新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

文/中村康宏現代病と言われるうつ病や生活習慣病。これらの原因になっているのは、残業な…

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

新潟県の「亀田郷」(現新潟市)に約300年前から伝わる綿織物が「亀田縞」だ。農民が織りはじめ…

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

文/印南敦史「昔にくらべ、なにかに感動しなくなった」とか、嫌なことがあると、ずっと引きず…

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

取材・文/末原美裕春は気温の寒暖差が激しい季節ですが、満開の桜の横に雪が積もったりと…

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

人は誰でも褒められばうれしいもの。だが、褒めて伸ばす、とモットーとしても、そればかりでいいのだろ…

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

今では国産眼鏡フレーム生産の95%以上を担い、“眼鏡の聖地”とも言われる福井県鯖江市。古くか…

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

取材・文/藤田麻希京都の玄関口として馴染み深い東寺(正式名称は教王護国寺)。五重塔が見えると…

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

文/一乗谷かおり 猫にもあるPTSD昨年発生した大阪府北部地震の際、SNSなどをチェック…

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

ブランドの買い付けなどで月に一度は旅をしている桐島かれんさんは、週末、古民家を改修した葉山の家で日本…

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

つい先日も定年引き上げが話題となったが、定年を迎えてからの人生、まだまだ働ける、と思っている…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

  1. モースが感動した小鳥の芸  

    モースが感動した小鳥の芸|明治時代の庶民の動物愛護精神

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司今から約140年前の明治10(1877)年、貝塚を発見したエドワード・シルベスター・モースは日本の「お雇い外国人」として来日しました。滞在中、見聞きした日本の伝統文化や芸術、庶民の暮らしを丹…

  2. プロのバードウォッチャーが教える、初心者がすぐに使えるテクニック  

    「スコープにすぐ鳥を入れる」「鳥に近づく」|日本でただ1人のプロ・バードウォッチャーが教える「スゴ技」

         

    文/鈴木拓也一説には「100万人はいる」とされる日本のバードウォッチング人口。言われ…

  3.  

    標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

         

    文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた…

  4.  

    頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

         

    文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

  5.  

    なぜその鳥だけがその木を好むのか?野鳥観察に役立つ木と鳥の相性

         

    文/柿川鮎子 写真/木村圭司蓼食う虫も好き好きと言いますが、鳥も虫と同じように好き嫌いがあり…

  6.  

    007は鳥類学者だった!ジェームズ・ボンド博士の数奇なる人生

         

    取材・文/柿川鮎子イアン・フレミング原作のスパイ小説、007の主人公といえばジェーム…

  7.  

    鳥の名前を調べるコツ!プロが教える「野鳥の見わけ方」3ポイント

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司屋外でカラス、スズメ、ハト以外の鳥を見つけた時に、その鳥の…

  8.  

    日本人が大好きな夏の野鳥「ツバメ」の魅力と観察のススメ

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司そろそろ冬鳥が渡り、桜も散って、夏鳥の動向が気になってくる…

  9.  

    ふくろうを飼うなら絶対必要となる3つの条件とは?

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司美しい目と鋭い爪が印象的な猛禽類のふくろう。以前のよう…

  10.  

    大自然の桃源郷「カカドゥ国立公園」で野鳥観察を堪能する【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

         

    文・写真(一部)/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)オーストラリアのノーザンテリトリー(北部準…

  11.  

    都心でも年中見られる「ヒヨドリ」3つの特徴【ベランダ野鳥観察のすすめ】

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司ベランダで野鳥を観察していて、必ず目に入る鳥のひと…

  12.  

    メジロを観察するとき知っておきたい6つのこと【ベランダ野鳥観察のすすめ】

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司夏鳥や冬鳥など四季折々、たくさんの鳥を楽しむことができる日…

  13.  

    そう呼ぶのは日本人だけ!実は鳩じゃなかった「鳩時計」の謎

         

    文/柿川鮎子定時になると小窓が開き、鳩が中から出てきて時を知らせる鳩時計は、日本でもおなじみ…

  14.  

    愛鳥家なら必携!日本で30年ぶりとなる野鳥のイラスト図鑑

         

    文/柿川鮎子雀やカラス、ハト以外の何か違う野鳥を見つけた時、何という名前の野鳥なのか…

  15.  

    ミミズクの「耳」は何の役にたっているのか?

         

    文/柿川鮎子ペットとして飼育する人が増えているフクロウ。「フクロウカフェ」など実物と…

  16.  

    シラサギという名前の鳥はいない!鳥の名前の魔訶不思議な由来とは

         

    文/柿川鮎子青く澄みきった秋空を、真っ白いサギが切り開くように飛ぶ姿を見ると、気持ち…

  17.  

    江戸の戯作者・曲亭馬琴の愛鳥家ぶりがわかる2つのエピソード

         

    文/柿川鮎子江戸の戯作者、曲亭(本名・滝沢)馬琴の代表作のひとつがご存知『南総里見八犬伝』で…

  18.  

    家康も大好き!江戸時代に「鷹狩り」が武士の間で流行った3つの理由

         

    文/柿川鮎子鷹狩りの歴史は古く、日本では西暦355年、仁徳天皇の時代に大陸から鷹が輸…

  19.  

    まさかの!竹取物語で最初にかぐや姫をさらってきた犯人は「鳥」!?

         

    文/柿川鮎子翁が光り輝く竹を切ったらビックリ! 中から赤ちゃんが!……というお話で有…

PAGE TOP