新着記事

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

今や銀座を代表する鮨屋の1軒に!銀座『さわ田』をめぐる思い出【山本益博「私のお気に入り」127】

さわ田;ふたり

『さわ田』の主人・澤田幸治さんと筆者。

『さわ田』は今や銀座を代表する鮨屋の1軒となりましたが、10年ほど前は中野の大久保通りで店を開いていました。わずか6席と店は小さく、お手洗いも店の外というような状況でした。

私が上梓していた東京の料理店ガイドブック『東京・味のグランプリ』の「愛読者カード」で知り、ある年の1月末に編集者と出かけてゆきました。

酢めしも握りも「江戸前」の本格派で、すし種も(まぐろを除いては)一級品でした。

食後に感想を伝えると、お客さんが来なくて、週の半分は、残った魚を一人で食べてきたというのです。貯金も底をつき、ついに今日初めて築地の場外で、冷凍のまぐろを買ってしまいましたと。

私は家に帰って、すぐに5人の仲間にファックスしました(まだスマホはなかったのです)。マッキー牧元さん、小山薫堂さんらは、早速、店に駆けつけて、お店を元気づけてくださいました。わたしも、週に2回3回せっせ通って、澤田さんを元気づけ、売り上げに協力しました。

その甲斐あってか、あれよあれよといううちに人気店となり、ついに銀座に進出となりました。

中野時代からいまだに氷の冷蔵庫、魚のためには欠かせないと言います。

中野時代からいまだに氷の冷蔵庫、魚のためには欠かせないと言います。

久しぶりに出かけると、「あと数日、お客がゼロだったら、店を閉めるところでした」と澤田さんが述懐していました。

澤田さんが握るすしの写真は撮影禁止で撮れませんでしたが、中野時代より輝いているのは間違いありません。

釜で沸かしたお湯で淹れるおいしいお茶は、にぎりすしに欠かせません。

釜で沸かしたお湯で淹れるおいしいお茶は、にぎりすしに欠かせません。

【さわ田】
住所/ 東京都中央区銀座5-9-19 MCビル3F
TEL/03-3571-4711 ※完全予約制
営業時間/【火~金】12:00~14:00 18:00~20:30
【土・祝】12:00~14:00 17:00~19:30
【日】12:00~14:00
定休日/月曜

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ3月号|特集は「地元前の鮨」と「神保町」です
  2. 京都『祇をん豆寅』の豆すし|祇園でいただく乙な味【京の夏の旅】
  3. 旬の江戸前穴子を至高の握りで味わう!谷中『すし乃池』の穴子ずし【…
  4. 世界一のチョコレートケーキ!京橋『イデミスギノ』(HIDEMI …
  5. まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山…
PAGE TOP