新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

上七軒ビアガーデン|京都最古の花街で冷たいビールを!【中井シノブの京都通信】

文/中井シノブ

京都の夏の風物詩・上七軒ビアガーデンが今年も始まった。

昭和30年頃から続くこのビアガーデンは、毎年7月上旬~9月上旬まで開かれる。上七軒にも近い西陣の旦那衆たちの社交の場として誕生したが、近頃は京都人だけでなく、観光客なども訪れる開かれた憩いの場になった。

芸妓さんや舞妓さんが浴衣姿でもてなしてくれ、一見ではかなわない花街のお座敷の雰囲気を感じられると人気なのだ。

そもそも上七軒は、15世紀の中頃に北野天満宮の一部が消失した際に、修造の残材で東門前に七軒のお茶屋を建てたことが始まりだと伝えられている。

その後、1587年(天正15)に太閤秀吉が北野大茶会を催した折、名物の御手洗団子を献上したところ、秀吉がいたく気に入り、褒美として御手洗団子を商う特権と茶屋株を許したそうだ。そして、京都最古の花街が誕生した。

7月の声を聞き、「今年もそろそろ行かねば」と気が逸る頃に、大阪の友人から「来週あたりどうでしょう」と声がかかった。毎年、気のおけない友人たちと集まれるのも、この夏の行事のおかげなのだろう。

風情ある木造の玄関から池にかかる橋を渡って庭に案内されると、美しい日本庭園に囲まれるようなビアガーデンが登場。五つ団子の紋章が光る提灯や日本髪を結った舞妓さんの姿が見え、まるで時間旅行をしたような気分になる。

歌舞練場の建物自体は、明治の中頃に建てられ、その後増改築を繰り返して、昭和27年に現在の姿になった。現存する木造劇場のなかでも、400席を超える大型劇場は少なく、建築的にも価値を認められている。

テーブルにつくと、芸舞妓さんが席を訪れ、名前を刷った千社札シールを手渡し「おたのもうします」と挨拶してくれる。舞妓さんと話せるのがうれしくて、ついあれこれ質問するのも毎年の恒例。「昔は、このお庭で芸妓さんとダンスをする粋なお客さんもおいやしたそうどすえ」。舞妓さんの優しい花街言葉になごみ、ビールが進むのも毎年のこと(笑)。

冷たいビールのつまみは、枝豆やだし巻のほか、ナポリタンやピザなど洋食メニューも。古き良き時代を体感できる場ではあるが、予約はインターネットでもできると現代的。「秀吉も、茶を供する娘たちに癒されたんだろうなあ~」。暑い京都もまた楽しい、そんな気持ちになれるのだ。

【上七軒歌舞練場ビアガーデン】
■場所: 京都府京都市上京区今出川通七本松西入ル真盛町742
■営業期間:2017年7月1日〜9月5日 ※8月14日〜16日は休み
■営業時間:17時半〜22時 ※入店は17:30/18:00/18:30/20:00/20:30より選択
■料金:2000円〜
■予約電話番号:075-461-0148
※下記のWebサイトからも予約可
http://www.maiko3.com/event/ev-6.htm

文/中井シノブ
京都在住編集者、ライター。京都をこよなく愛し、食べ歩くこと年間350日。『京都女子酒場』『京の一生もん』など京都関連の著書がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 孫と一緒に狂言観賞!おすすめ演目を狂言師・茂山茂さんに聞いてみた…
  2. JR東海「そうだ 京都、行こう。」今春の主役は知られざる超穴場の…
  3. 叡山電鉄で京都洛北の秋景色を堪能する【京都紅葉鉄道 途中下車のす…
  4. 嵯峨野観光鉄道で京都・保津峡の紅葉絶景を満喫する【京都紅葉鉄道 …
  5. 保存版!奥深き京の珈琲文化を感じる「京都の喫茶店」7軒
PAGE TOP