新着記事

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

大河ドラマを影で支えるのが美術スタッフの存在。美術は、画面に映るすべてを担当しているといっても過…

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

サライで15年にわたり「命といふもの」を連載した、日本画家の堀文子さん(1918~2019)…

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』への期待が高まっている理由のひとつは、名作大河とい…

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

日本には素晴らしい景色に囲まれた場所がたくさんあります。1年の始まりに出かけるという方も多い…

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してス…

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

長いお正月休み。いつもより体重が増えてしまった、ということはありませんか? ダイエットサポー…

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

誰でもネガティブな考えを持つことはある。そして、それをことさら悪くとらえ、さらに悪い方向に進…

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

■マグネシウムとは?最近注目されている美容ミネラル(アンチエイジングミネラル)、マグネシウム…

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

文・写真/陣内真佐子(グアム在住ライター/海外書き人クラブ)広大な太平洋に浮かぶ…

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|『教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」』

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」

文/鈴木拓也いわゆる「藤井七段効果」で、近年まれに見るブームを迎えた将棋。2019年も、木村一基九段…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

寿司

  1.  

    サライ3月号|特集は「地元前の鮨」と「神保町」です

         

    『サライ』3月号を発売しました。今号は、日本各地の特色ある鮨を巡る「鮨は地元前がうまい」の大特集に、世界に誇る本の街、東京・神田「神保町を歩く」の特集をあわせてお届けします。(こちらから試し読みできます)それでは今号…

  2.  

    京都『祇をん豆寅』の豆すし|祇園でいただく乙な味【京の夏の旅】

         

    取材・文/末原美裕「おちょぼ口の舞妓さんでも食べられるように」という思いを込めて作ら…

  3.  

    旬の江戸前穴子を至高の握りで味わう!谷中『すし乃池』の穴子ずし【東京下町の美味探訪4】

         

    文・写真/秋山都年を重ねるにつれ好きになる食べ物がある。たとえば鮨。昔は家で来客があ…

  4.  

    今や銀座を代表する鮨屋の1軒に!銀座『さわ田』をめぐる思い出【山本益博「私のお気に入り」127】

         

    『さわ田』は今や銀座を代表する鮨屋の1軒となりましたが、10年ほど前は中野の大久保通りで店を…

  5.  

    なんと10年ぶりの新ネタ登場!銀座『すきやばし次郎』の「あじす」【ひと皿の歳時記133】

         

    「すきやばし次郎」で、ほぼ10年ぶりに新しいすし種が誕生しました。それが、真鯵を酢〆にした「…

  6.  

    大間のマグロに合う日本酒はこれ!

         

    極上本マグロの大トロ、中トロ、赤身の握り。「大間のマグロって、本当にそんなに旨いのかなあ」という人…

  7.  

    上海『青木』のあじの握り

         

    【ひと皿の歳時記~第94回】上海『青木』のあじの握り日本料理ブームに乗って、中国での日本料理のレベル…

  8.  

    『すきやばし次郎』名人が明かす極意も!江戸前鮨のすべてがわかる「美味サライ 日本一の鮨」好評発売中です!

         

    突然ですが、問題です。「すし」を漢字で書くと、「寿司」「鮨」「鮓」のうち正しいのはどれでしょう?…

  9.  

    フランス・ブレスト「Hinoki」の江戸前鮨

         

    【ひと皿の歳時記~第45回】フランス・ブレスト「Hinoki」の江戸前鮨…

  10.  

    サライ2014年5月号|特集は「当代きってのうまい鮨」です

         

    『サライ』5月号は、"和食"を世界に広めた立役者の新味に触れる「当代きってのうまい鮨」と題し…

  11.  

    黒部「きときと寿し」のほたるいか

         

    【ひと皿の歳時記~第25回】黒部「きときと寿し」のほたるいか3月から出始めた…

  12.  

    南青山「鮨ます田」のさばのにぎり

         

    【ひと皿の歳時記~第17回】南青山「鮨ます田」のさばのにぎり2014年1月3…

  13.  

    銀座「青空 (はるたか)」のまぐろのにぎり

         

    【ひと皿の歳時記~第16回】銀座「青空(はるたか)」のまぐろのにぎり一昔前ま…

PAGE TOP