新着記事

ショパンのバラードの偉大さを雄弁に伝えるアンスネスの名演【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)あまりにも多く、軽々しく演奏されすぎているせいか、ショパ…

忠臣蔵 年末の定番映画といえばこれ!『忠臣蔵』【面白すぎる日本映画 第25回】

文・絵/牧野良幸早いもので2018年も残りわずかとなってしまった。そこで今回は年末の定番…

えっ、あの人が銀行員!?|前職が意外な芸能人ランキング

芸能界で活躍している人の中には、意外な前職の人がいた!株式会社CMサイトのランキングサイト「…

手塚雄二・朝めし自慢1 【朝めし自慢】手塚雄二さん(日本画家・65歳)「糖質を抑えた献立で、20年来、体型は変わりません」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆主食はバナナかパンのいずれかを選択。現代日本画壇を牽引する作…

飛騨高山の燻製工房「キュルノンチュエ」のソーセージ&パテ【サライのお取り寄せ】

「キュルノンチュエ」は1998年に創業。燻製作りに情熱をかけた創業者が、燻製品で名高いフラン…

修行コースに参加せず、境内で自主的に瞑想にチャレンジしても構わない。 タイの古刹「ワット・ラムプーン」で瞑想修行!|「歩く瞑想」「坐る瞑想」で心のクリーニング

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)温和で親しみやすい国民性から「微笑み…

【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか?

「モテる人」というのは確かにいる。そして「モテる人はマネジメントがうまい」という説がある。 …

ヘルニア・狭窄症 ストレッチで改善する座った時の痛みやしびれ ヘルニア・狭窄症|ストレッチで改善する座っている時の痛みやしびれ【川口陽海の腰痛改善教室 第8回】

文/川口陽海『座ると腰が痛い・・・』『長く座ると足がしびれる・・・』『通勤電…

はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場

当店人気の「らくあきパンツ」のコーデュロイタイプをご紹介。深い股上と、ゆったりとしたはき心地…

昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』

文/印南敦史ご存知の方も多いかと思うが、『昭和歌謡は終わらない』(近藤勝重著、幻冬舎…

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

  1. 標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

    文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた鳥標本を展示・公開しています。「標本の世界 鳥」展を担当した監督助手の東京大学総合研究博物館特任研究員の工藤光平さんに「あなたの知らない鳥標…

  2. 頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

    文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

  3. なぜその鳥だけがその木を好むのか?野鳥観察に役立つ木と鳥の相性

    文/柿川鮎子 写真/木村圭司蓼食う虫も好き好きと言いますが、鳥も虫と同じように好き嫌いがあり…

  4. 007は鳥類学者だった!ジェームズ・ボンド博士の数奇なる人生

    取材・文/柿川鮎子イアン・フレミング原作のスパイ小説、007の主人公といえばジェーム…

  5. 鳥の名前を調べるコツ!プロが教える「野鳥の見わけ方」3ポイント

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司屋外でカラス、スズメ、ハト以外の鳥を見つけた時に、その鳥の…

  6. 日本人が大好きな夏の野鳥「ツバメ」の魅力と観察のススメ

  7. ふくろうを飼うなら絶対必要となる3つの条件とは?

  8. 大自然の桃源郷「カカドゥ国立公園」で野鳥観察を堪能する【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

  9. 都心でも年中見られる「ヒヨドリ」3つの特徴【ベランダ野鳥観察のすすめ】

  10. メジロを観察するとき知っておきたい6つのこと【ベランダ野鳥観察のすすめ】

  11. そう呼ぶのは日本人だけ!実は鳩じゃなかった「鳩時計」の謎

  12. 愛鳥家なら必携!日本で30年ぶりとなる野鳥のイラスト図鑑

  13. ミミズクの「耳」は何の役にたっているのか?

  14. シラサギという名前の鳥はいない!鳥の名前の魔訶不思議な由来とは

  15. 江戸の戯作者・曲亭馬琴の愛鳥家ぶりがわかる2つのエピソード

  16. 家康も大好き!江戸時代に「鷹狩り」が武士の間で流行った3つの理由

  17. まさかの!竹取物語で最初にかぐや姫をさらってきた犯人は「鳥」!?

PAGE TOP