新着記事

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

受験シーズンの到来まであと2か月。受験生の親や教育関係者など、受験生を中心にその周辺も本番に向け…

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

取材・文/柿川鮎子毎日ペットが使っているリードやキャリーケースなどには、国が定める安全性に関…

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

11月9日に開催された「特製おせち」を楽しむ会。会の様子はこちらでご報告していますが、当…

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

【サライ・インタビュー】保科正さん(ほしな・ただし、家具会社顧問、デザイナー)――家具を…

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

取材・文/坂口鈴香静岡に住む母親のトキ子さん(仮名・91)が認知症になり、上野明美さ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

取材・文/坂口鈴香離れて暮らしている親に介護が必要になると、「遠距離介護」の問題が大きく…

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関…

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

認知症

  1. 認知症の高齢者の増加とともに深刻化しているゴミ屋敷問題! 最悪の事態を招く前にすべき対策とは…  

    認知症の高齢者の増加とともに深刻化している「ゴミ屋敷」問題|対処しないと起こる最悪の事態とは?

         

    独り暮らしの高齢者の家の「ゴミ屋敷化」も深刻な社会問題となっています。「ゴミ屋敷化」にはさまざまな要因がありますが、認知症もそのひとつと考えられています。2017年に高齢化率が27.7%となり、「超高齢社会」に突入した日本。内閣…

  2. 「もしかしてウチの親は認知症?」と思ったときにとるべき対策とは?|『親の認知症に気づいたら読む本』  

    「もしかしてウチの親は認知症?」と思ったら、まず最初にすべきこと

         

    文/鈴木拓也平均寿命の伸びとともに、「人生100年」が当然のことと考えられるようにな…

  3. 認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは  

    認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

         

    取材・文/渡辺陽(わたなべ・よう)大手製薬企業や大学病院が研究開発にチャレンジしては…

  4.  

    最適な歩幅は65センチ!認知症予防に「ソーシャル・ウォーキング」のススメ

         

    取材・文/沢木文認知症にまつわる研究が進み、生活習慣と認知症との関連性も注目されているなか、…

  5.  

    認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞く健康の秘訣】

         

    取材・文/わたなべあや検診と言えば、胃がんや大腸がん検診、肺がん検診が代表的ですが、…

  6.  

    認知症予防のマインド食で推奨される「オリーブオイル」の賢い摂り方

         

    取材・文/わたなべあや認知症予防には、脳トレなどさまざまな方法が試みられていますが、…

  7.  

    高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つ

         

    文/鈴木拓也「運転中にヒヤリとすることが多くなった」というサライ世代は少なくないだろ…

  8.  

    アルツハイマー病だけじゃない!治せる認知症・治らない認知症【名医に聞く健康の秘訣】

         

    取材・文/わたなべあや「認知症」というとアルツハイマー病がよく知られていますが、「認…

  9.  

    認知症予防のカギは「生活習慣」が握っていた【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は、脳卒中の危険因子となること…

  10.  

    家族の認知症発症を早期発見できる3つの手がかりとは【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏2015年の日本人の平均寿命は男性が80.79歳、女性が87.05歳でと…

  11.  

    70代の半数が悩む「老人性難聴」にはどう対策すべきか【名医に聞く健康の秘訣】

         

    取材・文/わたなべあや加齢とともに音が聞こえにくくなる「老人性難聴」の症状は、程度の…

  12.  

    どうも話が聞きづらい…と思ったら「老人性難聴」に注意【名医に聞く健康の秘訣】

         

    取材・文/わたなべあや誰でも年を重ねると少しずつ身体の機能が衰えて、それまで当たり前のように…

  13.  

    認知症への処方箋は「心を優しく包む」こと【名医に聞く健康の秘訣】

         

    談/上田諭先生(東京医療学院大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 教授)認知症…

  14.  

    会話が認知症予防に良いとされる3つの理由

         

    何気ないおしゃべりをしたとき、心が晴れて気分が良くなったと感じたことはありませんか。このおし…

PAGE TOP