新着記事

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

写真・文/矢崎海里外国産も多く出回っているにんにくですが、5月~7月に旬を迎える野菜です。…

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

野外から日用まで使える、モンベル製の折りたたみ傘をご紹介。遮熱性能が高く、紫外線カット率99…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫今週は、…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

コンピュータが人間にとって代わる、そんな時代がすぐそこまで来ている、という説がある。AIやロ…

数において劣勢の織田信長(演・染谷将太)は、今川方にいる松平元康を取り込むべく、元康の伯父・水野信元と母・於大の説得工作を試みる。

信長危うし! ついに今川義元が攻めて来た 桶狭間前夜、策謀めぐらす〈女軍師・帰蝶〉が凄かった!【麒麟がくる 満喫リポート】

27歳の織田信長に人生の岐路が訪れた。大国駿河の領主・今川義元が本腰を入れて尾張攻略に乗り込…

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

今年も梅雨の時期が近づいてきました。梅雨の間、湿度の高い状態が続くとカビが発生しやすくなり、…

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

文/熊谷透(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館 文化財調査員)NHK大河ドラマ『麒麟がく…

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

新型コロナウイルスの感染拡大によって、例年より自宅で過ごす時間が長くなっています。気象庁の『…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

認知症

  1. 認知症になるのは不幸なことではない!? いたずらに恐れず認知症と向き合うコツ  

    「ボケたくないという病」にならずに認知症と向き合うコツ

         

    文/鈴木拓也■認知症を恐れる“「ボケたくない」という病”国立長寿医療センターによる20~70代の男女を対象とした調査によれば、「高齢者になるのは不安」と回答した人は8割以上。その理由として、「寝たきりや認知症になって介護が必要に…

  2. 人間丸ごとの問題である認知症を検証|『ボケないヒント 認知症予防、わかってきたことこれからわかること』  

    【ボケないヒント】認知症予防、わかってきたことこれからわかること

         

    文/印南敦史医学博士である『ボケないヒント認知症予防、わかってきたことこれか…

  3. 認知症の親との日々のコミュニケーションで疲れ果てないためのコツ|『認知症の親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本』  

    認知症の親へのイラッとする気持ちが消える3つの処方箋

         

    文/鈴木拓也日本国内の認知症の患者数はいまや約500万人。社会の高齢化によって、その…

  4. 認知症の高齢者の増加とともに深刻化しているゴミ屋敷問題! 最悪の事態を招く前にすべき対策とは…  

    認知症の高齢者の増加とともに深刻化している「ゴミ屋敷」問題|対処しないと起こる最悪の事態とは?

         

    独り暮らしの高齢者の家の「ゴミ屋敷化」も深刻な社会問題となっています。「ゴミ屋敷化」にはさまざま…

  5. 「もしかしてウチの親は認知症?」と思ったときにとるべき対策とは?|『親の認知症に気づいたら読む本』  

    「もしかしてウチの親は認知症?」と思ったら、まず最初にすべきこと

         

    文/鈴木拓也平均寿命の伸びとともに、「人生100年」が当然のことと考えられるようにな…

  6. 認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは  

    認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

         

    取材・文/渡辺陽(わたなべ・よう)大手製薬企業や大学病院が研究開発にチャレンジしては…

  7.  

    最適な歩幅は65センチ!認知症予防に「ソーシャル・ウォーキング」のススメ

         

    取材・文/沢木文認知症にまつわる研究が進み、生活習慣と認知症との関連性も注目されているなか、…

  8.  

    認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞く健康の秘訣】

         

    取材・文/わたなべあや検診と言えば、胃がんや大腸がん検診、肺がん検診が代表的ですが、…

  9.  

    認知症予防のマインド食で推奨される「オリーブオイル」の賢い摂り方

         

    取材・文/わたなべあや認知症予防には、脳トレなどさまざまな方法が試みられていますが、…

  10.  

    高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つ

         

    文/鈴木拓也「運転中にヒヤリとすることが多くなった」というサライ世代は少なくないだろ…

  11.  

    アルツハイマー病だけじゃない!治せる認知症・治らない認知症【名医に聞く健康の秘訣】

         

    取材・文/わたなべあや「認知症」というとアルツハイマー病がよく知られていますが、「認…

  12.  

    認知症予防のカギは「生活習慣」が握っていた【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は、脳卒中の危険因子となること…

  13.  

    家族の認知症発症を早期発見できる3つの手がかりとは【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏2015年の日本人の平均寿命は男性が80.79歳、女性が87.05歳でと…

  14.  

    70代の半数が悩む「老人性難聴」にはどう対策すべきか【名医に聞く健康の秘訣】

         

    取材・文/わたなべあや加齢とともに音が聞こえにくくなる「老人性難聴」の症状は、程度の…

  15.  

    どうも話が聞きづらい…と思ったら「老人性難聴」に注意【名医に聞く健康の秘訣】

         

    取材・文/わたなべあや誰でも年を重ねると少しずつ身体の機能が衰えて、それまで当たり前のように…

  16.  

    認知症への処方箋は「心を優しく包む」こと【名医に聞く健康の秘訣】

         

    談/上田諭先生(東京医療学院大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 教授)認知症…

  17.  

    会話が認知症予防に良いとされる3つの理由

         

    何気ないおしゃべりをしたとき、心が晴れて気分が良くなったと感じたことはありませんか。このおし…

PAGE TOP