新着記事

もみじ盆栽|漆器の鉢植えのもみじで四季の移ろいを楽しむ

山中漆器(石川県)のメーカー浅田漆器工芸製作の味わい深い鉢に植えられた、もみじのミニ盆栽であ…

国宝 海磯鏡 唐または奈良時代・8世紀 東京国立博物館(法隆寺献納宝物)(通期展示)

正倉院宝物と法隆寺献納宝物が一堂に【御即位記念特別展 正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―】

取材・文/池田充枝正倉院宝物は、光明皇后が聖武天皇の御遺愛品をはじめとした品々を東大…

イマドキ60代独身は「気楽」「自由」を背景に約半数が老後も「1人で過ごしたい」

結婚しない60代は「気楽」「自由」に、老後も1人で過ごしたい

人生100年時代。「生涯未婚率の上昇」や「孤独死」という言葉を聞いて、老後の生活に不安を感じたこ…

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感…

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

楊洲周延著 千代田の大奥神田祭礼上覧 狆のくるひ(国立国会図書館アーカイブズ)

狆と呼んだ娘と結婚した日露戦争の英雄・秋山好古

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司日露戦争を勝利に導いた将軍・秋山好古(よしふる、1…

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから!痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから! 痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

文/川口陽海病院では医師から、『腰痛を治すには運動しましょう!ストレッチが良いですよ…

IMABARI コットンスヌード|無造作に巻いても形が決まる、暖かなコットン襟巻き

国産タオルの産地として名高い愛媛県今治市。近年はタオル製造で培った織物の技術を活かして、さま…

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

  1. モースが感動した小鳥の芸  

    モースが感動した小鳥の芸|明治時代の庶民の動物愛護精神

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司今から約140年前の明治10(1877)年、貝塚を発見したエドワード・シルベスター・モースは日本の「お雇い外国人」として来日しました。滞在中、見聞きした日本の伝統文化や芸術、庶民の暮らしを丹…

  2. プロのバードウォッチャーが教える、初心者がすぐに使えるテクニック  

    「スコープにすぐ鳥を入れる」「鳥に近づく」|日本でただ1人のプロ・バードウォッチャーが教える「スゴ技」

         

    文/鈴木拓也一説には「100万人はいる」とされる日本のバードウォッチング人口。言われ…

  3.  

    標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

         

    文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた…

  4.  

    頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

         

    文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

  5.  

    なぜその鳥だけがその木を好むのか?野鳥観察に役立つ木と鳥の相性

         

    文/柿川鮎子 写真/木村圭司蓼食う虫も好き好きと言いますが、鳥も虫と同じように好き嫌いがあり…

  6.  

    007は鳥類学者だった!ジェームズ・ボンド博士の数奇なる人生

         

    取材・文/柿川鮎子イアン・フレミング原作のスパイ小説、007の主人公といえばジェーム…

  7.  

    鳥の名前を調べるコツ!プロが教える「野鳥の見わけ方」3ポイント

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司屋外でカラス、スズメ、ハト以外の鳥を見つけた時に、その鳥の…

  8.  

    日本人が大好きな夏の野鳥「ツバメ」の魅力と観察のススメ

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司そろそろ冬鳥が渡り、桜も散って、夏鳥の動向が気になってくる…

  9.  

    ふくろうを飼うなら絶対必要となる3つの条件とは?

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司美しい目と鋭い爪が印象的な猛禽類のふくろう。以前のよう…

  10.  

    大自然の桃源郷「カカドゥ国立公園」で野鳥観察を堪能する【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

         

    文・写真(一部)/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)オーストラリアのノーザンテリトリー(北部準…

  11.  

    都心でも年中見られる「ヒヨドリ」3つの特徴【ベランダ野鳥観察のすすめ】

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司ベランダで野鳥を観察していて、必ず目に入る鳥のひと…

  12.  

    メジロを観察するとき知っておきたい6つのこと【ベランダ野鳥観察のすすめ】

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司夏鳥や冬鳥など四季折々、たくさんの鳥を楽しむことができる日…

  13.  

    そう呼ぶのは日本人だけ!実は鳩じゃなかった「鳩時計」の謎

         

    文/柿川鮎子定時になると小窓が開き、鳩が中から出てきて時を知らせる鳩時計は、日本でもおなじみ…

  14.  

    愛鳥家なら必携!日本で30年ぶりとなる野鳥のイラスト図鑑

         

    文/柿川鮎子雀やカラス、ハト以外の何か違う野鳥を見つけた時、何という名前の野鳥なのか…

  15.  

    ミミズクの「耳」は何の役にたっているのか?

         

    文/柿川鮎子ペットとして飼育する人が増えているフクロウ。「フクロウカフェ」など実物と…

  16.  

    シラサギという名前の鳥はいない!鳥の名前の魔訶不思議な由来とは

         

    文/柿川鮎子青く澄みきった秋空を、真っ白いサギが切り開くように飛ぶ姿を見ると、気持ち…

  17.  

    江戸の戯作者・曲亭馬琴の愛鳥家ぶりがわかる2つのエピソード

         

    文/柿川鮎子江戸の戯作者、曲亭(本名・滝沢)馬琴の代表作のひとつがご存知『南総里見八犬伝』で…

  18.  

    家康も大好き!江戸時代に「鷹狩り」が武士の間で流行った3つの理由

         

    文/柿川鮎子鷹狩りの歴史は古く、日本では西暦355年、仁徳天皇の時代に大陸から鷹が輸…

  19.  

    まさかの!竹取物語で最初にかぐや姫をさらってきた犯人は「鳥」!?

         

    文/柿川鮎子翁が光り輝く竹を切ったらビックリ! 中から赤ちゃんが!……というお話で有…

PAGE TOP