新着記事

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

ボーカリスト、フレディ・マーキュリーにスポットを当て、大ヒットした映画「ボヘミアン・ラプソデ…

ほたるいかと菜の花のアーリオオーリオ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】プリプリ&旨味凝縮! 春の味覚ほたるいかを使ったレシピ2品

写真・文/矢崎海里小さな身にぎゅっと詰まった旨味と、プリプリな食感のほたるいか。3月~5…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫射手座さ…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

未だ収束の兆しも見えない新型コロナウイルス感染の拡大。ビジネスゲーム研修を中心とした研修内製化教材(…

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

織田信長の登場、斎藤道三息女・帰蝶との結婚と続き、第12話で信長の父・信秀が亡くなる展開となった『麒…

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

「人生百年時代」と言われるなか、「今後いくらお金があれば足りるのか」といった不安を感じている…

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

取材・文/長嶺超輝パートで働きながら2人の子どもを育てていた、とあるシングルマザーの女は…

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

取材・文/長嶺超輝あまり知られていないが、裁判官には、契約や相続などのトラブルを裁く「民事裁判官…

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

寿司

  1.  

    サライ3月号|特集は「地元前の鮨」と「神保町」です

         

    『サライ』3月号を発売しました。今号は、日本各地の特色ある鮨を巡る「鮨は地元前がうまい」の大特集に、世界に誇る本の街、東京・神田「神保町を歩く」の特集をあわせてお届けします。(こちらから試し読みできます)それでは今号…

  2.  

    京都『祇をん豆寅』の豆すし|祇園でいただく乙な味【京の夏の旅】

         

    取材・文/末原美裕「おちょぼ口の舞妓さんでも食べられるように」という思いを込めて作ら…

  3.  

    旬の江戸前穴子を至高の握りで味わう!谷中『すし乃池』の穴子ずし【東京下町の美味探訪4】

         

    文・写真/秋山都年を重ねるにつれ好きになる食べ物がある。たとえば鮨。昔は家で来客があ…

  4.  

    今や銀座を代表する鮨屋の1軒に!銀座『さわ田』をめぐる思い出【山本益博「私のお気に入り」127】

         

    『さわ田』は今や銀座を代表する鮨屋の1軒となりましたが、10年ほど前は中野の大久保通りで店を…

  5.  

    なんと10年ぶりの新ネタ登場!銀座『すきやばし次郎』の「あじす」【ひと皿の歳時記133】

         

    「すきやばし次郎」で、ほぼ10年ぶりに新しいすし種が誕生しました。それが、真鯵を酢〆にした「…

  6.  

    大間のマグロに合う日本酒はこれ!

         

    極上本マグロの大トロ、中トロ、赤身の握り。「大間のマグロって、本当にそんなに旨いのかなあ」という人…

  7.  

    上海『青木』のあじの握り

         

    【ひと皿の歳時記~第94回】上海『青木』のあじの握り日本料理ブームに乗って、中国での日本料理のレベル…

  8.  

    『すきやばし次郎』名人が明かす極意も!江戸前鮨のすべてがわかる「美味サライ 日本一の鮨」好評発売中です!

         

    突然ですが、問題です。「すし」を漢字で書くと、「寿司」「鮨」「鮓」のうち正しいのはどれでしょう?…

  9.  

    フランス・ブレスト「Hinoki」の江戸前鮨

         

    【ひと皿の歳時記~第45回】フランス・ブレスト「Hinoki」の江戸前鮨…

  10.  

    サライ2014年5月号|特集は「当代きってのうまい鮨」です

         

    『サライ』5月号は、"和食"を世界に広めた立役者の新味に触れる「当代きってのうまい鮨」と題し…

  11.  

    黒部「きときと寿し」のほたるいか

         

    【ひと皿の歳時記~第25回】黒部「きときと寿し」のほたるいか3月から出始めた…

  12.  

    南青山「鮨ます田」のさばのにぎり

         

    【ひと皿の歳時記~第17回】南青山「鮨ます田」のさばのにぎり2014年1月3…

  13.  

    銀座「青空 (はるたか)」のまぐろのにぎり

         

    【ひと皿の歳時記~第16回】銀座「青空(はるたか)」のまぐろのにぎり一昔前ま…

PAGE TOP