新着記事

常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】

湯気の立ち上る熱々のおでんとともに一杯やるのは、寒い季節の格別な楽しみだ。家で本格的なおでん…

オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河 カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

顎関節症はこうして改善!|原因と予防・対策 スマホの使いすぎ、ストレス過多は要注意!|顎関節症の原因と対策

文/藤原邦康前回の記事では、顎関節症をいかに早期発見したら良いかを解説しました。今回から…

トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 初代の登場は1967年。お抱え運転手が運転することを前提…

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』1月号で掲載している「マカオ美味紀行」の記事について、記事のご感想、もしくはマカオ…

マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。

文・写真/南野真琴(海外書き人クラブ/オーストラリア在住ライター)オーストラリア南東部に位置…

マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR]

約500年前の大航海時代が繁栄をもたらしたマカオ。2005年にユネスコの世界文化遺産となり、2017…

【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる?

部下が思ったような結果を出してくれない。それは部下とのコミュニケーションに問題があるのかもし…

知っておきたい医療にかかるお金 大きな手術などの医療費負担が抑えられる「高額療養費制度」|知っておきたい医療にかかるお金

60代、70代ともなると、多かれ少なかれ体調面での心配事が出てくるものです。これから増えるかもし…

サライ1月号|特集は日本酒とかけ蕎麦、付録は光琳ブランケットです

文/編集部今号のサライは創刊29周年特大号の第4弾。毎年恒例「日本酒」の大特集に、「かけ蕎麦…

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

認知症

  1. 最適な歩幅は65センチ!認知症予防に「ソーシャル・ウォーキング」のススメ

    取材・文/沢木文認知症にまつわる研究が進み、生活習慣と認知症との関連性も注目されているなか、身近な認知症予防策として取り入れたいのが「ソーシャル・ウォーキング」だ。これは、東京都健康長寿医療センター研究所の社会参加と地域保健…

  2. 認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞く健康の秘訣】

    取材・文/わたなべあや検診と言えば、胃がんや大腸がん検診、肺がん検診が代表的ですが、…

  3. 認知症予防のマインド食で推奨される「オリーブオイル」の賢い摂り方

    取材・文/わたなべあや認知症予防には、脳トレなどさまざまな方法が試みられていますが、…

  4. 高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つ

    文/鈴木拓也「運転中にヒヤリとすることが多くなった」というサライ世代は少なくないだろ…

  5. アルツハイマー病だけじゃない!治せる認知症・治らない認知症【名医に聞く健康の秘訣】

    取材・文/わたなべあや「認知症」というとアルツハイマー病がよく知られていますが、「認…

  6. 認知症予防のカギは「生活習慣」が握っていた【予防医療の最前線】

  7. 家族の認知症発症を早期発見できる3つの手がかりとは【予防医療の最前線】

  8. 70代の半数が悩む「老人性難聴」にはどう対策すべきか【名医に聞く健康の秘訣】

  9. どうも話が聞きづらい…と思ったら「老人性難聴」に注意【名医に聞く健康の秘訣】

  10. 認知症への処方箋は「心を優しく包む」こと【名医に聞く健康の秘訣】

  11. 会話が認知症予防に良いとされる3つの理由

PAGE TOP