00/18:30/20:00/20:30より選択
■料金:2000円〜
■予約電話番号:075-461-0148
※下記のWebサイトからも予約可
http://www.maiko3.com/event/ev-6.htm

文/中井シノブ
京都在住編集者、ライター。京都をこよなく愛し、食べ歩くこと年間350日。『京都女子酒場』『京の一生もん』など京都関連の著書がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 京都の老舗花屋「花政」主人が薦める夏の山野草6種
  2. 一輪の花が迎えてくれる大人の京都路地裏バー『文久』(京都・三条)…
  3. 叡山ケーブルと八瀬もみじの小径で夜の絶景散歩を楽しむ【京都、初夏…
  4. 愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏…
  5. “神の気”満ちる青もみじの貴船神社で心身ともにリフレッシュ【京都…
PAGE TOP