新着記事

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

鹿や猪による農作物被害が止まらない。猿や熊、烏などの食害分も合わせると、全国で年間160億円…

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

文/池上信次第28回ジャズ・スタンダード必聴名曲(17)「マイ・フェイヴァリット・シングス」…

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】介護施設の種類と費用は親も自分たちも元気…

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

テレビ放送には、従来からあった地上波放送とBSとCSの衛星放送があります。衛星放送の中でもBS放…

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

取材・文/池田充枝19世紀ロマン主義音楽を代表する作曲家、ピアニストとして広く知られ…

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

文/印南敦史『138億年の人生論』(松井孝典著、飛鳥新社)の著者は、「惑星科学」…

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

夏の暑さも過ぎ去り、秋本番となってきました。各地で木々が色づき始め、紅葉の見頃が訪れようとし…

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

写真・文/矢崎海里ねっとりとした食感が特徴の里芋は、今が旬の食材です。里芋は芋類の中…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

定年

  1. 生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』  

    唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

         

    文/印南敦史『口がきれいだと、健康で長生きできる』(古舘 健 著、KADOKAWA)の著者のバックグラウンドになっているのは、17歳のときの実体験だ。その年に同い年の親友をがんで亡くし、絶対的だと信じていた医療の限界を知ったというの…

  2. 定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』  

    定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

         

    文/印南敦史「定年後にはあれをしよう、これをしよう」と、いろいろ思いをはせるのは楽しい。しか…

  3. 働く女性の約4割が「保有資産なし」、日本はおばあちゃん大国時代に突入!女性 たちは定年後をどう生きる?  

    働く女性の約4割が「保有資産なし」|女性たちは定年後をどう生きる?

         

    2018年に総務省が発表した推計によると、女性の高齢者人口が初めて2000万人を超えたという(出…

  4. 人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策  

    今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

         

    人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

  5. 人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』  

    「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

         

    文/印南敦史「断捨離」ということばも、いまやすっかりおなじみになった。とはいえ、どこか他…

  6. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』  

    「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』

         

    文/印南敦史『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』(福田徳郎著、亜紀書房)の初版が発…

  7. 定年後を独立独歩で生きるための指針|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』  

    定年後は独立独歩の仕事で生きる|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』

         

    文/鈴木拓也50歳に差し掛かったあたりから、母校の同窓会や地域の活動に呼ばれる機会が…

  8. 84歳の現役社長が教える、定年後の再就職に必要な習慣とは?|『定年前後「これだけ」やればいい』  

    84歳の現役社長が教える、定年後の再就職を成功させる習慣|『定年前後「これだけ」やればいい』

         

    文/鈴木拓也厚生労働省の調査によれば、60歳以上の常用労働者数(31人以上規模企業)は2…

  9. 50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!  

    妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

         

    つい先日も定年引き上げが話題となったが、定年を迎えてからの人生、まだまだ働ける、と思っている…

  10. 全国の働く人を対象に「定年退職」について調査を実施  

    あなたは何歳まで働きますか? |約5割が「適切な定年退職は65歳」

         

    定年退職の年齢引き上げなど、高齢化社会と言われている現在に対応する会社もすくなくない。総…

  11. 定年後「給与が下がっても働きたい」約7割  

    定年前活動「定活」をするかが、定年後の人生を決める|定年後のキャリア対策「十分できている」人はわずか1%

         

    あなたは70歳、80歳になっても働くイメージはあるだろうか? 今、定年を迎えた後も働きたいと…

  12. 元トリンプ社長が指南する、定年後のデジタル機器活用のすすめ  

    Gメールのアカウント取得は定年1年前までに!|元トリンプ社長が指南する「定年デジタル」のすすめ

         

    文/鈴木拓也年代別の幸福感を調べた多くの研究によれば、若い頃とシニアの頃の幸福感が高…

  13.  

    定年後の人生|『定年後を極める―達人12人のノウハウ&読者71人の痛快体験記』

         

    文/印南敦史「定年後の人生」の生の声『定年後を極める―達人12人のノウハウ&…

  14.  

    成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

         

    文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

  15.  

    50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

         

    文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

  16.  

    会社員経験は起業成功への道しるべ!|「定年起業」の始め方

         

    文/印南敦史定年後になにをするかについては、いろいろな選択肢があり、いろいろな考え方…

  17.  

    「定年は男の終わりじゃない」萩本欽一に学ぶ、人生の面白がり方

         

    文/印南敦史『人生はおもしろがった人の勝ち』(萩本欽一著、大和書房)の冒頭で、著者の…

  18.  

    めざせ「地域デビュー」! じつはいくらでもある定年後の居場所

         

    文/鈴木拓也定年退職した夫が、家で暇を持て余し、妻が外出しようとすると「俺も行く」と…

  19.  

    人生の楽園はまだ先!40~50代の6割は定年後も働きたい

         

    少子高齢化の現代。シニア層にとって、定年後の経済的な不安、 介護を受ける側になった時の家族の…

  20.  

    「定年後に起業」は絶対NG!持続可能な老後収入のために今できること

         

    文/鈴木拓也毎年過去最高を更新する日本人の平均寿命。いずれ平均寿命は90歳、100歳…

  21.  

    なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか?

         

    文/鈴木拓也「長寿につながるライフスタイルはなんであろうか?」――この長年の疑問を解…

  22.  

    元国税調査官が教える「やってはいけない老後対策」とは

         

    文/鈴木拓也主に長寿化と少子化が要因となって、年金制度に暗雲が立ちこめている。数年以…

  23.  

    『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

         

    文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

  24.  

    『団塊絶壁』団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本【印南敦史の定年本イッキ読み19】

         

    文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

  25.  

    高齢男性が「妻のいない第二の人生」を生き抜く3つの心得

         

    取材・文/坂口鈴香長年連れ添った妻を亡くし、途方にくれる夫。そん…

  26.  

    定年後の男性が「第2の人生」を謳歌できる働き方のコツ4つ

         

    取材・文/坂口鈴香人生100年時代――織田信長が「人間五十年」と謡ったように、第二次…

  27.  

    定年後の「第三の人生」を充実させるヒント本『定年からが面白い』【定年本イッキ読み18】

         

    文/印南敦史今回ご紹介する定年本『定年からが面白い』(小林淳宏著、PHP文庫)は、初…

  28.  

    定年後の「夫婦」の理想的なあり方を探る本『妻と夫の定年塾』【定年本イッキ読み17】

         

    文/印南敦史『妻と夫の定年塾』(中日新聞社)の著者・西田小夜子さんは、長きにわたって…

  29.  

    定年後に厨房に入る男子のための手引書『かんたん、手抜き、うまい「おとこ飯」』【定年本イッキ読み16】

         

    文/印南敦史家の料理を誰が作るのかと問われれば、多くの方は「妻」と答えるかもしれない…

  30.  

    さだまさしさんが考える『やばい老人』3つの条件とは【定年本イッキ読み15】

         

    文/印南敦史そもそも若々しい印象があるさだまさしさんが『やばい老人になろう』という本を出した…

PAGE TOP