新着記事

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

今のうちに足元を固め、できることを始めよう【アクション編】リタイアまでに不足額をどのようにし…

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

全国の中学生・高校生(中高生)に対し、大人へのイメージや10年後の日本の見通しについてどう考…

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

現状が順調な経営であったとしても、危機は必ずやってくる。そんな時、リーダーとしてはどのように…

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

サンマに代表される秋の魚のおいしい季節がやってくる。いつもガスグリルを使って魚を焼いているサ…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

定年

  1. 働く女性の約4割が「保有資産なし」、日本はおばあちゃん大国時代に突入!女性 たちは定年後をどう生きる?  

    働く女性の約4割が「保有資産なし」|女性たちは定年後をどう生きる?

         

    2018年に総務省が発表した推計によると、女性の高齢者人口が初めて2000万人を超えたという(出典:総務省統計局ホームページ)。日本の女性の長寿傾向は加速しており「おばあちゃん大国」への道を邁進しているようだ。そうした背景などから、老後…

  2. 人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策  

    今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

         

    人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

  3. 人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』  

    「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

         

    文/印南敦史「断捨離」ということばも、いまやすっかりおなじみになった。とはいえ、どこか他…

  4. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』  

    「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』

         

    文/印南敦史『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』(福田徳郎著、亜紀書房)の初版が発…

  5. 定年後を独立独歩で生きるための指針|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』  

    定年後は独立独歩の仕事で生きる|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』

         

    文/鈴木拓也50歳に差し掛かったあたりから、母校の同窓会や地域の活動に呼ばれる機会が…

  6. 84歳の現役社長が教える、定年後の再就職に必要な習慣とは?|『定年前後「これだけ」やればいい』  

    84歳の現役社長が教える、定年後の再就職を成功させる習慣|『定年前後「これだけ」やればいい』

         

    文/鈴木拓也厚生労働省の調査によれば、60歳以上の常用労働者数(31人以上規模企業)は2…

  7. 50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!  

    妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

         

    つい先日も定年引き上げが話題となったが、定年を迎えてからの人生、まだまだ働ける、と思っている…

  8. 全国の働く人を対象に「定年退職」について調査を実施  

    あなたは何歳まで働きますか? |約5割が「適切な定年退職は65歳」

         

    定年退職の年齢引き上げなど、高齢化社会と言われている現在に対応する会社もすくなくない。総…

  9. 定年後「給与が下がっても働きたい」約7割  

    定年前活動「定活」をするかが、定年後の人生を決める|定年後のキャリア対策「十分できている」人はわずか1%

         

    あなたは70歳、80歳になっても働くイメージはあるだろうか? 今、定年を迎えた後も働きたいと…

  10. 元トリンプ社長が指南する、定年後のデジタル機器活用のすすめ  

    Gメールのアカウント取得は定年1年前までに!|元トリンプ社長が指南する「定年デジタル」のすすめ

         

    文/鈴木拓也年代別の幸福感を調べた多くの研究によれば、若い頃とシニアの頃の幸福感が高…

  11.  

    定年後の人生|『定年後を極める―達人12人のノウハウ&読者71人の痛快体験記』

         

    文/印南敦史「定年後の人生」の生の声『定年後を極める―達人12人のノウハウ&…

  12.  

    成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

         

    文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

  13.  

    50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

         

    文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

  14.  

    会社員経験は起業成功への道しるべ!|「定年起業」の始め方

         

    文/印南敦史定年後になにをするかについては、いろいろな選択肢があり、いろいろな考え方…

  15.  

    「定年は男の終わりじゃない」萩本欽一に学ぶ、人生の面白がり方

         

    文/印南敦史『人生はおもしろがった人の勝ち』(萩本欽一著、大和書房)の冒頭で、著者の…

  16.  

    めざせ「地域デビュー」! じつはいくらでもある定年後の居場所

         

    文/鈴木拓也定年退職した夫が、家で暇を持て余し、妻が外出しようとすると「俺も行く」と…

  17.  

    人生の楽園はまだ先!40~50代の6割は定年後も働きたい

         

    少子高齢化の現代。シニア層にとって、定年後の経済的な不安、 介護を受ける側になった時の家族の…

  18.  

    「定年後に起業」は絶対NG!持続可能な老後収入のために今できること

         

    文/鈴木拓也毎年過去最高を更新する日本人の平均寿命。いずれ平均寿命は90歳、100歳…

  19.  

    なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか?

         

    文/鈴木拓也「長寿につながるライフスタイルはなんであろうか?」――この長年の疑問を解…

  20.  

    元国税調査官が教える「やってはいけない老後対策」とは

         

    文/鈴木拓也主に長寿化と少子化が要因となって、年金制度に暗雲が立ちこめている。数年以…

  21.  

    『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

         

    文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

  22.  

    『団塊絶壁』団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本【印南敦史の定年本イッキ読み19】

         

    文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

  23.  

    高齢男性が「妻のいない第二の人生」を生き抜く3つの心得

         

    取材・文/坂口鈴香長年連れ添った妻を亡くし、途方にくれる夫。そん…

  24.  

    定年後の男性が「第2の人生」を謳歌できる働き方のコツ4つ

         

    取材・文/坂口鈴香人生100年時代――織田信長が「人間五十年」と謡ったように、第二次…

  25.  

    定年後の「第三の人生」を充実させるヒント本『定年からが面白い』【定年本イッキ読み18】

         

    文/印南敦史今回ご紹介する定年本『定年からが面白い』(小林淳宏著、PHP文庫)は、初…

  26.  

    定年後の「夫婦」の理想的なあり方を探る本『妻と夫の定年塾』【定年本イッキ読み17】

         

    文/印南敦史『妻と夫の定年塾』(中日新聞社)の著者・西田小夜子さんは、長きにわたって…

  27.  

    定年後に厨房に入る男子のための手引書『かんたん、手抜き、うまい「おとこ飯」』【定年本イッキ読み16】

         

    文/印南敦史家の料理を誰が作るのかと問われれば、多くの方は「妻」と答えるかもしれない…

  28.  

    さだまさしさんが考える『やばい老人』3つの条件とは【定年本イッキ読み15】

         

    文/印南敦史そもそも若々しい印象があるさだまさしさんが『やばい老人になろう』という本を出した…

  29.  

    海外で第2の人生を謳歌する人々の記録『定年後の楽園の見つけ方』【定年本イッキ読み14】

         

    文/印南敦史定年後には海外へ移住して、ゆったりと暮らしたい――漠然とそんな思いを抱き…

  30.  

    先達の事例に学ぶ、夢のある「終の棲家」の作り方【定年本イッキ読み13】

         

    文/印南敦史歳を重ねていくにつれ、とりわけ定年というタイミングが近づいてくると、少なからず「…

PAGE TOP