新着記事

木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン

長野県茅野市、八ヶ岳を見晴らす標高1200mの高原に小さな木工房がある。ここで独創的な木製小…

お葬式をどう考えるか|『和尚が教える 極上のお葬式』 「葬式不要論」「直葬」、お葬式をどう考えるか?|『和尚が教える 極上のお葬式』

文/印南敦史好むと好まざるとにかかわらず、人はいつか必ずお葬式にまつわる問題と向き合…

行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選

ホテルのラウンジでちょっと優雅にスイーツや軽食が楽しめると、今、ホテルのアフタヌーンティーの…

インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係

文/藤原邦康整顎がサッカーの足さばきに有効だということは、足技が重要とされるキックボクシング…

リンゴのアロマポット|木のぬくもりにあふれたアロマディフューザー

長野県茅野市、八ヶ岳を見晴らす標高1200mの高原に小さな木工房がある。ここで独創的な木製小…

古谷三敏さん(漫画家)「作品には自負があります。誰もやっていないテーマを、先んじて手がけてきました」【 サライ・インタビュー】

【サライ・インタビュー】古谷三敏さん(ふるや・みつとし、漫画家)――漫画家デビュー63年…

生命保険・損害保険を確認しておこう【知っておきたい災害への備え】 生命保険・損害保険を確認しておこう【知っておきたい災害への備え】

生命保険を確認しておこう■保険証券の保管と明細表の作成万一のときの死亡、けが・病気等に備…

夫婦の寝室、別への分かれ道は「結婚10年目」 リアルな夫婦の寝室事情|別室への分かれ道は「結婚10年目」

プライベートを覗き見するようで、面と向かっては聞きづらいお隣の寝室事情。よその夫婦は同じ部屋…

久慈の琥珀の御念珠|やわらかく心安らぐ上質な琥珀の御念珠

岩手県久慈市は、世界でも有数の琥珀の産地だ。琥珀とは数千万年から数億年前に、地上に繁茂してい…

タイトな靴 巻き爪、外反母趾・内反小趾、腰痛|「タイトな靴」による体への影響【快適に過ごせる靴との出会いvol.9】

文・イラスト/小池美波こんにちは。快適に過ごせる靴との出会い第9回目です。今回は「タ…

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

  1. プロのバードウォッチャーが教える、初心者がすぐに使えるテクニック

    「スコープにすぐ鳥を入れる」「鳥に近づく」|日本でただ1人のプロ・バードウォッチャーが教える「スゴ技」

    文/鈴木拓也一説には「100万人はいる」とされる日本のバードウォッチング人口。言われてみれば、河川敷や公園で、双眼鏡を覗いている人をよく見かけるようになった。高価な撮影機材が必要といった、バードウォッチングの敷居の高…

  2. 標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

    文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた…

  3. 頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

    文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

  4. なぜその鳥だけがその木を好むのか?野鳥観察に役立つ木と鳥の相性

    文/柿川鮎子 写真/木村圭司蓼食う虫も好き好きと言いますが、鳥も虫と同じように好き嫌いがあり…

  5. 007は鳥類学者だった!ジェームズ・ボンド博士の数奇なる人生

    取材・文/柿川鮎子イアン・フレミング原作のスパイ小説、007の主人公といえばジェーム…

  6. 鳥の名前を調べるコツ!プロが教える「野鳥の見わけ方」3ポイント

  7. 日本人が大好きな夏の野鳥「ツバメ」の魅力と観察のススメ

  8. ふくろうを飼うなら絶対必要となる3つの条件とは?

  9. 大自然の桃源郷「カカドゥ国立公園」で野鳥観察を堪能する【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

  10. 都心でも年中見られる「ヒヨドリ」3つの特徴【ベランダ野鳥観察のすすめ】

  11. メジロを観察するとき知っておきたい6つのこと【ベランダ野鳥観察のすすめ】

  12. そう呼ぶのは日本人だけ!実は鳩じゃなかった「鳩時計」の謎

  13. 愛鳥家なら必携!日本で30年ぶりとなる野鳥のイラスト図鑑

  14. ミミズクの「耳」は何の役にたっているのか?

  15. シラサギという名前の鳥はいない!鳥の名前の魔訶不思議な由来とは

  16. 江戸の戯作者・曲亭馬琴の愛鳥家ぶりがわかる2つのエピソード

  17. 家康も大好き!江戸時代に「鷹狩り」が武士の間で流行った3つの理由

  18. まさかの!竹取物語で最初にかぐや姫をさらってきた犯人は「鳥」!?

PAGE TOP