新着記事

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

「管理職」とはいったい何を「管理」するのか考えたことがあるだろうか? 「管理職」について、リ…

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

急須といえば常滑焼(愛知県常滑市)といわれるくらい、朱色の茶器はお馴染みの日用品だ。ところが…

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

構成・文/山津京子 佐世保市内に点在する、迫力満点の遺構27群2019年7月発行の『サライ8…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

学生時代の友人や恩師と会える同窓会。当時の楽しかった出来事や、淡い恋愛の思い出などがプレイバ…

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英…

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

取材・文/池田充枝日本が弥生時代といわれた、遥か1800年も昔の中国に起こった「三国志」は、…

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

綿布の感触が、素足になんとも心地よい雪駄をご案内。使われる綿布はジーンズ生地などで定評のある…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  編集部からのお知らせについての記事一覧

  1.  

    サライ2016年4月号|特集は「春の京都」「初めての函館」別冊付録は『旅サライ』と通販カタログ『大人の逸品』です

         

    訪れるたびに違った表情を見せる京都。なかでも春の美しさは格別です。毎年、好評をいただいている『サライ』の京都特集、今号の大特集は「春の京都は値千金」と題して、4部構成で花の都を満喫する旅に案内します。第1部は、和歌や謡曲など…

  2.  

    サライ2016年3月号|特集は「漫画」と「コーヒー」 別冊付録は手塚治虫の名作『新寳島』(前半)と『ジャングル大帝』(最終話)です。

         

    戦後70年の日本の歩みは、日本人が漫画に夢中になった70年でもありました。『鉄腕アトム』『お…

  3.  

    「第14回 サライ大賞」の大賞と部門賞が決定しました!

         

    過去1年間の『サライ』の記事や広告の中から、サライ世代に優しい商品やサービスなどを選定し、表彰する「…

  4.  

    サライ2016年2月号|特集は「日本酒」「夏目漱石」「スマホ活用術」別冊付録は「大人の逸品カタログ」です

         

    【大特集】新たな年に、新しい美酒を今年飲むべき「日本酒」30本…

  5.  

    サライ2016年1月号|特集は「冬蕎麦」「体にいい油」「犬猫との暮らし方」とじ込み付録「美術展スケジュール」です。

         

     じつは冬は蕎麦が旨くなる季節であることをご存じですか? 秋に収穫が始まる新蕎麦の実は、…

  6.  

    サライ2015年12月号|特集は「築地」「野鳥観察」「年賀状」特別付録は「伊藤若冲の名品暦」です

         

    【第1特集】豊洲移転まであと1年「築地」最後の年の瀬を歩く世界最大級の卸売市場で…

  7.  

    金継ぎ|割れてしまった大切な器を漆で修復する伝統技法【暮らしの知恵】

         

    金継ぎの技法で修復した器。手前は大分県の小鹿田焼きの小皿、奥は明治から大正期にかけて量産された印判皿…

  8.  

    サライ2015年11月号|特集は「奈良」と「クラシック音楽入門」特別付録は『運命』名演集CDです

         

    「大和は国のまほろば」――。『古事記』に記された言葉が今も息づく地、奈良。1300年の古都は、訪れる…

  9.  

    年に一度だけ醸造される特別な醤油『亀甲萬 しぼりたて生醤油 御用蔵生』の豊かな風味とコクを味わってみませんか?

         

    昭和14年(1939)に宮内省(現・宮内庁)に納める醤油の専用醸造所として、江戸川沿い(千葉県野田市…

  10.  

    ふっくら大粒で香りも豊か。理想のご飯に炊きあげる秘密は岩手の鋳物工場が作る「特別な内釜」にありました

         

    画期的な機能と構造で優れた炊飯ジャーを世に送り出してきた象印マホービン。とりわけ高い評価を得ている製…

  11.  

    サライ2015年10月号|特集は「京都」と「旨い米」別冊付録は「京都の美味処」と大判「京都詳細地図」です

         

    &n…

  12.  

    『北斎漫画』の魅力を浦上蒼穹堂・浦上満氏が語る

         

    8月12日(水)~17日(月)の6日間、東京・日本橋の日本橋三越本店で「北斎漫画の世界へようこそ」と…

  13.  

    三四四会の若旦那衆による「ゆかた自慢」大会が日本橋三越で行なわれました

         

    連日暑い日が続きます。 東京・日本橋では、毎年夏に「ECO EDO 日本橋」と題し、“江戸の涼”を体…

  14.  

    サライ2015年8月号|特集は「日本の花火」「ごちそう列車の旅」「心と体に効く滝」です

         

    &n…

  15.  

    サライ2015年7月号|特集は「鎌倉」「クラフトビール」「紳士の持つべき傘」です

         

    &n…

  16.  

    どこでも手軽に楽しめる『サライ』電子書籍版が好評です

         

    『サライ』は、スマートフォンやタブレットなどで楽しめる電子書籍版を用意しています。電子書籍版は、最新…

  17.  

    サライ2015年6月号|特集は「産業遺産を歩く」「玉子かけご飯」「本当に旨い日本茶」です

         

    今から約150年前、われわれの先達たちは、西洋列強に肩を並べんと、熱情をもってそれぞれの任務に励みま…

  18.  

    サライ2015年5月号|特集は「いま、行くべき名城」「コンテナでつくる夏野菜」別冊付録は「風薫る奈良 仏像図鑑」です

         

    約5年におよんだ平成の大修復を追え、築城当時の美しさを取り戻した姫路城。そして各地に残る歴史の舞…

  19.  

    花の都の中でも屈指の観桜処「平野神社」~『サライ』4月号別冊付録「春の京都 桜の古社寺案内」から

         

    京都の春は、花見好きには堪えられない季節。洛中洛外至る所に多彩な樹種がほころび、約1か月半にわたって…

  20.  

    樹齢1500年といわれる淡墨桜と樽見鉄道~『サライ』4月号特集「ローカル線で花見旅」から

         

    『サライ』4月号の巻頭特集では、ローカル線に乗っての花見旅を提案しています。車窓から、里山や…

  21.  

    400年の時を経て日の目を見ることになった浅井長政の供養塔~『サライ』4月号特集「空海と高野山」から

         

    弘法大師空海の御廟のある奥之院へ向かう約2㎞の参道には、30万基ともいわれる供養塔が肩を寄せ合っ…

  22.  

    職人の手技が活きる逸品の「旅メガネ」。110年の歴史が生んだ高い技術。メガネフレームの“聖地”を訪ねる

         

    よい素材、優秀なデザイナー、熟練の職人を抱えるフレーム工場と、福井県鯖江市にはメガネ作りに携わるエキ…

  23.  

    サライ2015年4月号|特集は「空海と高野山」と「ローカル線で花見旅」別冊付録は「春の京都 桜の古社寺案内」です

         

    日増しに寒さが緩み、桜の開花が待ち遠しくなるこの季節。今年の春は、日本各地の名桜を求めて旅に出て…

  24.  

    都市の男たちに向けたスニーカーショップの新提案 〜ISETAN MEN’Sの新しい取り組み

         

    3月に入り、春本番も間近です。伊勢丹新宿店メンズ館では、都市で暮らす男性のためにスニーカーを「ス…

  25.  

    喉ごしの香川、つけ汁の埼玉、出汁の大阪、味噌の愛知~『サライ』3月号特集「うどん東西」から

         

    平成21年に農林水産省が行なった都道府県別の「うどん用小麦粉消費量」調査では、1位・香川県、2位・埼…

  26.  

    サライ2015年3月号|特集は「謎解き古代史」と「うどん東西」です。

         

    「倭国」と呼ばれた3世紀から7世紀の日本は、私たちが想像する以上に、能動的で、開明的だった――。…

  27.  

    泉鏡花と室生犀星の金沢を歩く~『サライ』2月号から

         

    北陸新幹線開業を3月14日に控え、終着駅のある金沢が注目されている。日本三大名園…

  28.  

    サライ2015年2月号|特集は「日本酒いま呑むべき30本」です。

         

    日本酒の酒造技術は、いま頂点を迎えたといわれています。蔵元が杜氏を兼ね、自分の主張を酒に込めやす…

  29.  

    神社の「狛犬」向かって右側にいるのは実は…

         

    サライ1月号大特集の本編は「写真とイラストで一目瞭然 神の社の歩き方」。鳥居、手水舎、注連縄、社…

  30.  

    今、改めて見つめ直したい祈りの原点「写真とイラストで一目瞭然 神の社の歩き方」~『サライ』1月号から

         

    有史以前、神と自然は同義だった。そこからの恵みによって、人は生かされたが、ひとたび荒らぶれば、そ…

PAGE TOP