新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

  1. 標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

    文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた鳥標本を展示・公開しています。「標本の世界 鳥」展を担当した監督助手の東京大学総合研究博物館特任研究員の工藤光平さんに「あなたの知らない鳥標…

  2. 頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

    文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

  3. なぜその鳥だけがその木を好むのか?野鳥観察に役立つ木と鳥の相性

    文/柿川鮎子 写真/木村圭司蓼食う虫も好き好きと言いますが、鳥も虫と同じように好き嫌いがあり…

  4. 007は鳥類学者だった!ジェームズ・ボンド博士の数奇なる人生

    取材・文/柿川鮎子イアン・フレミング原作のスパイ小説、007の主人公といえばジェーム…

  5. 鳥の名前を調べるコツ!プロが教える「野鳥の見わけ方」3ポイント

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司屋外でカラス、スズメ、ハト以外の鳥を見つけた時に、その鳥の…

  6. 日本人が大好きな夏の野鳥「ツバメ」の魅力と観察のススメ

  7. ふくろうを飼うなら絶対必要となる3つの条件とは?

  8. 大自然の桃源郷「カカドゥ国立公園」で野鳥観察を堪能する【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

  9. 都心でも年中見られる「ヒヨドリ」3つの特徴【ベランダ野鳥観察のすすめ】

  10. メジロを観察するとき知っておきたい6つのこと【ベランダ野鳥観察のすすめ】

  11. そう呼ぶのは日本人だけ!実は鳩じゃなかった「鳩時計」の謎

  12. 愛鳥家なら必携!日本で30年ぶりとなる野鳥のイラスト図鑑

  13. ミミズクの「耳」は何の役にたっているのか?

  14. シラサギという名前の鳥はいない!鳥の名前の魔訶不思議な由来とは

  15. 江戸の戯作者・曲亭馬琴の愛鳥家ぶりがわかる2つのエピソード

  16. 家康も大好き!江戸時代に「鷹狩り」が武士の間で流行った3つの理由

  17. まさかの!竹取物語で最初にかぐや姫をさらってきた犯人は「鳥」!?

PAGE TOP